日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

温泉ロマンで心もほかほか

下呂温泉・ポスター

交通アクセスに改善の傾向
今後は東京方面への期待

岐阜県のほぼ中心に位置する下呂温泉は、名古屋からならばJR高山本線で約2時間です。そして大阪からは1日1本のわずか3時間半で下呂駅終着の直通電車が出ています。しかし東京から移動する場合、一度新幹線で名古屋まで出てから乗り換えるという経済的にも距離的にもロスの多い手段しかなかったため、下呂温泉の客層は関西方面からの旅行者が大半を占めていました。林羅山が江戸時代に残した、「下呂は、有馬・草津に比べるとまだ知られていない」という言葉は現代でもまだ改善されたとは言えない状況なのです。
しかし2005年、京王バス・濃飛バスが下呂温泉と新宿をダイレクトにつなぐ高速バスの運行を始めたことにより、東京方面の旅行客が下呂温泉に集まることを期待されています。イベントも夏の龍神祭に加え、冬もクリスマスシーズンには花火を打ち上げるなど、町を盛り上げる企画の真っ最中です。
まだまだ東京近郊の演出の効いた温泉に比べれば飾り気の少ない下呂温泉ですが、都会に慣れた私たちにとっては新鮮な驚きのオンパレードです。林羅山が伝えた感動を、白鷺がもたらした喜びを、噴泉地を大切にする人の想いを・・・。温泉にはたくさんの歴史とロマンが隠れているのです。
京都を散歩するならさんぽす