日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

ニューヨーカーのデートコースって?

サウス・シーポート

景色のいいところで、ストレス解消できるショッピングも・・・

やはり、週末はストレス解消にお買い物も定番コース。ただし、ショッピングといっても、5番街のような観光地だと、いつも旅行者で溢れかえっており、全然ストレス解消にならず逆に疲れてしまうので、お手軽にいけるオシャレなソーホーとか、ゆっくりしたい時はサウス・シーポートまで行きます。

そうそう、日本人にとったらデートでドライブは必ず出てきますが、ニューヨークにいる独身で車を持っている人は殆どいません。日中は地下鉄に乗り、夜はタクシーに乗るというのが日常です。日本のベイサイドにあるモールのようなところであるサウス・シーポートは、ハドソン川とブルックリン・ブリッジを見渡せショッピングやお食事もできる便利なスポット。リバーサイドにロマンチックにたたずむカップルも多く、夕暮れ時の景色を楽しみます。以前は、19世紀にはニューヨークの玄関港として栄えた場所で、入り口辺りにあるフルトン・マーケットは、昔の魚市場だったりと、情緒溢れる街並みでロマンチックさも増します。そして、アバクロンビー&フィッチ、コーチ、ゲス、ギャップなどの人気ショップやレストランが立ち並ぶなか、楽しいひと時を過ごします。
浅草デートスポット

夜はやっぱり新しく出来た話題のレストランやバーへ!

夜は、やはりレストランやバーへ。好奇心旺盛なニューヨーカーは、「どこそこで新しいレストランがオープンした」なんて聞いたら、早速飛びついていく人達が多いです。やはり、口コミで、友人などから情報を仕入れるのですが、その他では、ザガットやシティーサーチで評判や場所を確かめます。

ここ5年ぐらいは、セレブ・スポットでもあるミートパッキング・エリアに大型レストランやバーが出来ており、週末ともなると、ドレスアップしたニューヨーカーで溢れています。食事はつまむ程度で、2、3軒は回ります。その食事も今は、日本食が大ブーム。オシャレなレストランやバーなんかで、お寿司をつまみながらお酒を飲むスタイルがすっかり定着してて、筆者もよく、「ジャパニーズ・サケは、どのブランド(銘柄)がいいのか?」なんてアメリカ人から聞かれたりするほどです。

また、NYといえば、やはりアーバンスタイルのジャズ・バーも定番メニュー。ブルーノートなんかも、日本に比べるとそんなに高くなく、ラウンジだと、一杯$20とお手軽だったりします。そして大物ジャズミュージシャンなども来るので、本物のよい音楽を聴いてうっとりした夜を過ごせます。
ブルーノート