日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

エキゾチックな世界「ドバイ」をENJOY!

国際都市ドバイの玄関

日本では、まだマイナーなアラブの世界。危険な地域では?と思っている方も多いかもしれません。東洋と西洋がミックスされたアラブ首長国連邦(U.A.E)の一つドバイは、世界有数の大都市で、治安も良く、ヨーロッパから多くの観光客が訪れており、彼らは、のんびり高級リゾートで過ごし、大規模なショッピングセンターでブランドショッピングを楽しんでいます。

日本からドバイへは、関西国際空港からエミレーツ航空と日本航空との共同運航による直行便があります。関西国際空港から、行きは11時間、帰りは8時間半の飛行時間。エミレーツ航空は、機内サービスの評判が高く、エアラインオブザイヤーにも輝く人気の航空会社です。暑い国のエアラインだからでしょうか。機内の冷房が、かなり効いていますので、何か1枚上にはおるものを用意しておくとよいかもしれません。

ドバイ国際空港は、140都市から乗り入れのあるハブ空港だけあり、とても大きく、広い吹き抜けが印象的です。多くの免税店、ホテル、スパ、様々な料理を味わうことのできるレストランやバー、ラウンジなどが整備されています。空港内だけでも十分楽しめてしまうほどです。

勝ちスポ内関連記事:行きたい!ドバイへの旅

■ドバイおすすめツアー
ドバイ旅行ツアー専門の『エスティワールド』で行くドバイ
ドバイ・アラブ・モスク
京都を散歩するならさんぽす

セキュリティで愛車を魔の手から守る!
スカンジナビアの優れたデザイン達
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
セーヌ川にビーチが?パリ・プラージュ
マンネリ解消!クルージングデート
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
口呼吸は危険がいっぱい!
今話題のマヌカハニーって何?
生ゴミリサイクルで環境に気を遣おう!
辛くて旨いっ!「とうがらし」
男の帽子スタイル
アナタの「口内環境」を見直そう!!
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
一杯1500円のうどんを食べてみた
バージュ・アル・アラブ・ドバイ・ホテル

七つ星スターのホテル「Burj Al・Arab」

 さて、旅の肝心要は、やはり宿。どこに泊まればよいものか、未知の世界、中東であるがゆえ、不安や迷い…なきにしもあらず?ドバイを代表するホテルといえば、世界一の超デラックスホテル・七つ星ホテルの異名をもつ「バージュ・アル・アラブ」。アラビア湾上の人工島にあるホテルの高さは321メートル。ホテル建築としては世界一の高さを誇っています。ホテルの高さもさることながら、宿泊料金も高い!とはいえ、ホスピタリティも最高で、部屋は2層構造の広いスイート、部屋内にはバーのカウンター、バスルームにはジャグジーが設置されており、アメニティはエルメスで統一されているというから、ゴージャス気分を味わい、優雅に過ごすには最高のホテルといえそうです。

 ドバイならでは、砂漠の地を活かしたユニークなホテルもあります。それは「アル・マーハ・デザート・リゾート&スパ」です。砂漠の中の自然保護区に位置するホテルの部屋は、全スイートタイプの独立棟のヴィラとなっており、各部屋には小さいながらプライベートプールもあり、砂漠の朝日&夕日を眺めながら、泳ぐこともできます。また、オリックスやガゼルといった野生の動物を見たり、ラクダに乗ったり、砂漠をドライブしたり、鷹狩りを見たりといった各種のアクティビティが盛りだくさん…何日滞在しても飽きることがありません。
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
海外流ビールの楽しみ方
豆乳・おからクッキーで満腹ダイエット
健康のために求められる「自然食」
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
“真の”ナポリピッツァを食べる
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
異国の“味”がつまった民族楽器
キミは、ふんどしを締められるか!
あそこに広告出すにはいくら?
よみがえる古代ロマン 恐竜
タイムスリップ感覚で下町デート
夏直前、一足先に都内ホテルのプールで大接近
ecoバッグを持とう!
古くて新しい「古書」売買が今熱い!

ドバイならではの楽しみ方

 ドバイを訪れたなら、砂漠サファリをお忘れなく!四輪駆動車に乗って、ジェットコースター並のアップダウンの砂漠を駆け巡ります。その後、砂漠の夕日を背に、ラクダに乗ったり、サンドスキーを楽しみ、日が落ちたら砂漠のキャンプでアラビアンナイトの世界を満喫。バーベーキューやアラブ料理でお腹が満たされた頃、ベリーダンスが披露されます。また、ヘナタトゥーを体験することもできます。サファリツアーによっては、アラブの民族衣装を着用させてもらえることもあるので、この機会を見逃さず、記念に写真を撮っておきましょう。

 アラビア湾から流れ込むクリーク(運河)は、ドバイの街を東西に挟んで縦断しています。東側がデイラ地区、西側がバール・ドバイ。クリークを結ぶのが、市民の重要な足、水上バス「アブラ」です。クリーク沿いの景色を眺めるには最適。ローカルの利用者が多いものの、勇気を出して乗ってみましょう。

 アラブは、冬限定の「ラクダレース」も見ものです。他にもゴルフ、ヨットやダイビングといったマリンスポーツ、「ワイルド・ワディ」というウォーターパークや「ドバイ動物園」もあるので、ファミリーでも十分楽しめます。

 ドバイの街の観光には、乗り降り自由の「ダブルデッカー観光バス」(THEBIG BUS COMPANY)が便利です。ルートは2つあり、これに乗れば、各ホテルやショッピングセンター、ドバイ博物館やジュメイラモスクといった主要な観光スポットをくまなく周ってくれます。

■参考リンク
ドバイ・シティ・ガイド
イスラム教の特徴
サファリ・砂漠・ドバイ