日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

おせち料理は作る派? 買う派?

「おせち」の語源は「おせちく」

おせち料理の源流は平安時代までさかのぼります。平安貴族たちは暦の上で節目となる日、節日(せちにち)に節会(せちえ)という宴席を設けました。5月5日の端午の節句は、元々は端午節会と呼ばれ、今に伝わる節日の1つです。節会で出されたご馳走のことが「御節供」(おせちく)、これが転じておせちとなり、最初の節日である元旦に出される料理のことを指すようになったと考えられます。rnおせち料理は重箱に詰められます。一の重が口取り(きんとん、かまぼこなど)、二の重が焼き物(ぶりの照り焼きなど)、三の重が煮物、四の重が酢の物、そして数の子、田作り、黒豆が祝い肴と呼ばれ、一の重に詰められるか別の皿に盛られます。現在は簡略化され、一の重または二の重で終わる場合が多いようです。おせちに使われる食材が、縁起かつぎというのはよく知られるところ。昆布=よころぶ、豆=まめまめしく働く、海老や干し柿はその形から長寿、数の子や田作りは子孫繁栄。面白いところではナマコは形が俵に似ていることから、豊作の意味。橙は名前通りにだいだい=代々で子孫繁栄。こうした意味を噛み締めて味わうと、おせちの味がまた一段と上がるというものです。rnrn関連リンク:rn・室礼rn・しゅふしゅふーず おせち料理
おせち料理・お正月
鎌倉を散歩するならさんぽす

魅惑の泉、チョコレートファウンテン♪
グッドなデザイン、集めてみました
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
大人のホビー「高級ラジコン」
袖に輝くカフリンクスに注目!
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
ITがスポーツを科学する!
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
2006年・花火大会鑑賞プラン
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
高級万年筆を使いこなせ
木のお風呂道具で、湯〜たり度アップ!
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
「和傘」その美しさに魅せられる世界
クリーニングの最新事情を見極めろ!
E・recipe・2人のおせちレシピ

おせち作りに挑戦しよう!

おせち料理は品数が多く、乾物など戻す時間が必要なものもあって、大晦日1日でできるものではありません。しゅふしゅふーずでは、おせち料理の基本的な調理法とともに元旦までの調理スケジュールを掲載。順番に作っていけば、少ない労力で三の重まで完成します。
おせちは食べたいけれど、夫婦や恋人の2人暮らしにお重は重すぎる。そういう方にE・recipeが2人用のおせちを提案しています。『2人のおせちレシピ』は華やかなおせち料理が全部2人分、包丁に慣れない若い人も大丈夫のお手軽レシピです。
もっと簡単にすぐに作って食べたい人は、スピードクッキングのアイデアおせちはどうでしょう? 制作スタッフはTVチャンピオンの3分間料理選手権で、おせち料理を30分で10品作るという離れ業を演じた持ち主。誰だって超スピードで、おいしいおせちが作れます。
料亭のおせちには、洒落た包丁のかまぼこが入っていますが、どうやって作るのか不思議でした。舞鶴かまぼこ嶋七さんのかまぼこの飾り切り、鮮やかなものです。松も梅もまるで芸術品。サイトに掲載されている作り方を読むと、意外に簡単にできそうな気がするのですが、さてどうなのでしょう?
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
第133回天皇賞特集
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
カップルで行く大阪ベイエリア
シンガポールでゴージャスデート
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
ブッシュマンダイエットで楽チン減量♪
ミニベロの誘惑!
北京ダック-全聚徳-
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
政治家になろう〜市議会議員編〜
変り種ツアーで大冒険
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
日本の夏参加宣言!祭りを体で感じよう

いろいろなおせち料理を愉しむ

昔ながらのおせちにはもう飽きたとばかりに、最近のおせちは形にとらわれず、1年の始まりを祝うおいしい食事という色合いが強くなってきました。おいしい食事といえば、やっぱりフレンチ。ホテルを中心にさまざまなレストランがフレンチおせちを販売しています。ノワ・ド・ココの場合、重箱に入ったおせち料理に加えて、クール便を使い、コース料理を真空パックで提供しています。
イタリアンも負けていません。VERSO L'ALTOのイタリアンおせちはドンと伊勢海老のグラタンに生ハム、ホロホロ鳥、重箱3段はパスタ付です。元旦からパスタというのもオツなものです。
韓流ブームはおせちにも進出中。妻家房の韓国おせちは宮廷料理「九節板」が中心の華やかなもの。壷漬けキムチがうれしいですね。
VERSO L'ALTO(ヴェルソラルト)・おせち料理・イタリアン