日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

おしゃぶり8000円! 勝ち組のベビー服

セリーヌのロンパース、エルメスのよだれかけ

今は少子化の時代。子ども1人にかけられるコストは上昇し、ベビー服にも大人顔負けの高級品が登場、お父さんのシャツより高いロンパースも珍しくなくなった。最近は国内外の多くのブランドがベビー〜キッズのラインを用意しており、生まれてから死ぬまで、同じブランドを着るなんてこともできるのだ。

ベビー向け商品をラインナップしている海外ブランドは多い。トラッドなブランドとしては、セリーヌが有名だ。セリーヌといえば、モノグラム模様のカバンなのだが、実は1945年の創業当時は、子供靴の専門店だったそうだ。なるほど子供服に力を入れていることにも納得できる。

セリーヌのベビー服は上品さがポイントだ。逆にいえば地味。白やベージュ、薄い青やピンクといった淡い中間色系統がほとんどで、国内の大手子ども服メーカー、ミキハウスの商品が原色を使ったカラフルな商品が多いこととは正反対だ。

こんなのが何で何万円もするの? と男親は思ってしまうが、実際に手で触るとわかる。それはまさに天使の手触り。マイクロファイバーかと疑うような柔らかさなのだ。フォーマルなドレス(もちろんベビー向け)もあって、赤ん坊を天使のように着飾ることができる。さすが高級ブランドのセリーヌである。

同じく色使いが地味なのはエルメスだ。大人向けの商品が非常にカラフルなのに対して、ベビー用品はとにかく地味。地味だが、ベビーエプロン(よだれかけ)が7000円台と値段は一人前。シューズも沢山出している。

セリーヌもエルメスもタオル類が充実しており、出産祝いとしてそうしたタオルを贈る人が多いようだ。
京都を散歩するならさんぽす

食欲増進にもいい人気の和風リキュール
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
ウワサの「炭酸泉」
健康的な外食を!ドクターズレストラン
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
タイムスリップ感覚で下町デート
使える護身グッズはこれだっ!?
優しい香りに包まれて心を癒そう!
株価予想ソフトDream Catcher
アメリカのエコライフとは?
グッドなデザイン、集めてみました
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
ギターキッズたち永遠のあこがれ フェンダー
パリ・メンズファッションレポート
made in japan
60's−80's「大人のROCK」入門ガイド
バーバリー

親子2代でブランドを楽しむ

イギリストラッドの代表、チェック柄でお馴染みのバーバリーもベビー服が有名だ。バーバリーのラインアップは広く、衣服はもちろん、靴、ぬいぐるみなどのオモチャ、バーバリー柄のおくるみもある。べビーウェアにも、ひと目でバーバリーと分かるバーバリー柄が使われているので、親子のペアルックも楽しいだろう。

ラルフ・ローレンはポロのマークがポイント。こちらはアメリカントラッドの代表格。スポーティで元気な、子どもらしい服が多い。ラルフ・ローレンといえば、ポロシャツやラガーシャツだが、ベビー向けにどちらもラインナップ。女の子向けもあるので安心だ。ビビットな色使いを楽しめる。

クリスチャン・ディオールのベビーラインがbabyDior(ベビーディオール)。ベビーディオールは服から小物まで何でも揃っているのだけれど、ブランド大好きママさんたちの間では、なんといっても、ここの哺乳瓶とおしゃぶりが大人気なのだ。おしゃぶりの表面には、Diorのロゴがビッシリ描かれている。男親の目から見ると、育児を別の次元に連れ去るインパクトがある。しかも、おしゃぶりには専用ケースが付き、8000円もするのだ。赤ん坊の口が腫れてしまわないか、心配になる最高級おしゃぶりである。
クリーニングの最新事情を見極めろ!
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
定番だからこだわるジャケット・コート
デジカメ入門と銀塩カメラ
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
滋養強壮!?サプリメントライフ!
シンガポールでゴージャスデート
女性を夢中にする ホースライディング
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
オリジナルの「署名」にこだわる!
カッコいい、頼もしい、頑丈な金庫
ドミノの世界
満天の星空を我が家に!
「廃墟」の魅力を解く
よみがえる古代ロマン 恐竜
季節を体感、満喫デート

愛子様とご一緒の皇室御用達

皇室御用達とは、明治以来、宮内庁に納品する業者に与えられた呼び名で、昭和24年に制度そのものは廃止されたが、現在も皇室の方々がご利用されている品々、という意味で使われている。皇室御用達は品質・信頼・恒久性を高いレベルで満たす、日本における最上級の称号だ。

ベビー関連商品にも皇室御用達は多い。ファンシーな布玩具で有名なベルギーのリリビュション社、1880年に世界で初めてぬいぐるみを量産したシュタイフ社、ジバンシィのベビーラインであり愛子様ご愛用として知られる、タルティーヌショコラなどがよく知られている。
 
中でも、皇室御用達のベビー服として、ママなら誰でも知っているのが神戸のファミリアだ。トレードマークのクマの刺繍は、高級ブランドの証。美智子皇后が皇太子をご出産された時も、皇太子妃が愛子様をお産みになられた時も、ベビー服はファミリアだったそうだ。富裕層のママたちの間では、出産祝いに、愛子様と同じファミリアを贈るというのは、ちょっとしたステータスなのである。

ファミリアは1950年創業の老舗アパレルで、ベビー用品の草分けとして知られている。手縫いのヨダレ掛けや産着から始まった同店は、今では入園・入学式、卒業式の晴れ着やスキンケア用品、子どもとコーディネートできるお母さんたちの洋服、幼児用家具まで幅広くラインナップしている。そして、このファミリアで扱っているベビーカーが、マクラーレンである。
ファミリア