日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!

萌え文化の代表格に異変が…

以前は特殊な世界とされていた「萌え文化」ですが、メディアに幾度となく取り上げられ、いまやすっかり市民権を得た感があります。そのなかでも代表的なものといえば、やはり「メイドカフェ」が挙げられるでしょう。

メイドカフェといえば、「お帰りなさいませ、旦那様」という挨拶にはじまるメイドさんの献身的な接客で知られています。しかし最近は、そういった「基本的な」サービスだけでは、なかなか顧客を集めるのが難しいという状況にあるようです。東京の秋葉原や大阪の日本橋では、いまも出店ラッシュが続いていますが、逆に閉店してしまう店舗も増えているそうです。その理由は、急激な出店数の増加が引き起こした、メイドカフェの過剰供給にあるといわれています。

メイドビジネス黎明期は、画一的なサービスでもある程度の集客は期待できましたが、現在「勝ち組」として人気を誇っている店舗は、必ず何らかのウリを持っています。例えば、CDデビューができるくらいパーソナリティが確立されたメイドさんがいる…というのも、ウリのひとつです。ただ店舗サイドは、最初からそういったメイドさんに絞って採用しているわけではありません。肝となってくるのは、メイドさんをいかにプロデュースするかということになるでしょう。
秋葉原
京都を散歩するならさんぽす

勝ちデート 隠れ宿で静けさに酔う
21世紀、家庭用ロボットの普及!
デキル男の個性派システム手帳
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
心に刻む日本の風景を貼り絵で
卵は進化する 高品質卵を食べた!
バレンタインデーの過ごし方
ジーンズ文化 イン ジャパン
魅惑の世界遺産を巡る旅・エジプト
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
岩盤浴でデトックス
魅力たっぷり!「小京都」の歩き方
究極の酸素システム O2rich
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
デザイナーズチェアを手に入れよう!
モエシャン

メイドさんによるカットサービス

メイドさんを効果的に売り出すための方法のひとつとして、ユーザーとメイドさんの触れ合いの場を設けるということが注目されています。初期のメイドカフェは、「かいがいしく働くメイドさんを眺める」といった楽しみ方が主流で、ユーザーからメイドさんに能動的にアプローチする機会があまりありませんでした。ところが今は、「メイドさんとゲームができる」、「一緒にプリクラを撮影できる」…といったサービスを実施するメイドカフェが出現し、ユーザーから支持を得ているようです。また発展形として、「メイドさんと麻雀が打てる雀荘」といったものもあるように、カフェだけではなく、様々な業態でメイドとの融合が試みられています。

そういった流れのなかで高い人気を集めているのが、メイドヘアサロンです。秋葉原に店舗を構える「モエシャン」では、メイド服に身を包んだ美容師が髪をカットしてくれます。もちろんカットを担当するメイドさんは、美容師免許を取得したプロです。「ハンドケア」や「肩たたき」などのオプションはもちろん、メイドさんとの2ショット撮影といったサービスがあるのも人気の秘密でしょう。
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
ご当地名物「ゆるキャラ」を探せ!
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
おもしろ・マイナースポーツ
髪の悩みを解決する「ケラスターゼ」
知られざる「観葉植物」のチカラ!
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
一匹10万円?小動物を飼ってみよう!
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
パーソナルコーディネートで変身!

旦那さまの醍醐味とは…!?

自分から店舗に出掛けるのではなく、「メイドさんに家に来てもらう」といった派遣型の業態も最近注目を集めています。これこそ本来のメイド業務ともいえますが、現代日本ではなかなか実現が難しいことでした。家政婦さんや家事代行サービスは昔からありましたが、派遣されるのは中年以上の女性が多く「メイドさん」と呼ぶにはちょっと厳しいビジュアル…というのが現実だったのです。

萌え系メイドを派遣する業者では、そんなイメージを覆す革命的なサービスをおこなっています。メイド服を着た若くてかわいらしいメイドさんが自宅に来て、掃除や洗濯、食器洗いなどをテキパキとおこなってくれるのです。ただ働いてもらうだけではなく、メイドさんとプライベート空間で会話を楽しめるなど、癒しの時間を満喫できるのも魅力です。
「自分だけのために、メイドさんが尽くしてくれる」、これこそが旦那様の醍醐味なのかも知れません。

関連リンク:フェアリーベル
フェアリーベル