日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

焼き鳥屋:バードランドに迫る!

焼き鳥の名店と言えばバードランド

 あの、ジョエル・ロブションが絶賛し、食通たちを唸らせているという焼き鳥の名店「バードランド」。

 銀座4丁目、日本一の寿司という声も多い「すきやばし次郎」の隣というロケーションだ。奥久慈軍鶏を食べさせてくれることでも知られている。奥久慈軍鶏とは、軍鶏の雄と、名古屋コーチン、ロードランドアイランドレッドをかけ合わせた雌を交配した品種だ。脂肪が少ないのに、肉汁がたっぷりあり、通常の鶏肉に比べて身が引き締まっていて臭みが少ない。コクのある味わいで全国的に人気の品種である。この奥久慈軍鶏の中でも、最も旨みののった若鶏が、茨城県の生産者から保冷宅配便で直送されてくるというのがバードランド。ここの焼き鳥は、食を知り尽くした人達の間で絶大な人気を誇っている。

 ただ、難点もいくつか挙げられる。予約がなかなか取れない、せっかく取れても、予約客は基本的にコースしか頼めない、値段が注文する時点で分からない、などなど。そんな不満までも解消してしまった店があると言う。

関連リンク:バードランド
バードランド
横浜を散歩するならさんぽす

大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
ワインだけじゃない!色々ソムリエ資格
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
将来のための別荘探し
モバイルオーディオの楽しみ
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
「江戸しぐさ」を学ぶ
IKEAが日本進出!
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
パーソナルコーディネートで変身!
香水でセクシーな男を演出
一杯1500円のうどんを食べてみた
勝ち組ブログ・レジャー業界で有名なあの社長が登場!
レバーのパテ、砂肝煮こごり

バードランドから唯一暖簾分けを許され
独立、開店したバードコート

 銀座の名店「バードランド」で修行していた野島さんが独立して開店したのが「バードコート」。北千住駅西口ロータリーからサンロード商店街を右折。そのまま歩けば右手に見えてくる、こじゃれた外観のお店だ。

 ここでは串のコースもあるが、基本的には食べたい物を個々に注文するスタイル。軍鶏皮の二杯酢や砂肝の煮こごり、そして何と言っても、有名なレバーのパテ!フランスパンにつけて戴く際には「たっぷり付けて下さい」とアドバイス。その通り、しっかりと塗れば、極上の味わいが広がる。これがレバーなのか?と驚くだろう。全くクセのないその味はレバー嫌いな人でもペロリといけるほどだ。

 ちなみにこのレバーのパテ、水郷のとりやさんでは、これを再現した物をネット購入することができる。お店だけでなく家でも食べたい!という人は、お試しあれ。水郷のとりやさん 自家製レバーのパテ。
今「ブックカバー」は着せ替えて楽しむ時代
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
彼女連れの時のとっておき!
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
ドミノの世界
日本のパワースポットを訪ねる
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
驚きのアイテム勢揃い USBを楽しめ!
デジカメ入門と銀塩カメラ
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
髪の悩みを解決する「ケラスターゼ」
ファイヤーキングをコレクションする
エグゼクティブご用達のブランドバッグ

初心者は7本コースから!

 いよいよお待ちかねの串!カウンターでは黙々と、霧吹きで串に調味液を振り、備長炭にかざしていく。手際良く焼かれた熱々の串が、即座に客の前に並べられていく。タイミングを計って出してくるその串は、芯に行くほど微妙に火のとおりが異なり、計算され尽されているのだ。

 7本コースを頼めば、山葵焼き、レバー、山椒の効いた鶏皮、ツクネ、ネギマ、ギンナン、舞茸といった品々を味わうことになる。誰でも満面の笑みを浮かべるだろう。特にツクネは、卵黄のおいしさが直に味わえる一品。残った卵黄が勿体無いなぁと思っていると、ちょうどいいタイミングでパンが出される。拭って最後まで食べられるという訳だ。

 他にも追加で、手羽先やレンコンの肉詰め、手羽先のにんにく煮込み、ささみの風干しなどを「鶏ってこんなにいろんな食べ方があるんだ!」と感心してしまうようなメニューが揃っている。また、人気の高い串の、ソリ、ボンボチ、ペタといった部位はすぐになくなってしまうので、是非早めに注文を!

 また、絶妙の焼加減と評判のぎんなん、甘めの味噌をのせて焼かれた茗荷など、一仕事加えられた串も忘れてはならないと付け加えておこう。
ツクネ、ソリ