日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

政治家になろう〜県議会議員編〜

参議院

甘い汁を吸うのが目的ではない
真の目的をまっとうせよ!

政務調査費や海外視察など、県議会議員になると、なんだかいいことが沢山ありそうだ。しかし、こうした各経費の交付が問題視されている。海外視察の予算が一人100万も見積もられていれば、そりゃ県民は怒るに違いない。それだけ価値のある仕事をしなくてはならない。

地位を得て、知名度が上がれば、それだけで注目されるようになる。そうなれば、ちょっとした言動ひとつをとっても、大きく取りあげられる。地位やお金に目をくらませることなく、県民のための治世を行うことを、決して忘れてはならない。

県民あってこその、県議会議員なのだ。

責任が大きくのしかかってくれば、それだけ闘志がわきたってくる。いい仕事をすれば、注目されるようになる。県民はますます、新たなる改革に期待寄せることだろう。

そして、やがては国をも動かす存在として、注目される日がくるかもしれない。

【関連リンク】
参議院
衆議院

【関連バックナンバー】
政治家になろう〜市議会議員編〜
腐った日本を救え! 国会議員への道
鎌倉小町通りを食べ歩き