日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

異色のウォッチメーカー -Sinn-

こだわり派には
Sinnのウォッチがおすすめ!

Sinn(ジン)というドイツのウォッチメーカーは、とても異色なメーカーだ。

1961年、第二次世界大戦中にドイツ空軍パイロットとして活躍したヘルムート・ジンによってフランクフルトに創設された。創始者ヘルムート・ジンは、パイロットとしての経験を生かし、パイロットに必要な時計をつっくた。

ヘルムート・ジンは言ったそうだ。
「パイロットに必要な時計とは計測機器である。わたしは時計を作っているのではなく、計測機器、特殊時計を作っているのだ」

こんなところにもSinnの異色さがうかがえる。

1994年、スイスのIWCのチーフエンジニアであった、ローター・シュミットが経営を引き継いだ。Sinnのスピリットは引き継がれ、「飾りではない、使う為の機能」を備えたプロユースの時計をSinnは作り続けている。

「従来にはない」そんな時計が、Sinnなのだ。
飛行機
横浜を散歩するならさんぽす

古都・京都を優雅にデート
歴史ロマン満載、日本の名城特集
古代魚を飼いたい!
気球に乗ってみよう!
独占報告!中国若者熱烈的恋愛事情
時を超え自分と再会…タイムカプセル
秋デート 松茸狩りで お腹一杯
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
将来のための別荘探し
デキる大人のデンタルケア
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
六本木ヒルズグルメランキング・和食
脳を活性化する「大人の塗り絵」
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
異国の“味”がつまった民族楽器
Sinn 756.TEGIMENT.M

すべてが究極
Sinn 756.TEGIMENT.M

パイロットにとって計器とは、どんな過酷な状況下でも瞬時に読み取れなければならない物である。軍用機や航空機の計器「コクピットクロック」等で培われた技術を腕時計に応用し、抜群の「視認性」を確保。

時計の精度に影響を与えるのは、磁気である。防磁性能を搭載した時計は、どうしても時計ケースが分厚くなってしまう。そこでSinnが開発したのが、80,000A/mの防磁性能を持つスタマグス素材。この素材を使うことによって、時計ケースが分厚くならずに高い「防磁性」を発揮。

窒素を使った浸炭加工を時計のケースに施すことにより、非常に傷つきにくいケースになっている。たとえ、鋭利なもので引っかいたとしても、まったく傷がつかないほどの「硬度性」を有する。

また、金属内のニッケルが表面に出てこないので、アレルギー体質の人でも使用できる。

このような素晴らしい特徴を備えたSinn 756.TEGIMENT.Mは、Sinnの技術と発想が詰まっている。
パワー&ヒーリングスポット、セドナ
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
ホームシアターをより快適空間に
文豪の愛した食事
ネット活用で春こそ大人デート!
高級万年筆を使いこなせ
こだわりの印鑑
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
知っているようで知らない確定申告
アユ釣り解禁!銀色の女王を釣り上げる!
格付けって何?あなたの会社が評価される
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
ハイエンドオーディオ(超高級オーディオ)
日本人の線香花火
めんそーれ、石垣島

これぞSinn!
Sinn 903.ST.AUTO.S

Sinn 903.ST.AUTO.Sはパイロット、ナビゲーター、コミューター用の精密で、すべての機能が盛り込まれた計時機器である。日常使用をはるかに超えたプロユースとしてのデザイン。その、プロユースだからこそのデザインが、この時計に、特別な美しさを与えているようだ。

ダイアル周囲に配置した回転式の計算尺リング、ボタンをしっかりと押さえ込んだことを操作する人間に確実にフィードバックしてくれるプッシュピースの形態等は発売以来変わっていない。

また、スケルトン仕様の裏蓋により、美しく緻密なバルジュー製改良型のムーブメントの動きを楽しむこともできる。

Sinn 903.ST.AUTO.Sの機能美は、男心をくすぐる。

Sinnの時計は、機能を兼ね備え、その機能までも美しさに変えてしまっている。いつしか、Sinnの時計を手にしていただきたい。そうすれば、Sinnの魅力がわかることだろう。

icon
Sinn 903.ST.AUTO.S