日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

アートとしての「磁性流体」

『均衡点』 磁性流体 インタラクティブ・アート

「磁性流体」生活の中からアートへ

 現在、「磁性流体」はスピーカーへの応用、またコンピュータのHDD(ハードディスクドライブ)内に用いられている導電性防塵シールや半導体製造装置用真空シールなどのシール剤として必要不可欠な製品として活躍しています。

 また、最近の研究で磁石に吸い寄せられる液体(磁性イオン液体)が発見されました。今のところ、この液体自体に鉄を引き寄せる力はないのですが、研究が進めば、近い将来『液体磁石』ができるようになるでしょう。

 私たちが生活の中で何気なく利用している製品の中にあって、いつの間にか欠かせない存在となってしまった「磁性流体」。普段は表舞台には出ることの無いこの液体ですが、アートの素材として、作品となって私たちの目を楽しませてくれます。是非、一度その目でご覧下さい。

【磁性流体アートの今後の展示予定】
文化庁メディア芸術祭 デバイスアート展
平成18年2月24日(金)〜3月5日(日) 東京都写真美術館

「Erectrical Fantasista」展
平成18年2月24日(金)〜3月14日(火) BankART横浜
上野を散歩するならさんぽす