日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

あの勝ち組社長のブックマークに習おう

エグゼクティブが明かすインターネット活用術

インターネットには情報が氾濫している。なにかひとつのキーワードから検索しても、すぐに数万、数十万のページにヒットする、玉石混交の世界だ。
そんな中から信憑性があり、有益な情報だけを手にするためには、どうしたら良いのか? 答えは簡単。信用ある人間のブックマークを盗めばいいのだ。
各界の成功者たちが実際に活用しているホームページ。日常的に情報に触れている彼らが選んだホームページなら、信用度も高いと言えるだろう。
情報管理は、今の時代で最も求められる能力のひとつだ。これから上げるブックマークは、社長たちの知恵袋的存在なのだ。あなたの生活にも活きる場面がきっとあるはず。ビジネス、遊び、恋愛と、公私にわたって活用してほしい。便利な検索性と高い情報性に「こんな便利なページがあったのか!」と、驚くことは間違いない。
IT、サービス、プログラミング。各分野の勝ちスポ読者は必見だ!
横浜を散歩するならさんぽす

ニュージーランドのボート特注
一度は体験したい!豪華寝台特急の旅
休みができたらプライベートリゾートへ
究極の「焼きいも」を探せ!
手軽にできるプチ出家体験 坐禅に挑戦
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
ニュージーランドに住んでみよう
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
一澤信三郎帆布に注目!
記録的寒波。辛いモノで内から打ち勝て
発明でどーんと稼いじゃおう!
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
デキる男の最新ビジネスツールとは
カプセル内視鏡 一錠10万円?医療を変える小さな技術
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
究極のフィッシング「マグロ釣り」!

欠かせないのはニュースサイト
いつでも、どこでも、最新情報

東京都在住のK氏(35歳♂、web製作会社社長)は、多忙を極めるスケジュールの中で世間の情勢に遅れないために、新聞よりもニュースサイトを活用している。「経済や社会に関係する情報は、ひとつのニュースソースに片寄ると危険なんです。ウェブは様々な情報を比較検討するのに便利なんですよ(参考:RSSナビ日系NETexcite)」と語る。彼はビジネスに関係する情報を、秘書に命じて複数のニュースサイトから抜き出させ、メールに添付して携帯端末に送らせているのだという。「新聞を広げて比較するのは手間ですが、テキストならそうした情報管理に欠かせない煩雑な作業も、移動の合間に行えます」。

横浜市在住のH氏(28歳♂、会社役員兼プログラマー)は、ウェブで相場の動きをチェックしている。「スピードが最も重視される世界なものですから、常に情報から離れないようにしています。証券取引は、動きがあったらすぐに対応できるようにしておかないと、命取りになりかねません。株価のように、一所から発表された情報ならば、信用できるひとつのサイトで確認すれば十分だという。
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
勝ち組の為の結婚相談所
豪華おせちで新年を演出しよう
生ジュースでフレッシュな毎日を!
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
石鹸にこだわれ!
とっておきの高級ステーキが食べたい!
源泉掛け流し温泉に行こう!
クリスマスはどう過ごす?
愛車のお手入れ
世界標準!大人のテーブルゲーム
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
第73回日本ダービー特集
コンビニクーラーと扇風機どっちにする?
健康のために求められる「自然食」

業務に役立つホームページ、
ないしょで教えます

先述のH氏は、仕事がら「日本PHPユーザー会」のホームページをマメにチェックしているという。東京在住のN氏(34歳、会社経営♂)は、IT系の情報に特化したニュースサイト「IT Media News」の愛読者だ。「以前はこうした専門的な情報は、たとえば日経ダイヤモンドのような業界誌の定期購読で集めるか、独自の情報網が必要だったんです。それが今では手軽に入手できますからね。ただその分、少しでも情報収集をサボってしまうと、すぐに浦島太郎になってしまう危険もある。休みでも、情報からは離れられませんね」。
こうした専門的な知識だけでなく、汎用性の高い情報も、ウェブから拾うことができる。横浜在住のS氏(34歳♀、サービス業社長)は、経理を兼任する役職がら「経理初心者おたすけ帳」を活用している。「これが本だと、付箋を貼ったりコピーをとったり、ゴチャゴチャしちゃって管理しきれなくなっちゃいますかね。引用文をメール添付で従業員に送ってあげたり、使いやすいのも魅力です」。
紙の情報よりも場所をとらないし、検索が容易であること、随時更新が行われ、最新の情報が常に手に入ること。また、引用したり、メモを取る手間が大幅に軽減されることなどが、ウェブで情報を管理するメリットだと口をそろえる。