日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

トライクってかっこよくて楽しいみたいだ

風を切って走る
スピードに酔いしれる

 バイク...それは、永遠の男の憧れ。風を切り裂き駆け抜けていくスピード。体中に響き渡るエキゾーストノート。五感を揺さぶる魅力がバイクにはいっぱい詰まっています。あなたも一度は乗ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

 若いうちに2輪免許を取らなかった場合、社会に出てから教習所に通うのは結構大変なことです。しかし、社会に出るとお金に余裕があるのも事実。いざ、欲しいと思っても免許がないんじゃバイクには乗れません。そうやってあきらめてはいませんか?時間がないから乗れないなんて思っていませんか?イージーライダーを見たら心躍って旅立ちたくなってしまったなんて方はいませんか?
 
 そんな方のために、「トライク」という乗り物をご紹介したいと思います。
バイクでこんな一直線の道をどこまでも行きたい
鎌倉小町通りを食べ歩き

ヴィンテージカー値上がりランキング
女性を撃ち抜くセクシートランクス
ローマのデートコース
一生モノの逸品「匠の革トランク」
ビールだって自分で作れば断然うまい!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
『〜専用』でよりおいしく!
大人の洋食屋特集
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
目で、味で、食べ方で楽しむ輸入菓子
テーマレストランで楽しいデート
男性更年期、その傾向と対策
インドの古代医学 アーユルヴェーダ
ドレスシューズ
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
トライクジャパンMAEBASHI

トライクとは?
こんな乗り物だ!

 さて、「トライク」って何でしょう?トライクとは、3輪車のことを言います。子供のころに近所のおばちゃんが乗ってた3輪自転車も「トライク」ということになります。しかし、今回ご紹介するのは、近所のおばちゃんの3輪自転車ではないのでご安心下さい。最近では一般的に「トライク」と言うと、3輪のオートバイのことを言います。3輪オートバイというとHONDAジャイロのようなビジネスバイクを思い浮かべますが、それとも違います。

 基本的に「トライク」は現在販売されている2輪車を改造して作られます。ですので、車種は選び放題な上に乗っているユーザーが少ないのでとても目立ちます。店頭等で販売されている「トライク」は、ほとんどの物が運輸局の認可を受けて公道で乗ることができ、免許も普通自動車免許が適応されますし、ヘルメットの着用義務もないのです(着用した方が安全ですが...)。1000ccオーバーのバイクでも3輪に改造、登録することで普通自動車免許で手軽に乗れてしまうんです。これは、とても魅力的ではないでしょうか?

関連リンク:トライクジャパンMAEBASHI
新時代の音 タイムドメインスピーカー
噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
街乗りを楽しむならレンタサイクルで!
お正月の風物詩:凧揚げ
スーパー健康法 バナナ酢
小粋でいなせなイマドキの屋形船事情
大輪の胡蝶蘭5本立
リノベーションでデザイン住宅をゲット!
ニュージーランドに住んでみよう
人のために役立つこと〜パピーウォーカー
失敗しない住まいのエクステリア
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
特上キャビア丼!国産キャビアは美味絶品
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
夏はやっぱり、アロハシャツ!
イタリアの高級別荘地 コモ

突撃!トライクを体験してみる

良いところばかり言うけれど実際はどうなの?そんな疑問にお答えすべく、実際に「トライク」を試しに行ってきました。場所は都内某所のショップにてアメリカンタイプの「トライク」をインプレッションです。

外観:
外観はとてもよく出来ていて改造したようには見えない。3輪になったことでよりワイルド感が出ているように思う。後方から見た概観は目立つこと間違いなし、大迫力。

乗り心地:
やはり2輪よりも3輪のほうが、安定性がよい。”立ちごけ”なんてないから安心してドライブすることが出来る。これならば、非力な方でも安心して乗れる。贅沢な乗り心地。

操作性:
2輪車を運転しているという感覚ではないと思う。2輪車と自動車の中間の運転感覚といえそうだ。体を倒してコーナリングをしないので、本当に贅沢で快適な乗り心地である。
トライク