日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!

時間は自分でコントロール

 20代でフェラーリ、30代で豪邸、40代でホテルオーナーという夢をなんと36歳までに全て実現。現在はホテル、エステ、飲食店など多岐にわたってビジネスを展開する、株式会社アルカサバ代表取締役社長・貞方邦介氏。カネなし、コネなしで、福岡から上京し、現在の年商はなんと18億円。若くして大成功を収めた社長の生きかたに憧れる人は多いはず。特に若者からの絶大なる指示を受け、今では憧れの社長としてカリスマ的な存在である。その証拠に、貞方社長が出演した12月11日放送のテレビ東京「ソロモン流」では、なんと同番組過去最高視聴率を記録したのだという。

 さぞかし忙しい毎日を送られているのかと思いきや、「僕は時間の使い方がうまいから」とニヤリ。通常、朝は10時に起床し、まずゆっくりお風呂に浸かる。12時に運転手が出迎えるメルセデスベンツのリムジンで移動し、行きつけのレストランで打合せや相談にのってあげたりと、必ず誰かしらと昼食を楽しんでいるようだ。オフィスに顔を出すのは、2時半頃なんだとか。夜は、パーティを2つ以上掛け持ちすることも珍しくなく、自宅に戻るのは3時以降とのこと。時間に流されるのではなく、うまく使いこなす。
上野を散歩するならさんぽす

クルマ・QUATTRO(クアトロ)
気軽な三ツ星シェフの二号店オープン!
目指せエレキの若大将?!
男性美容講座・男の脱毛
落ちにくいメイク〜Eye Make
夏はやっぱり、アロハシャツ!
第133回天皇賞特集
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
まだ間に合う!!「ETC導入ガイド」
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
自宅を映画館に!ホームシアターの世界
男、箸にこだわる!
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
キミは、ふんどしを締められるか!

知りたい情報は人から得る

 実はパソコンを持っていないという貞方社長。「知りたい情報はすべて人から得られるので、インターネットの必要性を感じない」と首を傾げる。「みんなはネットでなにをしているの?」と、逆に質問を投げかけられてしまった。たしかに、ネット利用の最大目的は、何かを調べたり、電話代などのコスト削減であるから、無関心でも当たり前なのかもしれない。ブログに限っては、気になる出来事があったときに、秘書に連絡をし「社長のひとり言」として直接更新の指示をされている。

 人とのコミュニケーションを楽しみながら、昼も夜も必ず誰かと食べる。よく行くエリアは、広尾、白金、麻布、西麻布、麻布十番。食事をするところは大体決まっていて、やはり個室が多いとのこと。インタビューをさせていただいた日の昼食は、後輩社長の相談を受けながら、ウエスティンの龍天門で。お友だちの社長や、芸能関係者から聞いた飲食店にまず足を運んでみる。その中で、気に入ったお店が独自の飲食店リストに加えられていくのだそう。
これはアートだ!デザインバーコード™
食事も兼ねた、美術館巡りはいかが?
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ
今話題のマヌカハニーって何?
粋にいなせに!男の着物
豪華おせちで新年を演出しよう
六本木ヒルズグルメランキング・和食
カプセル内視鏡 一錠10万円?医療を変える小さな技術
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
オーガニックで行こう!
意外と知らない「出産祝い」のツボ
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
一度はしてみたい“わんにゃんデート”
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
アイウェアで顔の印象をガラリと変える
サバイバル・シミュレーションのススメ

成功するキーワード

 「自分が今もっているお金でできることをする」大学時代に学生パーティを主催し、手元の200万円を資金に、たこ焼き屋から店舗をスタートさせた。簡単な飲食店でも内装に1000万円はかかる。テイクアウトのたこ焼き屋であれば、すぐにスタートが切れると判断したのだ。サラリーマン家庭に育ちながら、小さいころからの夢を決してあきらめなかったという貞方社長。「マイナスなことをいう人、どうでもいいことを気にする人は成功しない」なんでもプラスに考え、前向きであることが成功の秘訣と強調する。「忙しいとか、疲れたとかっていう人は、その時点で自分の許容範囲いっぱいですということだよね。それ以上もう伸びない」

 尊敬する人は、事業家のアリストテレス・オナシス。日本人であれば、小佐野賢治。しかし、彼らのように「会社をどんどん大きくしていきたいとは思っていない」という。「事業が大規模になれば、それなりの代償を払わなければいけなくなる。僕は、人生をエンジョイしたいし、ハッピーでいたい」
株式会社アルカサバ・ALCAZABA