日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

手首のオシャレを楽しんでみよう

ハンドゾーンの輝きは
思いのほか女性の心を引き付ける

男性の手や指に魅力を感じる女性は意外なほど多い。長い指が好きだという女性もいれば、自分とは違うゴツいシルエットが好きだという女性もいる。最近では、男性のネイルケアも一般化しつつあり、これから手首から先の身だしなみとオシャレは、どんどん加熱していくことだろう。
そうしたハンドゾーンの魅力を引き立てるアクセサリーと言えば、ここはやはりブレスレットを置いてほかにない。指輪よりも存在感があり、オシャレの大きなアクセントとなってくれるブレスレット。最近ではスーツに腕時計を着用しないで、代わりにブレスレットをする若者も多いよう。携帯電話の普及から、腕時計をする習慣が薄れたこともあるのだろうが、これは大きな変化である。
会話に手ぶりを加えた際に、さりげなく輝き、かすかに高い澄んだ音を奏でるブレスレットがあなたの手首にあったなら……それに女性が気付かないわけがない。名傍役としてのブレスレットから、主役にもなりうる主張ある逸品まで、勝ちスポが選び抜いたブレスレットを紹介しよう。
ハンド
京都デートスポット

エグゼクティブご用達のブランドバッグ
自然の恵みを堪能する宿、マッカリーナ
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
焼鳥屋で幻の一品? 白レバーを食す
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
素敵な時間と温泉を貸し切りデート
映画を作るには?
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ
寒天とトコロテンって同じ?違うもの?
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
ヘッドフォンに夢中
ティファニー オーバル リンク ブレスレット

セミフォーマルなパーティーで栄える
シックな色気を演出するブレスレット

ジャケット着用のセミフォーマルなパーティーでは、シンプルなブレスレットが好ましい。袖口から覗いたときにさりげなく、主張し過ぎないことが肝心だ。これはバランスの問題で、あまりにもディテールの細かい、悪く言えばゴテゴテとしたブレスレットでは悪目立ちしてしまい、全体の調和を身だしかねないだめである。なるたけ上質な素材で、それでいて主張し過ぎず、なおかつ格を感じさせるアクセサリー。
そう考えた時、まっさきに思い浮かぶのは宝飾品の最高峰・ティファニーのメンズラインではないだろうか。写真のオーバル リンク ブレスレットカフ ブレスレットは、ともに素材の輝きを活かすシンプルなシルエット。袖口に隠されることも計算に入れたデザインは、チラリと覗いた時に光輝き、一瞬の主張を見せてくれる。
本来、スーツには腕時計、あるいはカフスボタンというのが常道であり、そこにブレスレットをもってくると、一気に装い全体がカジュアルに見えてくる。タイや靴などのコーディネートも合わせて遊べば、ワンランク上の遊び慣れた男を演出できることだろう。
NY行くならミートパッキングディストリクト
タイムスリップ感覚で下町デート
レーシングカートで超Gを体感せよ!
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
MNP、3.5世代携帯電話って何?
憧れの高級車が数万円から!?
岩盤浴でデトックス
本気で遊ぶ!エンジンラジコンを楽しもう
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
飛行機を作りたい!
スピードマスターが好き
キャンプをワイルドに楽しもう!
オーディオは音にこだわれ!
モテるバイクはスタイルで選ぶ!
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
GWはモーツァルトで熱狂しよう!

カジュアルな装いでこそ
ブレスレットは主役になりうる!

カジュアルな男のアクセサリーといえば、ターコイズの青が魅惑的なインディアンジュエリーや、ヘンプ素材の素朴な風合いの品など数多挙げられるが、認知度と存在感において、シルバーアクセサリーこそが、最強のアクセサリーであると断言しよう。
もちろん、個人の趣味嗜好もあるだろうが、シルバーアクセサリーの特異性は群を抜いている。もちろん露天で売られている1つ数千円の品ではない。お抱えのデザイナーと、プロの彫金師を抱え、銀の塊を金へと変える一部のトップブランドの品を身に付けてこそ、勝ち組の箔は一層上がるというものだろう。
シルバー3大ブランド(クロムハーツ/レナードカムホート/ガボール)のひとつに数え上げられるレナードカムホートは、“鳥”をモチーフにした『メイティングフライトコレクション』と、“若葉の息吹”からインスピレーションを受けて生み出される『キッシーズコレクション』の2つから成っている。精緻なデッサンを、トップレベルの彫金師の手で具現化した、まさに芸術作品だ。
こうした最高峰のシルバーアクセサリーを身につけるのなら、いっそコーディネートの主役に抜擢したいところだろう。バンツやシューズなど、他の装いも上質であることは当然だが、シンプルにまとめることでシルバーの輝きは活きてくる。
L.ONE(レナードカムホート) --ドリーマーズ--