日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

男はワイルドに!〜ハンティング〜

日本でハンティング(狩猟)をするには?

 ハンティング(狩猟)には、山や川、海、湖といった自然を満喫しながら鳥獣と出会う楽しみ、獲物を狩る楽しみ、そして、捕った獲物で季節を味わう楽しみなどがあり、その奥深さが大きな魅力!!!「興味はあるけれど……」といいつつ「ハンティングなど難しくてできないだろう」と躊躇し、諦めている方も多いのでは?勝スポ読者の皆さん!勇気を出して、男らしく?ワイルドにキメて、ハンティングに一度チャレンジしてみませんか?

 日本でハンティングを行うためには、まず狩猟免許を取得しなければなりません。たとえば、網やわなの場合、「網・わな狩猟免許」、ライフル銃、散弾銃の場合「第一種銃猟免許」、空気銃>、ガス銃の場合「第一種または第二種銃猟免許」が必要となります。この狩猟免許>は、全国どこでも有効です。猟免許は、毎年県が実施する「狩猟免許試験」に合格すれば、狩猟免状が交付されます。試験内容は、適正検査、知識試験、技能試験です。

各地域で、猟友会主催の「試験突破講習会」などが開催されています。これらの講習会に参加し、仲間を作り、皆と一緒に楽しく学び、免許を取得しちゃいましょう!なお、「狩猟免許試験」に合格し、狩猟免状が交付されても、狩猟をしようとする場合、狩猟する地域を所管する知事に申請し、狩猟者登録を受ける必要があることをお忘れなく……。

関連リンク:
大日本猟友会
社団法人「東京猟友会」
大日本猟友会
横浜を散歩するならさんぽす

日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
「走るリビング」高級キャンピングカー
サッカーチームを持とう
男の癒しバスタイム
中国ビジネスの鍵はニセモノ対策!?
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
温泉で身も心もポカポカデート!
ゴールデンウィークの過ごし方
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
洗顔&シェービングで男を上げる!
大人の男はシングル・モルトを極める
おしゃれ愛犬グッズで充実ドッグライフ
一杯1500円のうどんを食べてみた
靴の宝石ベルルッティで最高の一足を
泳ぐ芸術品「錦鯉」を育てよう!
温泉情緒を満喫〜四万温泉
ハンターになるためには

ハンティングのルールを守ろう!

 ハンティングを楽しむためには、まず、そのルールを理解しておくことが大切!「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により、野生鳥獣は原則として捕獲が禁止されていますが、狩猟鳥獣については、狩猟者が法律に定められた猟具を用いて捕獲することができます。狩猟の対象となる狩猟鳥獣は、環境大臣の告示により、キジ、マガモ、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ等の狩猟鳥28種とタヌキ、イノシシ、ヌートリア、ミンク等の狩猟獣20種が指定されています。

 また、狩猟に使える猟具も決まっています。狩猟鳥獣を捕獲するために使用できる猟具は、環境省の告示により、銃器 装薬銃(ライフル銃・散弾銃)、空気銃(圧縮ガス銃を含む)、その他ガス力により弾丸を発射する銃器、むそう網、はり網、つき網、なげ網、くくりわな、はこわな、はこおとし、とらばさみ、囲いわな(囲いわなの場合、農業者又は林業者が事業に対する被害を防止する目的で設置するものを除きます)と定められています。

 狩猟場所は、法律により、鳥獣保護区、休猟区、公道、区域が明示された都市公園等、社寺境内、墓地、自然公園の特別保護地区、原生自然環境保全地域で禁止されています。

関連リンク:ハンターになるためには
体験!発見!ジビエ料理の世界
世界一の高層ビル“台北101”登頂
ドライビングシューズを履きこなそう!
男が作る燻製
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
生ジュースでフレッシュな毎日を!
ガンボってなんだ?食ってみよう。
脳の衰えを防ごう
口呼吸は危険がいっぱい!
日焼け止めをきわめよう!
古今東西・ソファーいろいろ
紅茶の楽しみ方
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
本当の勝ち組は健康自己管理から
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!

注意したいこと……

 狩猟を楽しむにあたっての注意事項は、いくつかあります。統計によると、ベテランほど、事故が多いとか。初めてハンティングを経験される方は、基本に忠実に!そして、慣れてきても「初心忘るべからず」……です。

 また、猟銃の取り扱いには細心の注意(矢先の確認・同行者の行動確認、移動時の脱砲)が必要です。発射する際は、方向を十分に確認し、発射の直前まで実包を装填しないようにします。発射する必要がなくなったら実包を抜きます。また、発射する時以外は、用心がねに、指を入れないようにしましょう。

 「うっかり……」が大変な事故に繋がります。銃や実包などは、自動車内などに放置しないように!また、猟場等においては、目立つ服装をするよう心がけましょう。当たり前のことですが、甲種猟具には標識をつけること、犬は必ず連れて帰ること、ゴミは必ず持ち帰ること、捕獲の禁止ルールを守って無事故、無違反に努め、ハンティングを楽しみましょう!

関連リンク:狩猟のルール
狩猟のルール