日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた

沖縄といえば
青い空と青い海

「夏になると沖縄へ行きたい。」そう思うのは、日本人の常になっているのではないか?と
そんなふうに考えてしまうほど筆者は沖縄に行きたいのだ。

さて、突然ではあるが、読者の皆さんは「沖縄といえば」何を想像するだろうか?

シーサー?

泡盛?

ごーや?

いやいや、やはり沖縄といえば筆者は「リゾート」であると思うのだ。青い空、青い海、おいしい食べ物、飲み物、そして素敵なホテル。日本の誇るリゾート地「沖縄」。そこには日本中で一番といって良いほどの「リゾート」が待っているのだ。
沖縄
浅草を散歩するならさんぽす

サステナブルなエコロジーグッズ
ホームジムで贅沢ボディに贅肉ナシ!
ecoバッグを持とう!
ママの味?シェフの味?イマドキのカップケーキ事情
一流を感じる 〜リムジンに乗る優越〜
Xマス直前。究極の過ごし方を提案!
鞄は実用?それともオシャレ??
NY行くならミートパッキングディストリクト
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
「カナル型イヤフォン」ってどう?
ヒストリックカーを身近に!
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
最高の「お月見」は最高級の旅館で!
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
憧れの高級車が数万円から!?
大人の趣味 音楽で自分の世界を楽しもう
ザ・ブセナテラス

折角「沖縄」に来たのだから
いいホテルに泊まりたい。

折角、沖縄まで来たのだ最高の時間を味わいたいと思うのは当たり前であろう。そんな方々のために今回は、ザ・ブセナテラスを紹介したい。

テラスホテルズが運営するザ・ブセナテラスは、沖縄を代表するホテルである。海外リゾート地を思わせるような外観と、最上級のサービスで迎えてくれる沖縄の楽園だ!

ということで今回は、ザ・ブセナテラスのクラブコテージに宿泊することとなった。

宿泊する広い敷地内に出現した石畳を行く。日本とは思えない景色を堪能しながら、はやる心を抑えながら行く。しばらく行くと宿泊するコテージがあるのだ。

浮世離れした建物が立っている。じーーっと建物を見ていると、「リゾート」にやってきたと、「沖縄」にやってきたのだと実感する。

期待に膨らむ胸の扉を開くかのように、コテージの扉を開いた。
卵は進化する 高品質卵を食べた!
男だってスクールで自分磨き!
パーソナルコーディネートで変身!
美よ永遠に!“プリザーブドフラワー”
世界標準!大人のテーブルゲーム
「和傘」その美しさに魅せられる世界
ドイツW杯テレビに映らない見所を探せ!
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
都会の景色を二人占め「セスナで遊覧」
エグゼクティブご用達のブランドバッグ
アジの干物作りにトライ!
休みができたらプライベートリゾートへ
ブランド&手編みニットの世界
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
福臨門魚翅海鮮酒家でお手軽飲茶ランチ

コテージの中は
こうだ!

コテージの扉を開いた瞬間、これぞ「リゾート」というような風景が目に飛び込んできた。

まさに「南の島の楽園」のそれだ。

眼前に広がるオーシャンビュー。
広くて清潔感のあるベッド。
人数よりもはるかに多いイス。
個人的なプール。
花の散りばめられたバスルーム。

まさに「楽園」。

飾った言葉など消し飛んでしまうほどのインパクトで出迎えられた。「ここに来て良かった」素直にそう思えるのがザ・ブセナテラスなのである。

しかし、このホテルのサービスは凄い。徹底されている。文句のつけようがないほど徹底した教育がなされている。快適だ!このまま一生ここにいても良いですか?なんて、真面目に言ってしまいそうなほど快適である。日本のホテルの中で最上級なのは間違いないだろう。
ザ・ブセナテラス