日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

いつもと違うBARへ!

BARの使い道もいろいろ

 大人なら、ちょっと気の利いたBARの1つや2つ、知っておきたいもの。2次会の場であり、1人でぶらりと立ち寄る場であり、時には彼女を口説き落とす舞台にも……。そんな、あらゆるシーンで活躍する、BAR。今回はちょっと風変わりな、知っていれば驚かれそうなスポットを紹介しよう。

 まずは、LOUNGE CURTAIN、いかにも勝負デートにピッタリのBARだ。隠れ家的なダイニングバーであるこちらは入って早々、7メートルの吹き抜けと、そこいっぱいに取り付けられたカーテンに圧倒させられる。

 くつろぎをテーマに作られた、半透明なカーテンで仕切られた空間。中にはソファ代わりのベッドとクッションが。寝そべりながら、お酒を飲み、語り合うという、何ともムーディーな内装なのだ。

 料理は自家製お造り豆腐、ダシ巻き卵、カーテン風稲庭うどんなど、和食を中心とした創作料理。ドリンクは、日本酒、ビール、焼酎にオリジナルカクテル、そして梅酒が充実!各県の物が揃い、それぞれに甘み、熟成具合、味わいが違う。彼女を酔わせるにはもってこい、かもしれない。
LOUNGE CURTAIN
横浜を散歩するならさんぽす

金の魔力にせまる!
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
高級携帯電話でオシャレに決めろ
ケフィアヨーグルトで今日も健康!
もてアイテム・スニーカー
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
女性を撃ち抜くセクシートランクス
毎日の食卓にカヴァを!
男だったら肉を食え!
自分にあった空間を作る
あの人の思い出をいつも〜骨壷の事情
おいしい水を探しに行こう
コートドール実食レポート
男の爪はステイタスの証!?
駄菓子バー各店

童心に戻れるBARがここに!

 続いては、年上の先輩や上司の受けも良さそうな、その名も駄菓子バーのご紹介!六本木、恵比寿、人形町で展開しているこちらのお店は、チャージ料を500円払えば駄菓子が食べ放題になるバーなのだ。

 レトロな作りで懐かしい雰囲気の店内で、アルコールを飲みながら100種類以上の駄菓子をほうばるのも、なかなか乙なのではないだろうか。人気のうまい棒に、ラムネ、ごえんチョコ、きなこ棒、20円ヨーグルト、キャベツ太郎、ソースせんべい、すもも漬……。思い出の品が、きっと見つかるだろう。駄菓子をきっかけに、昔話に花が咲きそうだ。飲み物も、ホッピーやラムネサワーといった懐かしのドリンクが揃う。バーなだけに、焼酎、日本酒、カクテル、ウヰスキーもあるので、のんべいの方もご心配なく。

 駄菓子以外の食事も、給食のあげぱんにハムカツ、昔なつかしのナポリタンに缶詰各種と、徹底してなつかしのメニューを提供している。ここで童心に戻ってみるのも、いいかもしれない。
香りのフェロモンでモテる!
ホテルで朝食デート
今風・酒の薦めは「立飲み」でキマリ
リニアモーターカーに乗ってみた
VEXzodiaでゴルフクラブをオーダー!
診察料は子供の笑顔!!おもちゃドクター
生きたイカでつまみ作りに挑戦
銀座の老舗
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
味噌汁だって主役なのだ!専門店登場
タイムスリップ感覚で下町デート
大人のための日帰りバスツアー!
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
「廃墟」の魅力を解く
デートにモノレールを使ってみる
推理で謎を解決!名探偵になりきろう

新定番?BARと餃子の組み合わせ!

 お次は、餃子BAR三日月堂。餃子とBARなんて、誰が聞いてもミスマッチな組み合わせと思うだろう。しかしこの店が、なかなか人気を集めているというのだ。

 繁華街から少し外れた、いかにも隠れ家的なこちらのお店は、柔らかなライトの光に照らされ、なかなかお洒落な空間。落ち着いた感じの店内で、席につけば出されるのは、キャベツの山だ。これをつまみに乾杯。BARなだけあって、お酒はカクテルを中心に各種揃っている。その後はもちろん餃子を食べよう。ひとくち餃子はお菓子のように軽い食感、何個でもいけそうだ。よくよく考えれば、餃子とビールは誰もが認めるゴールデンコンビ。絶好のおつまみなのかもしれない。その他サイドメニューも充実している。〆は納豆の雑炊、水戸雑炊。意外な組み合わせだが、これまた美味いと評判だ。町田まで足を伸ばす価値がありそうだ。
餃子BAR三日月堂