日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ベストセラー作家を目指してみる?!

夢のまた夢、印税生活

ベストセラー作家になって、夢の印税生活をしてみたい。そんな風に思ったことのある人は多いのでは?もちろんあなたにだって不可能なことではありません。あなたがいい意味でも悪い意味でもメディアを騒がせるような有名人になれれば。そうすれば、どんな本を書いてもそこそこ売れます。それが、一番確実な方法です。

山口百恵『蒼い時』、坂東英二『プロ野球知らなきゃ損をする』、二谷友里恵『愛される理由』、ビートたけし『だから私は嫌われる』、ソニーの出井伸之『ONとOFF』、元ライブドアの堀江貴文『稼ぐが勝ち』などのビジネス本がベストセラーになっている現実をみれば、わかりやすいですね。中でも黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』は、700万部を超えています。出版不況のこの厳しいご時世、無名の人が書いた本など誰も買ってはくれません。ライターの強い個性、非常にユニークもしくは過激なタイトル、時世に合った内容もしくはこれまで公表されていないような内容など、メディアに注目してもらえる“決定的要素”が必要なのです。

関連リンク:八重洲ブックセンターベストセラー
八重洲ブックセンターベストセラー
京都を散歩するならさんぽす

マッサージマシンでリラックスしよう
イタリア モテる男の条件は手料理!
バレンタインデーの過ごし方
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
悪化する治安から身を守れ!防犯対策
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
日本の夏参加宣言!祭りを体で感じよう
ラフティング これぞ自然のウォータースライダーだ!!
あなたの為に世界に一つだけの花
本物ゆえに味わいがある、甘味を食す!
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
「カナル型イヤフォン」ってどう?
オシャレのエアポケット、ベルトに注目!
アクアエクササイズでヘルシーボディ!
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
文藝春秋

文学賞を取る

有名人ではないあなたにもう一つ確実な方法があります。文学賞に受賞し、著名作家の称号を得るのです。文藝賞の山田詠美『ベッドタイムアイズ』、芥川賞の綿矢りさ『インストール』、辻仁成『海峡の光』、直木賞の高村薫『マークスの山』、司馬遼太郎『梟の城』など。これらは昔からある有名な文学賞ですが、最近では新しいタイプの文学賞も生まれています。オンライン上で作品を募集するYAHOO!JAPAN文学賞や、「10分で読める小説大賞」というあさよむ携帯文学賞など。新潮社では、女性による性をテーマにしたR-18文学賞があります。そのほかにもさまざまな文学賞があり、次々と新しい作家を誕生しています。受賞作品は、出版社がすべての費用を負担し、販売活動を積極的に行ってくれ、印税も大いに期待できます。

じゃあ、なんだ。無名で文学賞を受賞できなければ本を出版できないのか?という怒りの声が聞こえてきそうですね。いいえ、そんなことはありません。本はだれでも出版できます。お金さえ払えば、自費出版という手が。

関連リンク:文藝春秋
第133回天皇賞特集
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
今こそ侍 SAMURAI!
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
休日はドッグランで愛犬とリフレッシュ!
モテるバイクはスタイルで選ぶ!
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
そうだ、宇宙に行こう!
アートとしての「磁性流体」
旅行ついでに人間ドック!PETとゴルフ?
海外流ビールの楽しみ方
紅茶の楽しみ方
知的空間で、最高の仕事を!
アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!
人のために役立つこと〜パピーウォーカー
サービスエリアの新名物、速弁がうまい!

自費出版はピンからキリまで

なにをかくそう、私は企画出版あるいは共同出版という名目の自費出版をした経験があります。文芸社から1000部168万円。毎日新聞に広告も載せてもらいましたし、電子出版も含まれていました。数社に原稿を送り、その中で一番契約内容と料金が妥当だと判断したところに決めたのです。同時に、S社から500部130万円、T社から700部130万という見積もりをもらいました。会社によって金額にばらつきがありますが、自費出版しようとすると、だいたい100万以上はかかると思ってください。

増版したか?ですって。とんでもない。そんなに世の中甘くはありません。身内を含む、自分の知る限りのすべてのルートを使って営業したつもりですけれどね。同じように自費出版した人を何人も知っていますが、やはりみな苦戦したようです。

売れるためにはなにが必要なのか。人脈をどれくらい持っているかにかかっているともいえます。自分の信者がどれだけいるか。宗教法人の教祖様の本は売れているのは納得せざるをえません。数多くの信者がいるのですから。

関連リンク:文芸社
文芸社