日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

プライベートジェットを手に入れろ!

今からは想像しがたい、
飛行機の起点

自家用機、プライベートジェットといった言葉をよく耳にするようになってきた。「大空=自由」というイメージのもと、今や「勝ち組」の象徴ともいえるプライベートジェットだが、これほどまでに民間に密接してくるまでには、長い年月がかかっている。

そもそもジェット機……つまり飛行機とは、その起点をライト兄弟による最大速度約48km/時速の有人動力飛行にもつ。今でこそ、時速48kmだったら、自動車を使った方が速い、などと思ってしまう速度だが、当時ではすばらしいことだったのだ。そして、ライト兄弟による飛行機の開発の後、より速く、より高く遠くへ飛ぶことができるように、日々開発がなされていった。

やがて飛行機は、第一次世界大戦の頃から、軍事機としての実用化がはかられる。第二次世界大戦の頃には、空を制する側が戦いに勝利するほど主役となった。ジェット機は、まさに第二次世界大戦が終わろうかという頃に開発されたジェットエンジンの実用がきっかけとなっているのだ。
空
横浜を散歩するならさんぽす

パリのスイーツを極める!
リノベーションでデザイン住宅をゲット!
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
六本木ヒルズグルメランキング・中華
和の粋「火鉢」を楽しもう
高級トイレットペーパーのとっておき
蚊は怖い存在!蚊対策!
紅葉と癒しの高級旅館
マッサージマシンでリラックスしよう
食欲増進にもいい人気の和風リキュール
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
花や緑のある暮らしを楽しみませんか
脳を活性化する「大人の塗り絵」
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
翼

自分専用の飛行機なら、
自由なコーディネイトも!

当初は軍事機として使用されていたジェット機。

1960年頃にはその発展もひと段落となる。ジェット機の速度は色々な問題を踏まえた結果「マッハ2(約時速2450km)」程度が相場。高度は旅客機で「約10,000km付近」が効率的に運用できる位置とされた。

旅客機の機体は、この頃から長距離飛行に向けた、大型化してきたが、その一方で短距離の移動にも、飛行機を用いるようにもなってきた。

そしてその飛行機を、今「自分専用」として利用しているのだ。それが「自家用機」あるいは「プライベートジェット」である。自分専用なのだから、当然機内は個室を用意したり、ミーティングルームを用意したりと、まさに自由自在。移動しながらのミーティングは、時間の大幅な短縮を実現するだけではない。ストレスのない長距離移動を実現するので、その後のビジネスも気持ちよくこなすことができるのだ。また、プライベートで利用するときには、窓から自然光を沢山とりいれて、開放感を存分に味わうのも「まさに空を制している」という感じで気持ちよいに違いない。ゆったりとした空間を自分にあわせて作り上げ、優雅な時間を過ごすことができる。

プライベートジェットは自分専用なのだから、どんな風に利用しようと、あなたの思うままなのだ。

関連リンク:丸紅エアロスペース
ミラコラーレ/「車オタクの総合デパート」を目指して
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
ベビーサインで赤ちゃんと遊ぼう!!
日本のパワースポットを訪ねる
「心に、体に」おいしい水
日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
パパ!忍者になるっ。
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
大河ロマンの焼酎〜「篤姫」と指宿
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?

ストレスのない移動でゆとりの時間
ビジネスシーンに有効!

勝ち組としては、ぜひとも「自分専用」が欲しいところだ。しかし、さすがに飛行機ともなれば、自動車を買うのとはワケが違うし、ケタも違う。そう簡単に決められるものではない。

そこで、プライベートジェットがどのようなものなのか、試してみてはどうだろう。日本は国土があまり広くないせいなのか、あまり「プライベートジェットチャーター」になじみがない。プライベートジェットをチャーターすれば、飛行機を貸しきって、行きたいところへ行くことが出来る。当然、機内は自分の目的に合わせてオーダメイドすることが可能だ。

ビジネスとして使うのであれば、ゆったりしたソファとデスク、美味しい飲み物を用意する。現地までのフライト時間を使って、ゆったりとした空間でミーティングをすることができる。ゆったりとした空間で行われるミーティングであれば、普段の会議室で行うミーティングより、さらに充実するだろう。

その他にも、エンターテイメントシステムを利用して、ミーティングの合間に休憩を入れるのもいい。そうした時間を共有することで、クライアントや同僚との関係はますます深まり、ビジネスシーンにはもってこいだ。

関連リンク:エクセル航空
ジェット機