日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

めんそーれ、石垣島

本島よりもやっぱり離島でしょ

夏といえば海。そして日本で海といえば、やっぱり沖縄。世界中の有名ビーチを見てきた人でも、沖縄が一番美しいと絶賛する人も少なくない。ハワイにしろ、タヒチにしろ、どこの国の島でも、やはり本島よりも離島のほうが海の鮮明度が高く、空の青さも増す。交通の便は悪くなっても、どうせ行くならより離島まで足を運びたいものだ。

日本の南端に、台湾との国境沿いに点在する島々、八重山島諸島がある。その主島である石垣島は、ハワイ・ホノルルとほぼ同じ緯度にあり、亜熱帯(緯度20°〜30°の低緯度地域を意味し、熱帯に次ぐ気温の高い地域)の島。本島、西表島に次いで3番目に大きく、八重山の人口50,000人のうち約46,000人が住む。この島の魅力は、なんといっても本土よりも美しいビーチ。サンゴ礁の海は、ハワイなどとは比べものにならないほど美しいことで有名である。そんな素晴らしい海を、東京から直行便を利用すれば、4時間ほどで見にいける。

 グレートバリアリーフの汚染問題に限らず、世界中の海で自然破壊が進んでいる。手遅れになるまえに、美しい石垣島の海を一度みておいたほうがいい。

関連リンク:美ら島物語
美ら島物語
横浜中華街おすすめ食べ歩きマップ

あの人の思い出をいつも〜骨壷の事情
レトルトカレーを極める
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
テーマレストランで楽しいデート
ユニバーサルデザインの現在
ファイヤーキングをコレクションする
そうだ、宇宙に行こう!
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
男のこだわり!氷山の氷でオン・ザ・ロック
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
究極のエコレジャー・シーカヤック
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
レアもの発見 B級お宝発掘入門
宮良川観光

日本百景の美しさに、天然記念物

石垣島は、3時間もあればドライブで一周できてしまうほどの大きさである。つまり、名所全部を1日でまわってしまうことも可能だということだ。この島で、あくせく観光スポットをまわることを目的にしてはつまらない。とにかくゆったりした時間を楽しむに限る。お気に入りのスポットを見つけたら、そこでのんびり過ごしたい。

観光スポット文句なしのナンバーワンは、川平湾(かびらわん)。石垣島随一の景勝地で、国指定名勝地に県内で唯一選ばれている。この美しい海の色は、光の加減によって1日7色に変わると言われている。遊泳は禁止となっているが運航されており、湾内のサンゴ礁や熱帯魚などを見ることができる。ここに生息するサンゴ礁は、なんと250種類にもおよぶ。

さらに見逃せないのが、石垣島最大規模の宮良川(みやらがわ)。ここのひるぎ林(マングローブ)は、国指定の天然記念物に指定されている。カヌーをこぎながら、ゆったりながれる時間をすごすのがいい。初心者用のカヌーがあり、小学生からでも体験できる。同じく、吹通川(ふきどうがわ)にも、マングローブが生い茂っており、カヌーによるエコツアーが人気を呼んでいる。どちらの川でも、他ではなかなか見ることのできない、珍しい動植物が観察できる。探険家のような気分を味わいたい人には、ナイトカヌーもおすすめだ。

関連リンク:宮良川観光
女性の魅力満載のベリーダンス
デキる男の姓名判断活用法
男はワイルドに!〜ハンティング〜
セーヌ川にビーチが?パリ・プラージュ
ボートハウスで愛車と生きる
あぁ、美味しいプリンが食べたい!
寒い冬こそ“お取り寄せ”!
最新の生活様式“ロハス”を知ろう
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
古くて新しい「古書」売買が今熱い!
健康のために求められる「自然食」
彼女との距離も縮まる?冬の花火!
シーズン到来!タラバガニを食べよう
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
ゴルフの「醍醐味」は名コースにあり!
男だったら肉を食え!

世界的に有名なアオサンゴ群落

石垣島の暮らしを感じたい人は、赤瓦屋根の家が多く残り、素朴なたたずまいが特徴的な白保集落を訪れたい。椎名誠監督の映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」のロケ地になったことで有名になった。ここには、5ヶ所の御嶽(おん)と呼ばれる、地元の人にとっての神の聖域がある。そのほとんどが、イビ(自然石)と香炉が置かれただけの空間なのだが、簡単にいうと沖縄の神話や祖先神を祀ってある大事な場所である。なんと八重山全体では、190ヶ所にもおよぶ。八重山には、昔から受け継がれている伝統を重んじる。神事・祭事なども多く、行事によっては、集落外の人にはオープンにされていない。

白保の海には120種以上のサンゴ、300種以上の魚類が生息する。国際自然保護連合による調査によると、ここのアオサンゴ群落は、北半球最大で最古であるとされている。他に類がない、不思議な形、最大級の大きさ、光り輝くサンゴなど、さまざまな種類がみられる。シュノーケリングでその様子をみることができるのだが、とにかくこの自然の賜物は言葉では表現しがたい!

関連リンク:白保観光サービス
白保観光サービス