日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

政治家になろう〜市議会議員編〜

誰もが日常の何気ないことに
小さな不安を抱えている

 最近ではオフィス完全禁煙、もしくは分煙化が進んでいます。駅では完全禁煙のホームも増えてきています。そんな時代の流れに合わせるかのように、私の周りでも、禁煙する人が増えてきています。一方で、「タバコが500円になっても止めないぞ」という根強い愛煙家も頑張っているのは事実。ちなみに、私は喫煙したことがないタイプ。しかし、喫煙者を否定するつもりは毛頭ありません。確かに身体にいいことはないし、社会的に禁煙化も進んでいるし、増税もされたりして、百害あって一利なしだといえるでしょう。それでも、喫煙することによって、気持ちの切り替えや整理を図る人もいるでしょうし、ストレス発散のひとつの方法だという人もいるでしょう。つまり、喫煙は「趣味」のひとつだといえるのではないでしょうか。

 しかし、「歩きタバコ」は別だと思うのです。最近では、街中歩きタバコ禁止区域などの条例のある自治体も存在します。こういう施策をとられる背景には、他人に害を与える恐れがあるという理由があるのではないでしょうか。

 周りに誰もいない場所で喫煙するのは、全然構わない。しかし、他人に迷惑をかけるのでは、「趣味のひとつ」として黙認するわけにはいきません。もし、歩きタバコをしている人の後ろを、妊婦さんが歩いていたら、その被害はどうなるでしょうか? 何気なく手に持ったタバコは、すれ違い様に子供の顔にぶつかるかもしれないのです。もしその妊婦さんが自分の奥さんだったら……、その子供が自分の子供だったら……怖くて、仕事が手につかなくなってしまいます。

【関連リンク】
札幌市役所
札幌市役所
横浜デートスポット

消しゴム大好き!
スーパー健康法 バナナ酢
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
海外流ビールの楽しみ方
アートとしての青白磁、その美の魅力
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
秋の京都で大人のデート〜宇治名刹巡り
ファンを増やしつづけるフリークライミング
素敵な時間と温泉を貸し切りデート
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
リニアモーターカーに乗ってみた
日本人の線香花火
セレブなワインテイスティング会
鉄道模型はリッチマンの証
ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。
職業図鑑

自分の意思を決めたら
時が熟すのを待つばかり

 日常の何気ない不安をとりのぞき、よりよい街に住みたい。自分の住む街を、こうした自らの強い意思でもって変えることはできないのでしょうか。

 ひとつの手段としては、自分の所属する街の市議会へ「陳情」を提出するというものがあります。しかし、それでは市議会が何かしてくれるのを待つという、受身になってしまいます。そこで今回はもっと積極的に行動をとり、思い切って自らが「市議会議員」になり、直接街を変えていきましょう。

 しかしながら、市議会議員になると決めたはいいものの、どうやったらなれるのでしょうか?

 市議会には、選挙権をもつ住民の直接投票により選ばれることで、議員として参加することができます。ちなみに、市議会議員の選挙権は、満20歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上市内に住所がある住民にあります。また、選挙権をもつ住民の中でも、満25歳以上の人には、市議会議員に立候補する権利(被選挙権)があ
るのです。

 それではすぐさま立候補! といきたいところですが、市議会議員選挙はそんなにしょっちゅう行われていないのです。任期が4年と決まっており、その任期が満了となるときに行われることがほとんどです。
ですから、今はとりあえずそのときが来るのを待ち、時が満ちたところで、いざ出陣いたしましょう。
石鹸にこだわれ!
「心に、体に」おいしい水
至高の酒・シャンパンを楽しむ
ジョギングで、心も身体も「うまい!」
政治家になろう〜県議会議員編〜
香道、自分の内にあるものを味わう道
「イームズ」で珠玉のインテリアを
自慢の絨毯、ロレックス、サルを見て!
カッコいい、頼もしい、頑丈な金庫
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
ホームシアターをより快適空間に
ペーパークラフトに没頭しよう!
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
海底に7ツ星ホテル!?夢の海底生活
在住者が提案する地元密着デート

舞台が整ったら
力の限り行動するのみ!

 立候補をし、選挙活動を行い、無事に当選したら、早速「よりよい街」の実現に向け働きましょう。

 市議会でできることは主に、議決、市政のチェック、意見書・要望議決の提出などです。ではそれぞれどういった内容なのかを、簡単に解説していきたいと思います。

 まず、「議決」。これは、市の仕事を進めていく上で、必要な事項を市議会で決定します。つまり、議員であるアナタが市民の代表として、市の意思を決定していくということです。主に「条例の制定や改定、廃止」「予算の決定」「決算の承認」「税金関連」などについて、決定していきます。次に「市政のチェック」。ここでは、市政が正しく運営されているかどうかや問題点を、議会で指摘します。最後に「意見書・要望決議の提出」です。市に深いかかわりのある事柄について、国や県などの関係行政庁に対し、市議会としての意思表明をすることができます。

 しかし今回、市議会議員になった目的は、あくまでも「よりよい街」にするためです。ここではそれらしく、「議決」でその仕事を進めていきましょう。そして、自分自身の強い意志のもと、「よりよい街」を作り上げていってください。
横浜市会