日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

「スノーボードクロス」にチャレンジ!

「スノーボードクロス」とは?

 「スノーボード」の歴史には、様々な諸説がありますが、1960年代にアメリカのミシガン州で生まれたものだといわれています。日本国内では、1970年代後半に入ってきたようですが、当時は、まだ興味を抱く人も、競技人口も少なく、その存在さえ知られていませんでした。今では、子どもから大人まで、男女問わず、「スノーボード」ファンが、全国津々浦々に!書店のスポーツコーナーには、「Snowbord」や「SnowBorder」といった専門誌を何冊も目にすることができます。

 「スノーボード」には、フリーラン(フリーライディング。スキー場のコースを普通に滑ること)、パウダーラン(ふわふわした雪上でのライディング)といった様々な楽しみ方がありますが、今一番注目を浴びているのがスノーボードクロス(SBX)!これは、4人の選手が同時にスタートし、コースに設置された「ジャンプ」、「ウェーブ」、「バンク」(片流れ斜面)、「テーブルトップ」(台形のような形をしたジャンプ台)、「キャ二オン」(真ん中が谷間になっているもの)、「ポール」などいろいろな障害物をクリアしながらスピードを競うもので「雪上のモトクロス」といわれています。

4人でスピードを競い合うことから、激しいクラッシュなどのアクシデントは当たり前……スリル満点!とてもエキサイティングな競技なのです。日本では、まだまだマイナーなイメージな「スノーボードクロス」ですが、アメリカやヨーロッパなど海外では、大変人気の高いスポーツなのです。

関連リンク:
スノーボード
・スノーボードクロス
・JSBA(ジャパン・スノーボード・アソシエーション)
・スノーボードクロス「BOARD PARK」(SBX情報サイト)
スノーボードクロス
浅草を散歩するならさんぽす

クルマ・Garage RITMO
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
クリスピークリームドーナツ、もう食べた?
ミラクルフルーツが起こす「奇跡」!?
セレブな空間!高級癒しスポット
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
富裕層向け金融商品
そうだ、宇宙に行こう!
今が買い時!「携帯の良番」
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
口呼吸は危険がいっぱい!
パワーストーンで願望成就!
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
スーパー健康法 バナナ酢
クリスマスはどう過ごす?
スノボー用品通販店

「スノーボードクロス」を始める前に

 「スノーボードクロス」を始めるには、最低限「スノーボード」の道具が必要になります。まずは、ボード、ブーツ、バインディング、ウェア、インナー、靴下、グローブ、ゴーグルなどを用意しましょう。ボードを選ぶ時は、デザインだけで選ばず、長さは、身長のマイナス15センチを目安に、また、有効エッジ(実際に雪面と接する部分)は短めのもの、キャンバー(ウェスト部分にあるボードの反り上がり)は柔らかめ、ウェスト幅は、足のサイズにあったものを選ぶようにしましょう。ブーツは自分の足にフィットし、軽くて脱ぎ履きしやすいものがベター、また、初心者で紐を結ぶのが苦手という方は、「BOA」(ボタンとダイヤルだけでブーツを締めてくれる)搭載のものがよいかもしれません。ウェアは、中に重ね着をするので、大きめのものを選びましょう。

 さて「スノーボード」を楽しむ場合、頭は寒さよけの帽子だけでもOKですが、「スノーボードクロス」の競技では、クラッシュなどのアクシデントが多いため、ヘルメットを被ることが義務付けられています。ヘルメットは、スノーボーダー用のものを使うようにしましょう。また、義務ではありませんが、自分の身を守るためのプロテクター……膝、肘、お尻などのパッド類は必需品です。インナー自体、プロテクターになっている便利ものもあります。いろいろな商品を見て、自分の身体にフィットしたものを選びましょう。

関連リンク
スノーボード道具の選び方
スノボー用品通販店
楽天スノーボード市場
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
宇宙に値段をつける宇宙ビジネス
プチグランドサークルドライブ
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
飛行機を作りたい!
ららぽーと豊洲体験レポート!
夏はすぐそこ!ビーチサンダル特集!
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
大きいパネライにかわいいAIBO
パリジャン・パリジェンヌのデート
あなたの為に世界に一つだけの花
世界標準!大人のテーブルゲーム
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
あそこに広告出すにはいくら?
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)

「スノーボードクロス」に挑戦!

 「スノーボードクロス」は、スタートからゴールまで約1000メートルの距離に、バンク、ウェーブ、テーブルといった多くのセクションが配置されています。これらをクリアするためには、当然のことながら、総合滑走能力が必要になってきます。「スノーボード」に初めて挑戦する方は、まず基本姿勢、リフトの乗り降り、スケーティング、バインディングの装着、カービングターンから始め、まず基礎をしっかりマスターします。全国各地に「スノーボードクロス」の教室やキャンプが催されているので、参加するのもよいでしょう。

 「スノーボードクロス」は、難易度の高い競技ですから、それなりの練習は必要です。また、上達すればするほど「もっと上手になりたい!」こうした思いが強くなるものですが、技術に磨きをかけることに懸命になりすぎて一番大切なことを忘れてしまう人もいます。一番大切なこと……それは「スノーボードクロス」の魅力を存分味わい、そのスピード感とスリルを楽しめる心です。

 最近では「サンアルピナ白馬さのさか」など「スノーボードクロス」を楽しむことのできるアイテムが設けられているスキー場も増えています。3月5日には、新潟県「ニュー・グリーンピア津南スキー場」で「スノーボードクロス」の大会が開催されます。ビギナーの参加も募集中。「技術不足だから……」と躊躇せず、積極的に参加してみましょう。

関連リンク
・スキー&スノーボード「全国ゲレンデガイド2006」
・スキーツアー、スノボーツアー専門サイト
ヨーロピアン・スノーボードスクール
・尾瀬戸倉スキー場・スノーボードスクール
スキー&スノーボード留学
スキー&スノーボード留学