日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

男の帽子スタイル

究極の一品、探してみませんか

 「帽子」と言えば、あなたはどんなものを思い浮かべるだろうか?自分には縁遠いものだと思う人も、カジュアルなニット帽やキャップにしかなじみがないという人も、今冬は少し気合を入れて高級品を取り入れてみることをおすすめしたい。着こなしをより洗練させてくれたりスパイスを加えてくれる帽子は、うまく使えば必ず好感度アップにつながる。まずは自分に合う帽子をひとつ手に入れてみること、すべてはそこからだ。
 そうは言ってもどんなものを選んだらよいのか分からないという人のために提案するのは、決して外れのない伝統ブランド。初心者だからといってあれこれと手当たりしだいに買いあさるよりも、本物の一品をじっくりと選んでみるのが大人の買い方。そんなあなたの願望を満たしてくれるのが究極の老舗ブランドなのだ。
 その前に男の帽子にはどんな種類があるのか、イメージ的にはどのようなものなのかということをつかむためにおすすめするネット通販店が「川渕帽子店」だ。豊富な種類が揃うので、ここで欲しいタイプのものを探してみるのもいいだろう。ブランドも一流品を取り扱っているため、いろいろと眺めているうちに購買意欲をかきたてられる。
 
川渕帽子店
横浜を散歩するならさんぽす

満天の星空を我が家に!
『ハゲを隠すな』劣等感に逆転勝利!!
男の下着
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う
生きたイカでつまみ作りに挑戦
大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
一度は体験したい!豪華寝台特急の旅
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
クリスマスカードを送ってみよう!
クリスマスはどう過ごす?
3Dゲームマシン
大人のホビー「高級ラジコン」
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
「カナル型イヤフォン」ってどう?
今話題のマヌカハニーって何?
GOYOTASHI

超老舗ブランド帽子と小物を手に入れる

 まず、創業1676年という堂々たる伝統を誇るイギリスの老舗ブランド「James Lock(ジェームス・ロック)」からご紹介しよう。イギリス王室御用達で、ロイヤルワランティも入っているという。チャーチル首相やダイアナ元皇太子妃をはじめとし、その他にもさまざまな著名人が愛用してきた歴史を持つ。チャールズ・チャップリンや作家オスカー・ワイルドもそのうちのひとりだ。
 品質に関してはさすが超老舗店、言うまでもなく素晴らしい。素材や造りは一級、デザインやシルエットも洗練されているため末永く愛用できる一品になること間違いなしだ。種類も豊富で、比較的挑戦しやすいスタンダードなものからこれぞ王室と言わんばかりの風格溢れるものまで幅広い。また、男性用に比べると少なくなるが女性用も取り揃えている。
 日本でも有名百貨店などで入手可能だが、ネット通販で買えるところも多い。前述の川渕帽子店に加え、宮内庁・皇室・王室御用達商品を揃えたサイト「GOYOTASHI」でも手に入る。こちらのサイトは帽子以外の宮内庁や王室御用達商品が揃っており、見ているだけでもなかなか楽しめるのでおすすめだ。
 さて、帽子のイメージが何となくつかめてきたら次に購入したいのは小物だ。サングラスやマフラーなど、帽子に合う素材や色を探してみるとよいだろう。小物を揃えたあとは、いよいよトータルな着こなしに挑戦する。
高級トイレットペーパーのとっておき
嗜好品の最高峰・コーヒー。究極の一杯
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
ベランダ農園で、おいしい野菜づくり
女性を撃ち抜くセクシートランクス
超ハッピーなラスベガスを遊びつくす!
脳の衰えを防ごう
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
ワンカップで日本全国飲み歩きの旅
源泉掛け流し温泉に行こう!
マリー・アントワネットってどんな人?
マルティメディア絵本の世界へようこそ
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
第73回日本ダービー特集

イタリアンテイスト溢れる帽子と着こなしを学ぶ

 次に紹介するのはイタリアの老舗ブランド。その名も「Borsalino(ボルサリーノ)」。1857年創業の伝統を誇る。アラン・ドロン主演の映画にて使われ、成功した紳士の象徴的ブランドとなった。タイトルもそのまま「ボルサリーノ」である。
 こちらも上質な一級品であり、いつかは手に入れたい憧れのブランドなのだ。
ファッションバイヤーが推薦するアイテムを揃えたサイト「BEYES」では、ボルサリーノが特集されている。帽子と合わせたいアイテムのリンクもあり、粋な商品が目白押しだ。バイヤーがプロデュースしているだけあり、センス溢れるサイトになっている。帽子初心者はここでコーディネートのイメージをつかむと良いだろう。
 また、着こなしといえばやはりお店へ出向いて直接アドバイスを受けるのが初心者にとっては一番ありがたいのではないだろうか。帽子をはじめとしたトータルコーディネートを提案してもらうのが手っ取り早い。しかしそこは勝ち組、言われるがまますべて購入するのではなく自分なりのテイストを取り入れてみたいところだ。提案されたアイテムを参考にしながら他の店も回り、自分が本当に気に入ったものを選ぶと良いだろう。
BEYES