日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉デートスポット

プライベートジェットを手に入れろ!

今からは想像しがたい、
飛行機の起点

自家用機、プライベートジェットといった言葉をよく耳にするようになってきた。「大空=自由」というイメージのもと、今や「勝ち組」の象徴ともいえるプライベートジェットだが、これほどまでに民間に密接してくるまでには、長い年月がかかっている。

そもそもジェット機……つまり飛行機とは、その起点をライト兄弟による最大速度約48km/時速の有人動力飛行にもつ。今でこそ、時速48kmだったら、自動車を使った方が速い、などと思ってしまう速度だが、当時ではすばらしいことだったのだ。そして、ライト兄弟による飛行機の開発の後、より速く、より高く遠くへ飛ぶことができるように、日々開発がなされていった。

やがて飛行機は、第一次世界大戦の頃から、軍事機としての実用化がはかられる。第二次世界大戦の頃には、空を制する側が戦いに勝利するほど主役となった。ジェット機は、まさに第二次世界大戦が終わろうかという頃に開発されたジェットエンジンの実用がきっかけとなっているのだ。
空
鎌倉デートスポット

男の癒しバスタイム
個人情報、個人の安全を見直せ!
ヨーロッパの古城を持つ!
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代
日本の魂、漁師になりたい!
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
クラシックコンサートへ行こう!
冒険&ヒーリング ダイビングのすすめ
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
街を、自然を、MTBで駆け抜けよう
自分のルーツを知る〜家系図
高級万年筆を使いこなせ
入園・入学祝いの時期が近づいてきた
雑穀で健康ボディ
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
翼

自分専用の飛行機なら、
自由なコーディネイトも!

当初は軍事機として使用されていたジェット機。

1960年頃にはその発展もひと段落となる。ジェット機の速度は色々な問題を踏まえた結果「マッハ2(約時速2450km)」程度が相場。高度は旅客機で「約10,000km付近」が効率的に運用できる位置とされた。

旅客機の機体は、この頃から長距離飛行に向けた、大型化してきたが、その一方で短距離の移動にも、飛行機を用いるようにもなってきた。

そしてその飛行機を、今「自分専用」として利用しているのだ。それが「自家用機」あるいは「プライベートジェット」である。自分専用なのだから、当然機内は個室を用意したり、ミーティングルームを用意したりと、まさに自由自在。移動しながらのミーティングは、時間の大幅な短縮を実現するだけではない。ストレスのない長距離移動を実現するので、その後のビジネスも気持ちよくこなすことができるのだ。また、プライベートで利用するときには、窓から自然光を沢山とりいれて、開放感を存分に味わうのも「まさに空を制している」という感じで気持ちよいに違いない。ゆったりとした空間を自分にあわせて作り上げ、優雅な時間を過ごすことができる。

プライベートジェットは自分専用なのだから、どんな風に利用しようと、あなたの思うままなのだ。

関連リンク:丸紅エアロスペース
沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
意外と知らない「出産祝い」のツボ
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
ワンランク上のボウリングをしよう
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
高級ステーキを食す!
世界標準!大人のテーブルゲーム
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
一度は体験したい!豪華寝台特急の旅
日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
和の粋「火鉢」を楽しもう
大人のための社会科見学のススメ
シンガポールでゴージャスデート

ストレスのない移動でゆとりの時間
ビジネスシーンに有効!

勝ち組としては、ぜひとも「自分専用」が欲しいところだ。しかし、さすがに飛行機ともなれば、自動車を買うのとはワケが違うし、ケタも違う。そう簡単に決められるものではない。

そこで、プライベートジェットがどのようなものなのか、試してみてはどうだろう。日本は国土があまり広くないせいなのか、あまり「プライベートジェットチャーター」になじみがない。プライベートジェットをチャーターすれば、飛行機を貸しきって、行きたいところへ行くことが出来る。当然、機内は自分の目的に合わせてオーダメイドすることが可能だ。

ビジネスとして使うのであれば、ゆったりしたソファとデスク、美味しい飲み物を用意する。現地までのフライト時間を使って、ゆったりとした空間でミーティングをすることができる。ゆったりとした空間で行われるミーティングであれば、普段の会議室で行うミーティングより、さらに充実するだろう。

その他にも、エンターテイメントシステムを利用して、ミーティングの合間に休憩を入れるのもいい。そうした時間を共有することで、クライアントや同僚との関係はますます深まり、ビジネスシーンにはもってこいだ。

関連リンク:エクセル航空
ジェット機