日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

ビルウォールレザーのシルバー、レザー

今回、紹介するのはBWL(ビルウォールレザー)のシルバーアクセサリーとレザー商品。

1985年、アメリカ マリブにてシルバーアクセサリーとレザーウェアの専門ブランドB.W.L(ビルウォールレザー)がスタート。
シルバー界最後の巨匠と言われるビルウォール。アメリカマリブのファクトリーにて作られる彼の作品は、最高級のレザー、高品質な貴金属や宝石のみを使い、洗練されたデザインによって独特の世界を表現している。

現在数多くのデザイナーがワックスを使い、形成型が彫られている中で、ビルは直接金属に彫刻できる数少ない本物の職人である。全てのBWL製品はその最高の気品と品質を維持する為、デザインから製作完成まで彼の厳しい品質管理の元で一貫してマリブのファクトリーにて行なわれている。そんな職人気質あふれるビルのもとで技術を学んだ者の中には、故ガボール、ギヨーム、トラヴィスなど、超大物たちが名を連ねる。自然に恵まれたマリブで創作活動するビルの作品には、フィッシュフック(釣り針)や波など彼の愛する海に関するモチーフが多く、近年ではゴシックテイストやスカル、アニマルなどデザインの幅を広げている。

そんな彼の作品に魅了されたミュージシャンや俳優など有名人の愛用者も多い。アクセルローズ、エリッククラプトン、エリザベステーラー、ニコラスケイジ、クリスチャンスレーター、タイラバンクス、リブタイラー、ガブリエルリース、イライジャウッド、ラードハミルトン、ZZトップなど。

日本でも速水もこみち、加藤晴彦、伊藤秀明、前田恒輝(TUBE)、藤原紀香、加藤明日美、安良城紅など多数愛用している。中でも加藤晴彦、藤原紀香の二人は、本人のリクエストによるオリジナルモデルをリリースしているほどの熱烈なファンである。

オーダーできるものは、シルバー製品とレザー製品。この二つの製品はオーダーの仕方がやや違う形になっているので、順を追って説明しよう。
ビルウォールレザー
上野を散歩するならさんぽす

悦楽のイタリアンスクーター
確定申告の基本
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
異国の“味”がつまった民族楽器
特上キャビア丼!国産キャビアは美味絶品
血はバラの香り! 香水ガム「オトコ香る。」
美味を生み出す魔法の器-汽鍋-
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
基礎代謝アップで寝ているだけで減量!?
大人の科学 「大人のための科学キット」
アートとしての青白磁、その美の魅力
僕らは、貯金箱の快感が忘れられない!
知らなきゃソン!? “レーシック”
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
紅葉と癒しの高級旅館
海外流ビールの楽しみ方
ビルウォールレザー

シルバーのカスタム

お客様のイメージの絵を起してショップに来店(日本国内の直営店は数店舗だが有名なところでは新宿伊勢丹メンズ館2F)
             ↓
ショップ店員との打ち合わせ         
             ↓
ショップ店員が本部に持ち帰り、デザイナーにカスタムメイドの依頼            
             ↓
イメージ図をデザイナーの手によっての商品化の為の設計図の作成と同時に見積もり開始
             ↓
無事に商品化が決定
             ↓
お客様に再度ショップに来店してもらい、商品化のデザインの確認と見積もり額を伝える
             ↓
お客様が納得したところでアメリカの本部の工房に作成依頼
            ↓
作成はビルウォール本人の厳しい管理の元、デザインから製作、試験、完成までをマリブの工房で一括して行う
             ↓
最後の工程の刻印は彼の手により金属に直接彫りこむ(他のブランドのほとんどはワックスを使い形成型が彫られている) 
             ↓
出来上がったら日本に送り、お客様に連絡、来店してもらい確認(ここで手直し部分があったらまたアメリカに依頼)
             ↓
お客様の了解が出た場合商品の受け渡し

このような工程を経るが、ビルの場合、地金から作る事が多いし、細かい所(ウオレットチェーンの繋ぎの部分が捻れない等)へも心配りをするのでオーダーからは2〜3ヶ月かかることはざら。ただ、2〜3ヶ月待つことで、高品質なものが自分のデザインで出来上がることを考えると興奮を覚えるはずだ。
今はクルーザーがモテる時代!
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
京町家で味わう和モダンの粋
日本で食べる最高のフレンチ ロオジェ
今年の夏はビーチバレー
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
愛と夢が凝縮された「キャラ弁」の世界
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
「いまどきラジオのススメ」
そろそろ日本の男性も肥満をまじめに考てみよう
「サイエンスカフェ」で頭脳を磨く
オリンピック観戦ついでのイタリア
大人の男はシングル・モルトを極める
躍進する27歳社長のこだわりとセンス
知っているようで知らない確定申告

レザーのカスタム

例えば、何もデザインされていない商品(レザーブルゾン等)を購入する場合、値段はブルゾンで15万円〜。
ボタン、Art Work、Collor Leatherを自由に選んでオーダーする事もでき、その場合の値段は選ぶものよって変わる。別枠としてフルオーダーもあるが、値段は余裕で40〜50万は超えてしまう。重量も重くなるので、着るというよりは、飾っておく方が良いかも?

このブランドはホントウに品質が確かなだけでなく、アフターフォローを大事にしているので、カスタムモノを考えるならば間違いない!!と言い切れるだろう。
ビルウォールレザー