日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

ハリウッド映画製作の裏側

エジソンは・・・だった。それが、ハリウッドが映画の都になった理由の1つ。

子供の頃、エジソンの伝記を読んだことがあります。エジソンは電気や映画を発明した、“有名な発明王”で、“偉人”と言うような書き方をされていました。“おどるポンポコリン”の歌の中にも、♪エジソンは偉い人、そんなの常識♪と、歌われています。しかし・・・。

実は、エジソンはケチだったのです。そして、それが映画の都がアメリカ西海岸“ハリウッド”になった大きな理由の一つでもあります。

エジソンが映画を発明した当時、エジソンの拠点はニューヨークでした。彼は、他の人が映画を作る際に必要な自社発明の映画機材に、膨大な金額の特許使用料をかけました。10代、20代の若いフィルムメーカーたち(映画製作者たち)は、特許料を払うお金なんてありません。そこで、エジソンの目が届かない場所で映画を作ろうと、彼らは東部から西部に移動しました。まだ、交通網が発展していなかったので、エジソンから“遠くに行く”ことが、得策だったのです。

彼らは東海岸を出発して、内陸を転々とし、最終的にロサンゼルスのハリウッドに落ち着きました。その大きな理由は、“環境が適しているから”です。1年中、雨はほとんど降らず暖かい。青い空や海、緑の山も近くにある。当時、まだ人もあまり住んでおらず、広大な土地が手付かずのまま残っていた。

交通網が発展した現代では、朝海で泳いで、午後から山でスキーなんてことも可能なすばらしい土地なのです。

フィルム産業がハリウッドで発展した理由が、エジソンのケチによるものだったなんて、日本ではあまり知られていないので、勝スポ読者の皆さん!さりげなく、披露してみてください!
お散歩するならさんぽす

とっておきの高級ステーキが食べたい!
エコか?趣味か?スリーホイーラー!
夏バテを防止する&解消する方法はこれ
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
どもりと向き合おう
ザ・ウインザーホテル洞爺でリッチなデート
ITがスポーツを科学する!
女性を撃ち抜くセクシートランクス
第73回日本ダービー特集
ゴールデンウィークの過ごし方
地球環境問題への第一歩を踏み出そう
使える護身グッズはこれだっ!?
モテ男必携?「お化け探知機・ゴーストレーダー」
「走るリビング」高級キャンピングカー
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
Robert Mckee' Story Seminar

ハリウッド映画の隠された法則

実は、ハリウッド映画にはストーリーの中に法則があるのです。2時間映画をベースに、その法則こっそり伝授!

まずは、2時間映画を30分ずつ4つの部分に分けます。最初の部分は“ACT1”と呼ばれ、セットアップです。初めの10分ぐらいで、主人公の状態が大きく変わる出来事が起きます。“最初の殺人が起こる”や“運命の人と出会う”など。そして、“ACT1”の終わりで、物語全体が大きく動き出し、本題に入ります。ここがファーストターニングポイントと呼ばれる場所です。

ここからの約1時間が“ACT2”と呼ばれ、メインストーリーが展開します。“ACT2”の半分=映画全体の半分のところがミッドポイントと呼ばれ、自分の状況に葛藤したり、悩んだりしていた主人公も、引き返すことが出来なくなります。ここから先前進あるのみです。

そして“ACT2”が終わる直前、主人公の身の上にストーリーで最悪の出来事が起こります。“愛する人の死”や“解決策が完全になくなってしまう”など。

しかし、何かのきっかけでその状況を打破し、クライマックスへ突入します。これがセカンドターニングポイントで、“ACT3”に入ります。ここから映画は盛り上がる一方です。犯人を追い詰め、打ち合いになったり、追われる敵から命からがら逃げたり、恋敵から彼女を奪ったりします。もちろん、主人公が勝ったり、幸せを得たりしてハッピーエンドで終わるのがハリウッド映画です。

この法則の中で、いかに観客を裏切るかを常に脚本家は考え、ストーリーを書いています。
今度映画を見るときは、この法則を頭の片隅にでも置いて見て下さい!今までとは違った物が見えてくるかもしれません。

Robert Mckee' Story Seminar
おせち料理は作る派? 買う派?
フランス発 クリスマス便り
勝負下着を身に着けよう!
クラシックコンサートへ行こう!
憧れの高級車が数万円から!?
北京ダック-全聚徳-
気球に乗ってみよう!
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
オリジナルの「署名」にこだわる!
最高級から超個性派まで!床屋大集合
男性の為のエステサロン入門
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
ケータリングで手軽にパーティー!
この冬、めざせ北海道!
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!
大人の趣味 手打ちそばに挑戦

ハリウッド流業界人のファッション

ハリウッド業界人の服装には、定番のスタイルがあります。プロデューサー、ディレクター、脚本家などは、みんなお決まりの格好をしています。私はハリウッドの大学院で脚本を専攻しましたが、教授達もこの格好が定番で、この話も教授から教えてもらいました!当然、教授達も一流の脚本家やディレクターです。

ではそれは、どんな格好が定番なのでしょうか?

まず、パンツは“ジーパン”です。日本には、緑や黒、形の変わったジーンズなど、種類も豊富で、おしゃれなものがたくさんありますが、アメリカでは、あまりそういうのはなく、誰でも基本的はベーシックな、青のちょっとだぼっとしたジーンズを履いています。ハリウッド業界人とはいえ、かなりおしゃれな人以外は、みんな意外と普通です。

次にシャツですが、襟なしの”Tシャツ“をパンツの中に入れて着ています。シャツの色は大半が白です。

最後に、ちょっと大き目のジャケットを羽織ると完璧です。

そして、たいていスターバックスなどのコーヒーとドーナツを片手にやってきます。外ではサングラスもプラスされます。

一般のクルーは動いて暑いので、写真のようにTシャツにハーフパンツが主流です。ロサンゼルスの街角で、撮影現場を見かけた時は、注意して見てください。服装の違うプロデューサーなどは一目で分かります。

最後に、ハリウッド周辺のカフェでこの業界人スタイルの人を見かけたら、彼らの話に耳を傾けてみてください。撮影の裏話が聞けちゃうかもしれませんよ。