日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜

あの美味しさを家庭でも味わう!
エスプレッソ・マシンをキッチンに

 エスプレッソは、細かく挽いた深煎りの豆に高圧の蒸気を通すことで、コーヒー豆の旨味成分だけを抽出した飲み物。カフェインが少なく旨味が濃厚で、誕生以来わずか100年余りと歴史的には新しいものの、熱烈な愛好家がたくさんいる。スチームミルクを浮かべたマキアートや、ホットミルクを加えたカフェ・ラテなど、様々な楽しみ方があるのも人気の秘密で、また、他のコーヒー同様、煎れ方による味の違いが顕著に表れ、奥が深い。そうした美味しさと面白さの反面、専用の器具が高価だったり、ある程度の習熟が必要なため、いまひとつ家庭には普及していないのが残念なトコロだ。

 タンクに水を入れ、豆の入ったバスケットをセットして直火にかける『マキャレット』と呼ばれる器具を使えば、家庭でも煎れられないことはないけれど、お店で飲むのとはまったくの別物。業務用のマシンが15〜20気圧もの圧力で抽出しているのに対して、マキャレットでは1.5気圧前後がせいぜい。これでは、エスプレッソ独特の雑味の無い美味しさが味わえるはずもない。

 そんな不満を解消してくれるのが、ネスレ日本から新発売の家庭用マシン『ネスプレッソ』!さてさて、具体的にはどう違うのだろうか?
ネスプレッソ・家庭用エスプレッソマシーン
京都を散歩するならさんぽす

イタリア モテる男の条件は手料理!
鳥ハムの魅力にあなたもやみつき!
政治家になろう〜市議会議員編〜
クリスマスはどう過ごす?
至高の酒・シャンパンを楽しむ
「心に、体に」おいしい水
幻想的な美しさ、進化する砂のアート
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
世界一の高層ビル“台北101”登頂
視力回復のススメ
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
香道、自分の内にあるものを味わう道
超ハッピーなラスベガスを遊びつくす!
変り種ツアーで大冒険
ホテルで朝食デート
競馬の楽しみ方
ネスプレッソ・家庭用エスプレッソマシーン

小スペース・低価格・高機能!
それだけじゃないネスプレッソの魅力

 艶出しシルバーとマットブラックのオシャレな外観は、キッチンに置くとよく映える。3万円を切る低価格で、15気圧を超える高圧ポンプを内臓しているから、味にうるさいマニアも納得だ。しかし『ネスプレッソ』の魅力はそんなカタログ的なことだけじゃない。ユーザーの手間を省き、楽しみを増やす専用コーヒーカプセルにこそその真骨頂はあるのだ!

 『カプセル方式』なんて言うと、こだわりのある人からすると邪道みたいに思えるかもしれないけれど、その利点はたくさんある。まず、豆の鮮度が保たれること。豆は煎った直後から酸化をはじめ、挽くとそのスピードはさらに早まる。少なくとも1週間以内には飲み切らなくては味が落ちてしまうのだ。かといって、いちいち煎って、挽いて……なんてしていたら、エスプレッソ一杯に1時間でも短いくらい!その点、『ネスプレッソ』で採用されているカプセル方式だったら、いつでも手軽に楽しめる。豆の詰め方一つで味の変わる従来の方式に比べて何割か割高と言えば割高だが、カプセル方式だからこそ、様々な種類を手元に集めて飲み比べたり、気分によって豆を選ぶこともできるようになる。ネスプレッソで用意された12種類のフレーバーを豆から用意するなんて、専門店でもチョットできない。カプセル方式によってもたらされるメリットを考えれば、きっと納得できるはずだ。

 ※マシン購入の際いくつのカプセルが入っていますが、その後は、「ネスプレッソクラブ」にご登録頂き、電話、FAX、WEBにてご注文ください。
シーズン到来!タラバガニを食べよう
時を超え自分と再会…タイムカプセル
あなたの口の中は大丈夫?
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
鉄道模型はリッチマンの証
築地でおいしいものを探そう!
今、ゴルフのできる女性がアツイ!
「北」の国から。遼寧省の中朝国境をゆく!
映画を作るには?
松茸に和牛!秋を食べ尽くす割烹旅館
五・七・五は魂のリズム!
タイムスリップ感覚で下町デート
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
東京で食す 日本郷土料理めぐり
これはアートだ!デザインバーコード™
カスタムナイフは男の趣味

メンドウな操作は一切無し、カプセルを入れて煎れるだけ

 朝の忙しい時間帯に、就寝前のひとときに、家庭で本格的なエスプレッソを楽しんでみてはどうだろう?12種類のカプセルの中から好みのフレーバーを選んで機械にセットし、スイッチを入れるだけ。使用済みカプセルの排出まで自動でしてくれる設計は、自分ひとりで楽しむのは勿論、友人や恋人との会話もさまたげない。高圧の蒸気が奏でるおなじみの抽出音(シュゴーーッ!)も、儀式と思うと楽しいものだ。

 上位機種に目を向けてみれば、カプチーノやマキアートには欠かせないスチームミルクを作るための蒸気ノズルを備えたものや、マイコン制御でより安定した出来上がりを約束してくれるプロユースなど、種類も豊富。だが、まずは小さな入門機から始めてみよう。新しく上位機種を買った後も、ソファーの隣に置いておいたり、ベッドルームに設置するなど、小型軽量な入門機ならではの使い方が楽しめる。水とカプセル、カップさえ置いておけば、その場を動くことすら必要ないのだ。

 場所を選ばず、会話も止めずにコーヒーブレイクが楽しめる。勝ち組の生活には、マニアックな上位機種より、そんな入門機がふさわしい。
ネスプレッソ・家庭用エスプレッソマシーン