日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草デートスポット

ビッグスクーターでタンデムツーリング!

ブームになったのは訳がある
ビッグスクーターの魅力とは?

最近は250cc以上のビッグスクーターが大人気だ。もはや、国内のバイクのマジョリティは普通のギア変速バイクではなく、ビッグスクーターなのである。なにしろ、ビッグスクーターは便利だ。普通のバイクと違って、ギアを切り替える必要もなく、アクセルをひねるだけだ。しかも街中で必要とされる程度のスピードまでの加速であれば、普通のバイクと大差ない。しかも、それがアクセルをひねるだけで可能なのだからラクチンだ。ギアチェンジの必要がないので、靴が傷むことがなく、バイクに乗るときに靴を選ぶ必要がない。さらにシートもコンフォータブルである。また、防風シールドによって寒い日もそう寒くない。さらにヘルメットを収納するスペースに加えて、多くの収納スペースを持っているのが一般的で、普通のバイクより便利である。自動車でATが一般的になったように、バイクでスクーターが一般的になったのも無理はない。これも1つの技術の進歩というか、必然的な進化なのかも知れない。ビッグスクーター専門雑誌も登場したし、ネット上にも多くのビッグスクーター関連サイトが存在する。

bigscooter.com
bigscooter.com
浅草デートスポット

社交ダンス〜新たなる魅力への誘い
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
男の下着
「和傘」その美しさに魅せられる世界
ケフィアヨーグルトで今日も健康!
アジの干物作りにトライ!
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
インドネシア/スリランカ、教育里親支援
大学発ブランド「近大マグロ」探訪
オーガニックで行こう!
漂泊の自由人・ゴーギャンの誘惑
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
一眼レフカメラが女性に受けている!?-初心者1眼レフカメラ入門-
世界が夢中!憧れの靴マノロ・ブラニク
マクロビオティック…健康で長生きしたい人に
今だからこそ、大人の「バリ島」へ
ビッグスクーター

売れ筋は250cc
街中の足には最高だ

このビッグスクーターブームの火付け役となったのはヤマハの「マジェスティ」である。250ccで登場した最初のマジェスティはベストセラーとなり、現在でもその勢いは止まらず、新機種が登場し続けている。ちなみに、現在のマジェスティには若者向けの「マジェスティC」とツーリング向けの「グランドマジェスティ」がある。さらにヤマハからはタンデムを重視した「マグザム」も登場した。ヤマハのマジェスティが大ヒットをとげると、他のメーカーも争って、この市場に参入してきた。ホンダの「フォーサイト」、「フォルツァ」、「フュージョン」、スズキの「スカイウェイブ」などだ。独特のロー&ロングなボディを持つホンダのフュージョンはもともとマジェスティ登場以前から存在したが、国内では一時生産中止になっていたが中古市場で人気が高く、再販されるようになった。ある意味、ホンダは先見の明があったが時期が早すぎたのだろう。これらの群雄割拠でビッグスクーターたちは加速度的な進化を遂げた。しかし、変わらなかったところもある。マジェスティは250ccという車検がいらず、十分なパワーを持つというおいしいゾーンで登場してきた。主に街中の足として使われる場合、たしかに250ccは必要十分なパワーを持つ絶妙な排気量である。そして、その後もビッグスクーターの主流は250ccであり続けた。車検という日本独自の仕組みがなくならないかぎり、これは変わらないかも知れない。
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
素敵な時間と温泉を貸し切りデート
自宅でそろえる高級健康器具
知っているようで知らない確定申告
体験型ギフト〜ギフトが贈る素敵な時間
「クロスバイク」で快感通勤のススメ!
海底に7ツ星ホテル!?夢の海底生活
必見!中国ニュー・リッチ層の解体新書
特選!超高級ふぐ料理の銘店
高級携帯電話でオシャレに決めろ
ブランド&手編みニットの世界
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
大人だから「和服あそび」を気軽に楽しむ

高速道路走行を大排気量で快適に
タンデム走行ではより注意深く

今まで、解禁される解禁されると言われながら、ずっと実行されなかった高速道路でのバイクの二人乗り(タンデム走行)がようやく解禁された。これにより、「彼女と二人で遠距離ツーリング」というのも今までよりは楽になった。このタンデム走行にはやや制限事項があり、20歳以上で自動2輪歴3年以上でなければならない。さらに高速道路でも首都高の一部はタンデム走行不可になっている。このタンデム不可エリアは警視庁のサイトで確認することができる。正直、首都高は日本の道路の中でも屈指にトリッキーで走りにくいので、タンデム不可エリアを設けた措置もやむなしではないかと思う。

さて、ビッグスクーターの主流である250ccでは高速走行にはパワー不足でやや不安という感じもある。もし、ハイウェイを走ることをおもな目的とするなら、400cc以上の排気量のビッグスクーターがお勧めだ。この種の大排気量ビッグスクーターとして、ヤマハでは400ccの「グランドマジェスティ」、500ccの「T-MAX」、ホンダでは400cc、600ccの「シルバーウィング」、スズキは400cc、650ccの「スカイウェイブ」などがある。これらの機種では、250ccクラスよりも高速走行を意識して、風防スクリーンが大きくなっている。
スズキ-スカイウェイブ-