日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

世界の牡蠣を食す!オイスターバー

世界の牡蠣を食べくらべ
オイスターバーへ行こう

 冬は牡蠣がもっとも美味しくなる季節。海のミルクの称される牡蠣は、日本では冬の味覚の代表格。ミネラルや栄養分が豊富なことでも知られる。とくに殻つき生牡蠣は牡蠣を美味しくいただく贅沢な食べ方だ。殻にあふれる牡蠣のジュース、口にほおばるとぷりぷりっとした食感、ミルキーな味わい、口の中にふわっと広がる潮の香り…。ひとつぶの牡蠣は豊かなイメージを呼び起こしてくれる。

 ひとくちに牡蠣といっても、その種類は世界でなんと百種類以上。しかも産地や種類によって驚くほど味わいが違うのだ。日本では冬しか食べられないと思われているが、逆に日本で牡蠣が食べられない季節は外国の牡蠣が美味しくなる。日本産・地中海産・南太平洋産と、じつにさまざまな種類の牡蠣があり、産地が違えば味も形も変わる。

 牡蠣を思う存分食べくらべ、ひとつぶひとつぶ味わって「利き牡蠣」を楽しむ…そんな贅沢を叶えてくれるのがオイスターバーだ。NYで人気のオイスターバーの雰囲気をそのままに、都会的でスタイリッシュな異空間でゆっくりと牡蠣を楽しむことのできるお店が「オイスターバー&チャコールグリルMAIMON」。恵比寿・川崎・梅田・西麻布・銀座に店を構えるMAIMONは、最高の牡蠣を揃える大人のダイニングだ。
オイスターバー&チャコールグリルMAIMON
鎌倉小町通りを食べ歩き

カッコいい、頼もしい、頑丈な金庫
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
紅葉の秋、古都・京都でデート!
次世代ゲーム機 あなたはどれを選ぶ?
飛行機を作りたい!
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
在住者が提案する地元密着デート
電磁波は安全か? 電磁波吸収サボテンを実験
ヨーロッパの古城を持つ!
鍼・灸で今日もうつくしく
新「会社法」で誰でも社長になれる
色才兼備の時計「クロード・メイラン」
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
優雅に香るシガーが大人を演出します
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
タイムスリップ感覚で下町デート
生牡蠣

世界中の牡蠣の中から
今、一番美味しい牡蠣を

 MAIMON西麻布店はクールな水色にライトアップされ、都会的でオシャレな雰囲気。シェルカウンターには新鮮な牡蠣が並ぶ。牡蠣の形は産地によってまったく違う。日本の牡蠣のように細長い形のものもあれば、フランスのブロンのように丸形で小ぶりなものもある。味わうとさらに驚かされる。同じ牡蠣でもこんなにも味が違うのだ!

 たとえば日本産の牡蠣は肉厚だが軽やかで香りがいい。タスマニア産のキャッツアイは口に含むと海の香りが広がり、日本のものよりもさらにあっさりとした味わい。一方、シアトル産のパシフィックオイスターはしっとりなめらかだ。海が違えば牡蠣も違う。ひとつの牡蠣を味わうたびに次の牡蠣を味わうのが楽しみになってくる。見た目にも美しい牡蠣。味わうほどに広がる牡蠣の世界。その奥深い味わい。一度、世界の牡蠣を食べくらべしたら、あなたもきっと牡蠣の虜になってしまうだろう。

 日本をはじめ北半球の牡蠣は冬が食べ頃。夏になると南半球の牡蠣がおいしくなる。一年中おいしい生牡蠣を愉しめるのがオイスターバーだ。もちろん日本産牡蠣の品揃えも豊富。冬は北海道厚岸産、三重県的矢湾産、岩手県三陸産、広島産と主な産地をはじめとして何十種類もの牡蠣が揃う。夏には通好みの岩ガキも。これに北米、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパなど、世界の有数産地からの直送された外国産牡蠣が加わって約50種類もの牡蠣が愉しめる。外国のものも日本のものも「今、一番おいしい牡蠣」を味わうことができるのがオイスターバーの魅力だ。
これぞ!とんかつの名店!
憧れの高級車が数万円から!?
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
グルメの集まる店オーグードゥジュール
世界遺産アユタヤ
必見!中国ニュー・リッチ層の解体新書
ニュージーランドに住んでみよう
午前0時発。眠らぬ都市・東京を歩く
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
変り種ツアーで大冒険
あそこに広告出すにはいくら?
カップルで行く大阪ベイエリア
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
クリスマスカードを送ってみよう!

NYスタイルで粋に
「オイスターシューター」

 生牡蠣にはお好みで特製ソースををあわせる。MAIMONでは「特製のカクテルソース」「梅肉とシソ入り梅ソース」「大根おろしの和風ソース」「NY風ワインビネガーソース」などがバラエティ豊かなソースが用意されている。

 本場NYではショットグラスに牡蠣とソースを入れたものを一気に飲み干す「オイスターシューター」という食べ方が人気だ。くいっと飲み干してNYスタイルで粋に味わってみたい。

 MAIMONのオイスターシューターは日本人の味覚に合わせた独創的な逸品。「梅酢おろしと塩昆布のオイスターシューター」「大和芋・いくら・ポン酢・あさつきのオイスターシューター」「 ところてん・生うに・二杯酢・山葵のオイスターシューター」…どれも牡蠣の旨さをひきたて見事なハーモニーを醸し出す。まさに牡蠣とソースのマリアージュだ。オイスターシューターは見た目にも鮮やかで眺めるのも楽しい。

 もちろんオイスターバーの料理は生牡蠣だけではない。焼き牡蠣、牡蠣のグラタン、あたたかい牡蠣料理やチャウダー。牡蠣だけでなくチャコールグリルで焼き上げる肉料理も魅力的。生牡蠣を食べるときは、あたたかい料理を一緒にいただいて体を冷やさないようにするといい。
オイスターシューター