日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

ニューヨークの美術館

世界三大美術館の一つ、メトロポリタン美術館

世界三大美術館といえば、ロンドンの大英博物館、パリのルーブル美術館、そしてニューヨークのメトロポリタン美術館といわれています。まずは、そのメトロポリタン美術館の魅力を探ってみましょう。実は、筆者は、大英博物館もルーブル美術館も各館4、5回は行っていたので、メトロポリタン美術館はその延長だと思っていましたが、それはちょっと違うということに行ってから気付かされました。どうメトロポリタン美術館が他と違うのでしょうか?それは、大英博物館やルーブル美術館の展示物の数や種類が圧倒的に幅が広いのです。

例えば、大人気である印象派画家のルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、モネ、マチス、そしてロダン、ドガの彫刻をはじめとし、大規模なエジプト展、近代アート、今でも弾けるという世界最古のピアノ・バルトロメオ・クリストフォリ、バロック時代(およそ1600〜1750年頃)に作られた世界最高級のストラディヴァリウスのバイオリン、圧巻のティファニー・ステンドグラスの大広間、日本の浮世絵、柿右衛門の作品までと、色とりどりで本当に見ごたえがあります。

所蔵品は、何と330万点を越え、人が一生かけても見切れない数です。こんなにすごい数になった一つの理由に、第一次世界大戦後、アメリカは産業と経済の発展を独占したことによりアメリカへ美術品が多く流入しました。時代の背景により、メトロポリタン美術館の作品の数が増えたという事実は、何だかメトロポリタン美術館の運命的な流れを感じます。

一日ではじっくりは見切れない数の素晴らしい作品は、要領よく約1時間で回れるハイライトツアー(日本語あり・無料)に参加されることをお薦めします。
メトロポリタン美術館
上野を散歩するならさんぽす

優雅に香るシガーが大人を演出します
百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
あなたが選ぶ、今年のベストカーは何?
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
世界標準!大人のテーブルゲーム
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
快眠追求の極意とは?
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
クールに楽しめ! 大人のビリヤード
一杯1500円のうどんを食べてみた
血はバラの香り! 香水ガム「オトコ香る。」
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
白クマ・ウォッチング〜カナダ チャーチルの旅
ツール・ド・フランス2007年速報!
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
MoMAオンラインストアジャパン

世界のMoMAは、日本人建築家がデザインして再出発した?

日本人建築家、谷口吉生氏のデザイン設計により2004年に生まれ変わった近代美術館、通称モマ(MoMA:Museum of Modern Art)。平日でも、チケットを買うだけで大行列の中に入らなければならないぐらい大人気の美術館です。総工費4億2500万ドルを投じた今回の改築は、空間というものをとても大事にしており、高層ビル群の中にある美術館という印象が全く無くなりました。以前の約1.5倍の面積である展示スペース1万1600?は、大きな空間の中に絵が展示してあるという新しいものと生まれ変わったのです。

モマの見所である、アンディー・ウォーホールの数々の作品があるのもニューヨークらしいです。そして、ピカソ、ゴッホ、マチス、モネの素晴らしい作品が凝縮されているのがここの特徴といえます。また、建築関係に詳しくない方も、ここでしか見られない面白くて有名な建築デザインのアーティスティックな作品をぜひご覧下さいね。

世界中で評判となっているモマのレストラン”TheModern”Tも、時間があれば一度ランチや気軽にバーなどに行ってみることをオススメします(ディナーはドレスコードあり)。MoMAで選ばれたミュージアムグッズは、世界の一流デザイナーによるデザイン的、建築工学的に優れた物ばかりで、オシャレでセンスのいい日本人にかなりの人気です。「MoMAオンラインストアジャパン」が開設されたお陰で、気軽にMoMAを取り入れられるようになりましたので、是非ご覧になってくださいね。

谷口吉生氏プロフィール:
1937年東京生まれ、1960年慶應義塾大学工学部機械工学科卒業、1964年ハーバード大学院建築学科卒業。代表作は、「葛飾臨海水族館」、「東京国立博物館法隆寺宝物館」。2005年に第17回 高松宮殿下記念世界文化賞、建築部門で受賞。現在、テキサス州のアジア美術複合施設の設計を手がける予定。
夏オフィスでの冷え対策
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
気になる「あの一流ビル」のテナント料
風を切る疾走感!高級自転車の世界
北京近郊ぶらり旅 中国世界遺産特集
地球儀アドベンチャーにでかけよう!
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
made in japan
色で痩せる・カラーダイエット
今話題のマヌカハニーって何?
ファイヤーキングをコレクションする
ベニス・ゴンドラの旅
バレンタインに大人のための生チョコは如何?
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方

ホイットニー美術館の設立者は美貌あふれる夫人だった?

女流彫刻家ガートルード・バンダービルト・ホイットニー夫人が1966年に、このマディソン・アベニューに建てたホイットニー美術館(グリニッジビレッジが最初に建てた美術館で創設は1930年)。建築デザインは、バウハウス出身のマルセル・ブロイヤーが手がけました。

アメリカ現代アートのみ展示という珍しい美術館で、アメリカン・アートの始まりといえる、アッシュカン・スクール(ごみ箱派)の作品が多くみられるのも大きな特徴です。そして、ウォーホール、ホッパー、リキテンスタイン、コールダーの作品が見ものです。

この美術館のホイットニー夫人は、自らが彫刻家というだけでなく、鉄道王バンダービルトの家に生まれ、銀行家であったホイットニーと結婚という、かなり恵まれた環境にあり、その上、とても美しく社交界の花でもありました。彼女は、結婚後にパリへ行き、彫刻家の巨匠であるロダンに弟子入りしました。その後帰国し彫刻家として活動するとともに、若き芸術家達を応援するパトロンとなりました。

彼女はまず、ダウンタウンにあるグリニッジ・ビレッジにアトリエを持ち、そこを改装して美術館としてアートを発表していましたが、その後、今に至るマディソン・アベニューにあるホイットニー美術館を建てました。この近代的な建物の中に現代アートだけに集中したホイットニー美術館に来館すると、まさに彼女のアメリカン・アートへの情熱が感じられるひと時となるでしょう。
ホイットニー美術館