日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?

人とは違った趣味にチャレンジ!

「ありきたりではなく、ちょっと個性的な趣味に挑戦したい!」…という勝ちスポ読者にオススメなのが乗馬です。「馬」と聞くと、乗馬は敷居が高いというイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。欧米では日常の足としての文化があったせいか老若男女に親しまれていますが、日本ではジャケットなどで正装する競技乗馬など、特別な人がやるスポーツだという認識が一般的なようです。

でも一度でも馬にまたがってみると、その魅力の虜になる人は意外と多いんですよ。馬上で揺られながら、いつもよりちょっと視点が高い風景を見ているだけでも、特別なムードを味わえます。馬と一体になって、風を切りながら疾走すると、気分はもうサイコーなんです! 
また最近は乗馬による健康の維持や、ダイエットの効果が注目されています。そういえば乗馬を趣味とする人は、スタイルが良い人が多いですよね。お腹や腰周りの肉が気になる人は、ぜひともチャレンジしてみましょう。
乗馬
横浜デートスポット

オフィスワーク効率UPの超快適グッズ
鍼・灸で今日もうつくしく
男はワイルドに!〜ハンティング〜
世界が誇る「RECARO」の魅力
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
「熟成古酒」はコク深い大人の味わい
富裕層向け金融商品
ハイビジョンで迫力の映像を楽しもう
女性の魅力満載のベリーダンス
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
この夏は脱プール、大自然でスイム!
日本人なら畳の家!
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
あなたの為に世界に一つだけの花
テーマパークごとの超リッチホテル
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ
カウボーイスタイル

自分のスタイルでカッコ良くキメる!

とりあえず「食わず嫌い」はヤメて、一度馬に乗ってみることからはじめましょう。多くの乗馬クラブで「体験乗馬」として、初心者向けの手軽なプランを用意しているので、インターネットなどで検索してみると良いでしょう。服装は、汚れても良いカジュアルなものでOKです。間違ってもスーツに革靴は避けましょう。穴のあいたジーンズやジャージで充分です。
慣れてくると、自分好みのスタイルでキメてみるのも楽しいかも知れません。ビシッと正装するのも良いですが、カウボーイスタイルなどもカッコいいですよね。日常と違った雰囲気を楽しめるのも、乗馬の魅力なんです。

ちなみに乗馬クラブは、基本的に会員制を採用しています。クラブによってシステムや料金などが異なるので、体験乗馬を楽しんだあとは、はやる気持ちをいったん抑えて、どのクラブに入るのかじっくりと比較検討をするのが良いでしょう。
政治家になろう〜市議会議員編〜
田舎暮らし
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
今からチェックするクールビズ
口呼吸は危険がいっぱい!
健康的な外食を!ドクターズレストラン
おいしい水を探しに行こう
マンネリ解消!クルージングデート
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
ヴィンテージカー値上がりランキング
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
「廃墟」の魅力を解く
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
ちょっと知的に歌舞伎鑑賞

北海道和種でアドベンチャーを!

勝スポ的にオススメしたいのは、遠乗りができるクラブです。狭い日本、特に都市部では立地に制約があるクラブがほとんどです。クラブ内の馬場だけではなく、野外で思いっきり馬に乗れるクラブ主催のツアーなどに参加すれば、乗馬の醍醐味を心ゆくまで味わうことができるでしょう。

遠乗りの中でも、究極ともいえるプランを用意しているのが、国立(くにたち)乗馬クラブです。入会して1〜2ヶ月のビギナーでも、自然が豊富に残る多摩川上流を馬に乗って冒険することができるんです。道なき道をゆく、まさにアドベンチャーというべきツアーなのですが、なぜこのようなことがビギナーにできるのでしょうか?
その秘密のひとつが、馬の種類にあります。一般的な乗馬クラブでは、サラブレッドによる乗馬を提供しているところが多いのですが、国立乗馬クラブでは日本の在来馬である「北海道和種」という、いわゆるドサンコを多く採用しているのです。
国立乗馬クラブ