日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

ワンセグ放送を楽しめ

ワンセグ放送は
地上波デジタルのモバイル版

2006年4月についに始まったワンセグ放送の本放送。そもそも、この「ワンセグ」という言葉は何を意味しているのだろうか? 地上デジタルTV放送ではその1チャンネルあたりの帯域を13個の部分に区切っている。ハイビジョン放送(HD)はそのなかの12セグメント、通常画質放送(SD)は4セグメント、そして、モバイル機器向けの放送に1セグメントが割り当てられる。「ワンセグ放送」とは、この1セグメントを使った放送の名称で、地上波デジタル放送の一部なのだ。通常放送(SD)の1/4の帯域しかないため、映像の圧縮には高度な圧縮が可能なH.264が使われ、解像度は320×240ドットのQVGAサイズとなる。著作権保護技術は、通常放送のような映像自体を暗号化(俗に言うスクランブル)する高度な技術ではなく、CCI(copy control information)によるコピー制御が採用されている。放送はサイマル放送で、当初は地上波と同じ番組を同時に流すことになる。なお、現時点では地上波デジタル放送自体もサイマル放送をすることを義務づけられている。

関連リンク:地上デジタルTV放送:総務省
地上デジタルTV放送:総務省
京都デートスポット

相撲を楽しんだあとは“ちゃんこ”を満喫
今宵は誰と頬張る?あったか「おでん」
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
雑穀で健康ボディ
今話題の、宮廷料理を楽しもう!
MNP、3.5世代携帯電話って何?
優しい香りに包まれて心を癒そう!
スーパー健康法 バナナ酢
彼女連れの時のとっておき!
推理で謎を解決!名探偵になりきろう
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
大人のための社会科見学のススメ
至高の酒・シャンパンを楽しむ
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
D-Pa:地上デジタル放送推進協会

ワンセグの
メリットとは?

デジタル放送はワンセグでこそメリットがあると言ってもいいかも知れない。現在、アナログ放送向けTVチューナー内蔵のノートパソコンやアナログ放送向けTVチューナーカードは数多く販売されているが、残念ながら、これらはあまり戸外で実用的に使うことはできなかった。なぜなら、外付けアンテナでは十分な受信感度が得られないからだ。それでも、アナログ地上波対応TVチューナー搭載のパソコンが売れるのは、室内で普通の地上波アンテナに接続して使う人が多いからだろう。つまりはTV受信機代わりになっているわけだ。しかし、デジタル放送になると、戸外などでも、実用的な感度で電波を受信できるようになる。つまり、モバイルパソコンでTVを見たり、録画をしたりすることが実用的になるわけだ。当然、パソコンだけではなく、携帯電話やPDAなど、より小型のモバイルデバイスであれば、より楽に持ち運んで、どこでもTVを見ることができるようになる。ワンセグ放送はモバイル機器でTVを見るという新しい市場を広げてくれる可能性を持っている。
地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
憧れの高級車が数万円から!?
茶の湯を覚えて女の子からモテモテに!
日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
サステナブルなエコロジーグッズ
神仏に出会う霊場巡礼
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
魅惑のラオス。ルアンパバーンぶらり旅
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
ゴルフの「醍醐味」は名コースにあり!
未来型携帯電話
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!
ヘリコプタークルージングで眺める極上の夜景
下関でふぐを食べつくす豪華旅行

携帯電話で
ワンセグ放送を楽しむ

我が国でもっとも普及しているカラー液晶を搭載したモバイルデバイスが携帯電話だ。この携帯電話では、ほとんどのキャリアがワンセグ対応端末を発売、あるいは発売予定している。もっとも最初に登場したのがauの「W33SA」だ。これは2.4インチ液晶を搭載し、ワンセグに加えアナログTV、FMラジオの受信にも対応しているマルチな端末。この後に登場した「W41H」も同じくauの端末。この種の先進的な機能はauが強いのだろうか?

 W41Hは、2.7インチのワイドな液晶を搭載し、3時間45分という長時間の視聴が可能なワンセグを楽しむにはうってつけの端末。最大約30分間の録画機能も搭載している。ドコモからは、901シリーズのバリエーションとしてP901iTVが発売されている。ワンセグ放送の3時間の視聴が可能で、内蔵メモリに30分の録画ができる。また、アナログ放送にも対応している。画面サイズは2.5インチになる。これら3つを比較すると、総合的には大差ない性能と言えるだろう。先進技術を詰め込んだ端末なので、自ずとスペックも似てくるのだろう。これらに続いてボーダフォンもワンセグ対応端末905SHの発売を予定しているが、これはディスプレイが90度回転するという特徴を持っている。
W41H