日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

ニューヨーカーのデートコースって?

ニューヨーカーのデートってどこに行くの?

「ニューヨーカーのデートってどこに行くの?」そんな疑問をお持ちの方も多いかと思います。
今回は、よく働き、よく遊ぶヤング・エグゼクティブのニューヨーカーのデートコースをご紹介しましょう。

アメリカはやはりスポーツの国。そして、デスクに向かって働いている人達が多いため、お昼のデートコースは、スポーツが圧倒的に多いです。アメリカでは、男性だけでなく、女性も鍛えることに気を抜きません。彼女達は引き締まった体をキープするために、男性並にスポーツする人もいます。アメリカのセレブ界では、鍛えたボディーは当たり前。実際、一般人にもこの影響が強くあり、特にエリートな人達ほどよくスポーツをしています。

ということで、スポーツは、もちろんデートコースの一つ。ここ何年か、スカッシュが話題になっています。テニスと違い、テクニックも要らず狭い場所で汗をかけるということからしても、ニューヨーカーに好まれるシティー派スポーツだとも言えます。でも、スカッシュは、どちらかというと、一部のエグゼクティブが好むスポーツ。コートは一般にオープンしておらず、会員制のスポーツクラブや、スカッシュ・クラブに入会しなければなりません。そして、ちょっと面白いスポーツとして、ロック・クライミングも人気です。こちらは、室内、室外があり、誰でも簡単に楽しめることが人気です。

その他では、ジョギング、サイクリング、テニス、冬ならスノーボード、スキーと、とにかく体を動かして発散させるというのがNYスタイル。平日も、週に2、3日スポーツジムに通ってて、週末もスポーツなのです。出来れば室外で、そして零下が続く寒い冬は室内で。そういうニューヨーカーが多いので、マンハッタンでは、スポーツをする為の設備は万全だといえます。
ロック・クライビング
お散歩するならさんぽす

くさい臭いは元から断つ! 体臭の正体
満天の星空を我が家に!
日曜大工にトリトンワークセンター! プロ並の仕上がりを
大きいパネライにかわいいAIBO
金沢でしっとり大人のデート
GWはモーツァルトで熱狂しよう!
クラシックコンサートへ行こう!
生ジュースでフレッシュな毎日を!
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
ららぽーと豊洲体験レポート!
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
ペーパークラフトに没頭しよう!
すわ!地震 そのときに!
今が買い時!「携帯の良番」
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニー

そして、お昼はいろんなレストランでブランチを楽しみます。

オシャレなカフェでブランチは、週末の楽しみとなっています。ニューヨークの女性は、料理はしないんですかって?それが、こちらでは女性もよく働くので、普通のニューヨーカー女性は料理を殆どしません。いつも、近所のスーパーで出来合いのものを買ったり、”To Go(出前)”で済ませます。それならまだしも、スーパーに行くのも面倒くさい!という人も多く、そんな人達の強い味方、”フレッシュ・ディレクト”。オンラインでオーダーし、材料や出来合いのものを配達してくれるというサービスが大人気です。意外とどれもおいしいのがありがたいです。

そんなニューヨーク女性、”週末なんてまして料理なんてしたくない!”という人が大多数なため、オシャレなカフェでブランチは、週末のうち1回は行ってしまいます。最近では一番話題の、ロウアー・イーストにある、”クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニー”でのブランチは、何と1時間30分以上待ち!祖先であるイギリス人は並ぶのが好きなのに対し、せっかちで並ぶことが嫌いで有名なニューヨーカー。それでも、週末だし、話題だしということで、皆、日向でおしゃべりしながら待っていました。大体ブランチといえば、卵料理+ソーセージ+ホットケーキのセットで、痩せているアメリカ人も、日本人にとって、ものすごいボリュームの量を食べます。料金は全部で、大体一人当たり$20程がスタンダードです。
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
うさんぽ、してみる?
究極の酸素システム O2rich
鉄道模型はリッチマンの証
アジの干物作りにトライ!
野点で味わうジャパネスク
本当の勝ち組は健康自己管理から
焼き鳥屋:バードランドに迫る!
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
ヨーロッパの古城を持つ!
パワーストーンで願望成就!
新たな時代の男のキッチン
体に美味しいオリーブオイル
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
役立たずでも面白い! 検定に注目せよ

エッ、日光浴もあり?

日本人はしない日光浴も、欧米人にはとても人気です。ニューヨークだけでなく、ヨーロッパでも、日光浴は欧米文化の中で、とても好まれることの一つです。日本のように、美白ブームなどありません。日光浴をしながら日焼けも同時に楽しみます。

やはり、寒さが厳しい冬を越すと、太陽の存在がとても有難く思えて、ついつい日に当たりたくなってしまうとことに付け加え、なぜ欧米の人達が日焼けにはげんでいるかというと、それは一重に日焼けした肌はお金持ちの証という考えがあったからです。その昔、イギリスなどのヨーロッパ北部などをはじめとした国々では、一部の貴族以外皆貧乏でした。つまり、地中海などの温暖な土地に旅行できるのはお金持ちの特権だったのです。 色白である彼らの中で日焼けした肌は、本当に稀にしか見られないぐらいでした。 実際のところ、夏にロンドンの公園で日焼けしようと思っても、お昼しか温かくなく太陽の日差しはとても弱い感じがしますので、こんがり焼けた肌は人々の注目の的だったのです。

映画に出てくるように、セントラル・パークや、ハドソン川沿いにある公園などに行き、とにかく、寒くない日はカップルや友達同士と芝生に寝ころがり、読書したり、おしゃべりしたり、お昼寝したりとゆっくり日光浴を楽しみます。もちろん、日焼け止めは塗らず・・・。