日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野デートスポット

勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う

時には静けさを求めて
隠れ宿デート

 デートに何を求めるか?これはふたりの関係や年齢、タイミングによって様々だろう。出会ったばかりならお洒落なレストランでディナーもいいし、ホテルにステイしてふたりっきりで過ごすのもいい。楽しく遊ぶならダーツバーやテーマパーク、趣向をこらしたダイニングバーも愉しい。世にデートスポットは山とあるけれど、名だたるデートスポットの多くはカップルでいっぱい。人のいない静かな場所でふたりでゆっくりしたいという気持ちになることはないだろうか?

 こういう時は旅行デートがいいが、行き先が観光スポットやリゾート地だとやはり人の多さにうんざりしてしまうこともある。

 人混みやがやがやしたところは得意ではない、という勝ち組男性におすすめしたいのが秘湯の「隠れ宿」を訪れるお泊まりデート。温泉街のにぎやかな風情もいいけれど、山の中にこっそり在る隠れ宿はロケーション自体がすでに非日常なのだ。

 俗世を忘れてしまいそうな静けさ。心も体もときほぐしてくれる温泉。山を歩き、小鳥のさえずりやせせらぎの音を聞く。飾らないおもてなしは心の贅沢を思い出させてくれるだろう。今回は静けさを存分に堪能できる隠れ宿を紹介しよう。
日本秘湯を守る会
上野デートスポット

一眼レフカメラが女性に受けている!?-初心者1眼レフカメラ入門-
温泉情緒を満喫〜四万温泉
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ
パリのスイーツを極める!
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
世界一の高層ビル“台北101”登頂
サステナブルなエコロジーグッズ
男性の為のエステサロン入門
「いまどきラジオのススメ」
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
将来のための別荘探し
パリ・メンズファッションレポート
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
今宵、本格焼酎をロックで味わう!
これぞ!とんかつの名店!
たんげの湯 美郷館

渓流を眺める一軒宿で
貸し切り雪見風呂

 群馬県の四万温泉の近くにたんげ温泉という秘湯がある。山道や畑の中をしばらく走ると渓流沿いの隠れ宿「たんげ温泉 美郷館」が現れる。

 どっしりとした日本建築の宿は、こんなところにこんな宿が?と思わせてくれるほど立派だ。玄関を入ると総欅造りのロビー。これは日本最後の木曳職人・林以一氏がてがけたもの。すがすがしい木の香りが漂う。

 部屋の窓からは渓流を眺めることができる。宿の奥に広がる広大な山林は実はこの宿の所有地。だからこそ、手つかずの自然がそのままの姿で残っている。渓流の奥の野山をゆっくり散歩するのもいい。

 渓流を眺める檜風呂「宝泉の湯」は貸し切りで利用できる。冬には雪を眺めながら露天風呂を愉しめる。大好きな人と一緒に清流の音を聴きながら雪見風呂でぼーっとするのもいい。内風呂の「瀬音の湯」はレトロモダンな木造建築が美しい。玉砂利が敷き詰められた湯はやわらかく肌触りがよい。また「滝見の湯」からは深い青色の滝を眺めることができる。この宿では人に荒らされていないそのままの自然を贅沢に味わうことができる。

 雪の夜、都会の喧噪を忘れて、愛する人と静かに語らうには最高の宿だ。
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
神仏に出会う霊場巡礼
海外流ビールの楽しみ方
都会にいながら憧れのログハウスに住みたい
美味を生み出す魔法の器-汽鍋-
今、ゴルフのできる女性がアツイ!
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
ホテルで朝食デート
男がハマる“おりがみ”の世界
彼女連れの時のとっておき!
チョコレートは酒に合う
オーディオは音にこだわれ!
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
入園・入学祝いの時期が近づいてきた
クルマ・Garage RITMO

竹取物語の世界に
タイムスリップ

 奥秩父の荒川村に「竹取物語」に魅せられたご夫婦が営む宿「御宿 竹取物語」がある。「竹取物語」の野天風呂は竹林の中にある。大小二つの樽型の浴槽に全身つかると、ふわーっと体が浮かぶ感覚。竹林の中で、ふんわり宙にういているような不思議な感覚なのだ。それでいて、体中がぽかぽかあったまってくる。これは炭酸泉という独自の装置で人工的に作られた物で、いわゆる温泉とよばれる地中から湧出するものではないが、天然にも勝るという。人工炭酸泉をお風呂に利用している宿は、世界中見渡しても、まだ数えるほどしか無いとか。竹林の中で樽風呂に入る…気分はまさに竹取物語。

 さらにこの宿、料理が絶品!こだわりの創作会席を洋風スタイルでいただく。食事処の「月み野」からはライトアップされた林が眺められ、雰囲気もしっとりと落ち着いている。この空間には大事な人とゆっくり飲み交わし語らう夜が似合う。

 誰にも邪魔されない隠れ宿でふたりでつかの間浮世を忘れて過ごしてみるのも素敵だ。
御宿 竹取物語