日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
江ノ島デートスポット

大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?

人とは違った趣味にチャレンジ!

「ありきたりではなく、ちょっと個性的な趣味に挑戦したい!」…という勝ちスポ読者にオススメなのが乗馬です。「馬」と聞くと、乗馬は敷居が高いというイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。欧米では日常の足としての文化があったせいか老若男女に親しまれていますが、日本ではジャケットなどで正装する競技乗馬など、特別な人がやるスポーツだという認識が一般的なようです。

でも一度でも馬にまたがってみると、その魅力の虜になる人は意外と多いんですよ。馬上で揺られながら、いつもよりちょっと視点が高い風景を見ているだけでも、特別なムードを味わえます。馬と一体になって、風を切りながら疾走すると、気分はもうサイコーなんです! 
また最近は乗馬による健康の維持や、ダイエットの効果が注目されています。そういえば乗馬を趣味とする人は、スタイルが良い人が多いですよね。お腹や腰周りの肉が気になる人は、ぜひともチャレンジしてみましょう。
乗馬
江ノ島デートスポット

世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
世界遺産に触れよう!
ベストセラー作家を目指してみる?!
大人のホビー「高級ラジコン」
知っているようで知らない確定申告
男だって紫外線対策!
これはアートだ!デザインバーコード™
お正月の風物詩:凧揚げ
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
美味を生み出す魔法の器-汽鍋-
3Dゲームマシン
モナコの楽しみ方
いざ!UMA発見の旅へ!
留学・駐在・起業…「大連」の魅力とは
カウボーイスタイル

自分のスタイルでカッコ良くキメる!

とりあえず「食わず嫌い」はヤメて、一度馬に乗ってみることからはじめましょう。多くの乗馬クラブで「体験乗馬」として、初心者向けの手軽なプランを用意しているので、インターネットなどで検索してみると良いでしょう。服装は、汚れても良いカジュアルなものでOKです。間違ってもスーツに革靴は避けましょう。穴のあいたジーンズやジャージで充分です。
慣れてくると、自分好みのスタイルでキメてみるのも楽しいかも知れません。ビシッと正装するのも良いですが、カウボーイスタイルなどもカッコいいですよね。日常と違った雰囲気を楽しめるのも、乗馬の魅力なんです。

ちなみに乗馬クラブは、基本的に会員制を採用しています。クラブによってシステムや料金などが異なるので、体験乗馬を楽しんだあとは、はやる気持ちをいったん抑えて、どのクラブに入るのかじっくりと比較検討をするのが良いでしょう。
ヒット商品の秘密はこれ?黄金比の謎
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ
彼女との距離も縮まる?冬の花火!
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
温泉情緒を満喫〜四万温泉
生誕10周年!キシリトールの謎は解けた!
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
トライアスロンをしよう!
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
パリ・メンズファッションレポート
都心に広がる天空 セレスティンホテル
男一匹、観劇する
パーソナルコーディネートで変身!
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを

北海道和種でアドベンチャーを!

勝スポ的にオススメしたいのは、遠乗りができるクラブです。狭い日本、特に都市部では立地に制約があるクラブがほとんどです。クラブ内の馬場だけではなく、野外で思いっきり馬に乗れるクラブ主催のツアーなどに参加すれば、乗馬の醍醐味を心ゆくまで味わうことができるでしょう。

遠乗りの中でも、究極ともいえるプランを用意しているのが、国立(くにたち)乗馬クラブです。入会して1〜2ヶ月のビギナーでも、自然が豊富に残る多摩川上流を馬に乗って冒険することができるんです。道なき道をゆく、まさにアドベンチャーというべきツアーなのですが、なぜこのようなことがビギナーにできるのでしょうか?
その秘密のひとつが、馬の種類にあります。一般的な乗馬クラブでは、サラブレッドによる乗馬を提供しているところが多いのですが、国立乗馬クラブでは日本の在来馬である「北海道和種」という、いわゆるドサンコを多く採用しているのです。
国立乗馬クラブ