日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

魅惑のタイランド!見どころはココだ!

バンコク旅行者必見!!
見逃せば後悔必至の金色寝釈迦像

 成田空港を出発してたったの6時間で、そこは「微笑みの国」と呼ばれるタイの首都バンコク。バンコクは比較的治安もよく、地下鉄などの交通網が整備されたこともあって、近年は日本からの旅行者も急増中です。今回は、そんな魅力溢れるタイの首都バンコクを中心に、勝ち組の皆さんにもぜひ足を運んでいただきたいスポットをご紹介したいと思います。

 まずご紹介するのは、ツアーなら必ずといっていいほど組み込まれている観光スポット「ワット・ポー」。ワットとは日本語で寺院という意味。つまりポー寺ですね。1788年に建てられた医学やマッサージを学ぶタイで初めての大学でした。ここには長さ46m、高さ15m の金色の仏像があります。教科書に載っていた「寝ころんでいる大きな金色のお釈迦様」を覚えている方もいるかもしれませんね。ここの一角にはマッサージ場があって、本格的なマッサージが体験できます。実は、タイ式マッサージ発祥の地がココなんです。

 そのほか、押さえておきたいワットは、「ワット・アルン」。三島由紀夫の小説「暁の寺」で有名ですが、ここの見どころは塔からの眺め。大仏塔の周りに4つの塔があり、大仏塔には途中まで登ることができます。塔を登るとチャオプラヤ川やバンコク市内が一望できる絶景ポイントです。必ず押さえておきましょう。
ワット・ポー
鎌倉を散歩するならさんぽす

こだわりの印鑑
爽快!自分の車でサーキット体験
大人だからこそ!絵本を読もう!
時を超え自分と再会…タイムカプセル
鍼・灸で今日もうつくしく
じわじわ浸透中!南国フルーツ
日本各地に眠る埋蔵金伝説に触れる
確定申告の基本
腐った日本を救え! 国会議員への道
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
「自分の島」を持とう!
エコか?趣味か?スリーホイーラー!
男の爪はステイタスの証!?
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
本当の勝ち組は健康自己管理から
40万円ミシン!超高級家電が日本を救う
水上マーケット

水上マーケットで是非とも利用したい
運河を滑走するチャーターボート

 さて、バンコクから南西に約80kmのラーチャブリー県には、100年以上も続く大規模な水上マーケットがあります。ここは必ず押さえておきたい観光スポット。でも、ほんとうに押さえたいのはマーケットそのものよりも、マーケットに向かうために利用する運河用のチャーターボートなんです。

 運河沿いに暮らす人々の生活を肌で感じながら、ボートで細い運河を滑走する。その爽快感は体験した人にしかわかりません。ちょっとした遊園地のアトラクションなんかよりも、数倍楽しんでいただけるでしょう。運河とマーケットを結ぶボートはTon Khem, Hia KuiやKhun Phithakの船着場でチャーターできます。ぜひ、利用してください。

 ボートのチャーター料金は、1時間約300バーツ。チャーターする前に値段交渉が必要なので、自信のない方はバンコク市内の旅行代理店から毎日でているツアーを利用するのもいいかもしれませんね。そうそう、帽子は風で飛ばされちゃうので必ず取ってから乗りましょう。
温泉ロマンで心もほかほか
アメリカ西海岸テーマパークを遊ぶ!
夏直前、一足先に都内ホテルのプールで大接近
驚異の若返り ジェロビタール
携帯の良番を手に入れる
デートにモノレールを使ってみる
いまこそ!オトナの予防接種のススメ
第133回天皇賞特集
キノコの家? セカンドハウスはドーム型
勝つためのヒント! 将棋でデキる男になる
野点で味わうジャパネスク
ボジョレー・ヌーボーの解禁日−パリ
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
蚊は怖い存在!蚊対策!
ボートハウスで愛車と生きる
気になるカエルのお菓子箱。オフィスグリコ

恵みの川、チャオプラヤ
ディナークルーズで熱い夜をあなたに

 のんびりとタイの空気を満喫したいという方にはチャオプラヤ川のクルーズがオススメです。その昔「東洋のベニス」と呼ばれたバンコクだけに、水上交通網は発達しています。チャオプラヤ川を利用したアユタヤまでの日帰りクルーズやオリエンタルホテルの船着場から出航するオリエンタルリバークルーズ、シャングリラホテルの船着場から出航するシャングリラホライズンクルーズなどが有名どころ。

 また、昼間のショッピングや観光で疲れた後にのんびりリラックスしたいのならディナークルーズをオススメします。涼しくなった夜のチャオプラヤ川と伝統の高級タイ料理を味わう、最高の思い出になるはずです。ディナークルーズの中には、生演奏を聞きながら夕食を楽しむツアーもあるので、恋人同士や新婚さんにはピッタリ。ぜひ、チャオプラヤ川の流れに身をゆだね、タイの伝統音楽に耳を傾けながらロマンティックなひと時にお過ごしくださいね。
チャオプラヤ川