日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

トライクってかっこよくて楽しいみたいだ

風を切って走る
スピードに酔いしれる

 バイク...それは、永遠の男の憧れ。風を切り裂き駆け抜けていくスピード。体中に響き渡るエキゾーストノート。五感を揺さぶる魅力がバイクにはいっぱい詰まっています。あなたも一度は乗ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

 若いうちに2輪免許を取らなかった場合、社会に出てから教習所に通うのは結構大変なことです。しかし、社会に出るとお金に余裕があるのも事実。いざ、欲しいと思っても免許がないんじゃバイクには乗れません。そうやってあきらめてはいませんか?時間がないから乗れないなんて思っていませんか?イージーライダーを見たら心躍って旅立ちたくなってしまったなんて方はいませんか?
 
 そんな方のために、「トライク」という乗り物をご紹介したいと思います。
バイクでこんな一直線の道をどこまでも行きたい
横浜を散歩するならさんぽす

楽器をつくる
紅葉と癒しの高級旅館
口呼吸は危険がいっぱい!
男の下着
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
旅行ついでに人間ドック!PETとゴルフ?
おせち料理は作る派? 買う派?
幻想的な美しさ、進化する砂のアート
世界が誇る「RECARO」の魅力
ANAインターコンチネンタルホテル東京
男の帽子スタイル
ウワサの「炭酸泉」
水筒でカフェを持ち歩こう
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
イタリア モテる男の条件は手料理!
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
トライクジャパンMAEBASHI

トライクとは?
こんな乗り物だ!

 さて、「トライク」って何でしょう?トライクとは、3輪車のことを言います。子供のころに近所のおばちゃんが乗ってた3輪自転車も「トライク」ということになります。しかし、今回ご紹介するのは、近所のおばちゃんの3輪自転車ではないのでご安心下さい。最近では一般的に「トライク」と言うと、3輪のオートバイのことを言います。3輪オートバイというとHONDAジャイロのようなビジネスバイクを思い浮かべますが、それとも違います。

 基本的に「トライク」は現在販売されている2輪車を改造して作られます。ですので、車種は選び放題な上に乗っているユーザーが少ないのでとても目立ちます。店頭等で販売されている「トライク」は、ほとんどの物が運輸局の認可を受けて公道で乗ることができ、免許も普通自動車免許が適応されますし、ヘルメットの着用義務もないのです(着用した方が安全ですが...)。1000ccオーバーのバイクでも3輪に改造、登録することで普通自動車免許で手軽に乗れてしまうんです。これは、とても魅力的ではないでしょうか?

関連リンク:トライクジャパンMAEBASHI
シーズン到来!タラバガニを食べよう
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
楽しい自動車メーカー「光岡自動車」
モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
異色のウォッチメーカー -Sinn-
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
政治家になろう〜市議会議員編〜
夏オフィスでの冷え対策
最高級から超個性派まで!床屋大集合
ダッチオーブンで七面鳥を焼く
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
ミニベロの誘惑!
デートにモノレールを使ってみる

突撃!トライクを体験してみる

良いところばかり言うけれど実際はどうなの?そんな疑問にお答えすべく、実際に「トライク」を試しに行ってきました。場所は都内某所のショップにてアメリカンタイプの「トライク」をインプレッションです。

外観:
外観はとてもよく出来ていて改造したようには見えない。3輪になったことでよりワイルド感が出ているように思う。後方から見た概観は目立つこと間違いなし、大迫力。

乗り心地:
やはり2輪よりも3輪のほうが、安定性がよい。”立ちごけ”なんてないから安心してドライブすることが出来る。これならば、非力な方でも安心して乗れる。贅沢な乗り心地。

操作性:
2輪車を運転しているという感覚ではないと思う。2輪車と自動車の中間の運転感覚といえそうだ。体を倒してコーナリングをしないので、本当に贅沢で快適な乗り心地である。
トライク