日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

デジカメ入門と銀塩カメラ

難しいことを考えないで
カメラの世界を覗いてみよう

写真愛好家ならずとも、一家に一台カメラは必須。思い出を残すもっとも基本的なアイテムのひとつだ。近年、コンパクトカメラの性能は格段に上がっている。ボタンを押すだけでピントを合わせ、露出とシャッタースピードを調節してくれるフルオートのカメラの進歩は、写真を写真館から一般に解放してくれた。また、近年生まれたデジタルカメラの発明が、より手軽に楽しめるようにしてくれた。

そんな今だからこそ、ワンランク上の撮影のコツを掴んで、より美しい写真を撮って残そうではないか。本講座では、複雑なカメラの構造を理解していなくても、ちょっとしたコツでキレイに、失敗することなく撮影できるテクニックを紹介する。

すでに一眼レフを使いこなしている方にとっては退屈な内容かもしれないが、専門用語は噛み砕いて、初心者にも分かりやすく理屈を説明するから、しばしおつき合い願いたい。難しいことを考えなくても、カメラは楽しいのだ!
カメラの世界
浅草を散歩するならさんぽす

ベランダ農園で、おいしい野菜づくり
紅茶の楽しみ方
NYメンズファッションレポート
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
文豪の愛した食事
ロングステイをエンジョイしよう!
うわさの“つくし飴”その正体は?
セラミックで白くてキレイな歯をGET
モナコの楽しみ方
富裕層向け金融商品
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
真剣に!グローバルに!結婚相談所
憧れのフェラーリをレンタルしちゃおう!
映画の世界を旅しよう!
初日の出を見る!
高級ステーキを食す!
上段:ピントがサル 下段:ピントが背景

初心者の第一関門
ピンボケを防ごう

写真初心者がなにに一番最初つまずくかと言えば、レンズのピントが合っていないことによって起こる『ピンボケ』だろう。これはオートフォーカスの仕組みを理解していないことから発生する(マニュアル撮影は考慮に入れず)。オートフォーカスには、大きくわけてふたつの方式がある。ひとつは赤外線などを用いて被写体との距離を測ることでピントを調整する方式(アクティブ方式)。もうひとつはレンズに写る映像を解析することで調整する方式(パッシブ方式)だ。低価格のカメラのほとんどがアクティブ方式を採用していることから、さらにここではアクティブ方式に話題を絞ろう。

もっとも多いミスは、目標とは別のところにピントが合っているケース。たとえば、人物と背景を同時に撮影する際に、真ん中にある背景だけにピントが合ってしまい、人物の表情がぼやけてしまうケース。もうひとつは、車窓から外の景色を写そうとした場合に起こる現象で、外の景色でなく、窓ガラスにピントが合ってしまうケースだ。

きちんと目視してシャッターを切れば、本来そこまで的外れなところにピントが合うことはないのだが、これはオートフォーカスの発達にともなって、自分の目で確認する習慣が薄れたことによる弊害。被写体が画面の中心にない場合には、一度被写体にレンズを向けて、ボタンを半押ししてピントを合わせた後に、写したい構図でシャッターを切ることを心掛けよう。

この半押しの操作は、ほとんどすべてのオートフォーカスで共通している。オートフォーカス使用時のまさにイロハのイだ。
生活に潤いをくれるコンフィチュール
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
今年の花見は大人の花見
汐留でお泊りデート
大人の音楽“モダンジャズ”に浸る
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
木のねんど?もくねんさん
心に刻む日本の風景を貼り絵で
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
レストアを楽しもう
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
クラシックコンサートへ行こう!
2007年 カウントダウン・レポートfromパリ

第二の関門『手ブレ』は
ガッチリ3点保持で防ぐ

物体が二重三重に写ってしまう『手ブレ』。近くの物体を撮影するときや、望遠レンズ使用時にとくに顕著に現れるこの現象。読んで字のごとく、手元が揺れる(ブレる)ことによって発生する。
明るいところでの撮影や、フラッシュ使用時にはあまり目立たないのだが、光量の足りない現場で撮影する場合、オートのカメラは自動的にシャッタースピードを遅く設定する。たとえば、これが1/15だったとしよう。わずか0.067秒の一瞬だが、人間のカラダはこうした間にも小刻みに動いてしまうもの。このブレをいかに小さくするかがポイントとなる。

そこで、カメラを構える際の基本、3点保持だ。両手とファインダーを覗く目(額)とで計3点。脇を締めて、カメラの重みを分散させるのが基本姿勢だ。ところが、最近のデジカメの使用では、この基本がまったくと言っていいほど守られていないのが現状。ファインダーではなく、液晶画面を見るために、腕を伸ばして使用するケースがとても多い。

デジカメ使用の際には、せめてこの一点だけでも注意してみるといいだろう。不安定な姿勢でシャッターを切ることは避け、せめて脇を締め、両肘は腹部に押し付けるくらいが丁度いい。薄暗い場所での撮影時には、とくに効果を発揮するばすだ。
手ブレ