日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

沖縄のザ・ブセナテラスに行ってきた

沖縄といえば
青い空と青い海

「夏になると沖縄へ行きたい。」そう思うのは、日本人の常になっているのではないか?と
そんなふうに考えてしまうほど筆者は沖縄に行きたいのだ。

さて、突然ではあるが、読者の皆さんは「沖縄といえば」何を想像するだろうか?

シーサー?

泡盛?

ごーや?

いやいや、やはり沖縄といえば筆者は「リゾート」であると思うのだ。青い空、青い海、おいしい食べ物、飲み物、そして素敵なホテル。日本の誇るリゾート地「沖縄」。そこには日本中で一番といって良いほどの「リゾート」が待っているのだ。
沖縄
上野を散歩するならさんぽす

午前0時発。眠らぬ都市・東京を歩く
抗生物質が効かない!?
パリの高級レストラン”タイユヴァン”
日焼け止めをきわめよう!
注目のメンズコスメ「VITAMAN」
マッサージマシンでリラックスしよう
ヴィンテージワインで、深いひと瞬間を
豪華客船クルーズ・飛鳥2デビュー特集
北九州に行こう!
大人のホビー「高級ラジコン」
女性の魅力満載のベリーダンス
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
一杯1500円のうどんを食べてみた
ヘタでいい、ヘタがいい〜絵手紙入門〜
うわさのストレスコーチングって何?
百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!
ザ・ブセナテラス

折角「沖縄」に来たのだから
いいホテルに泊まりたい。

折角、沖縄まで来たのだ最高の時間を味わいたいと思うのは当たり前であろう。そんな方々のために今回は、ザ・ブセナテラスを紹介したい。

テラスホテルズが運営するザ・ブセナテラスは、沖縄を代表するホテルである。海外リゾート地を思わせるような外観と、最上級のサービスで迎えてくれる沖縄の楽園だ!

ということで今回は、ザ・ブセナテラスのクラブコテージに宿泊することとなった。

宿泊する広い敷地内に出現した石畳を行く。日本とは思えない景色を堪能しながら、はやる心を抑えながら行く。しばらく行くと宿泊するコテージがあるのだ。

浮世離れした建物が立っている。じーーっと建物を見ていると、「リゾート」にやってきたと、「沖縄」にやってきたのだと実感する。

期待に膨らむ胸の扉を開くかのように、コテージの扉を開いた。
ANAインターコンチネンタルホテル東京
ビールだって自分で作れば断然うまい!
脳を活性化する「大人の塗り絵」
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
優しい香りに包まれて心を癒そう!
男だったら肉を食え!
世界最高の輝き!スワロフスキーに夢中
大人の洋食屋特集
地上波デジタル放送をそろそろ導入したい!
日本が誇る眼鏡職人
2007年の夏は、さわやかポロシャツ!
日曜大工で自分サイズの家具を作ろう
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
タイムスリップ感覚で下町デート

コテージの中は
こうだ!

コテージの扉を開いた瞬間、これぞ「リゾート」というような風景が目に飛び込んできた。

まさに「南の島の楽園」のそれだ。

眼前に広がるオーシャンビュー。
広くて清潔感のあるベッド。
人数よりもはるかに多いイス。
個人的なプール。
花の散りばめられたバスルーム。

まさに「楽園」。

飾った言葉など消し飛んでしまうほどのインパクトで出迎えられた。「ここに来て良かった」素直にそう思えるのがザ・ブセナテラスなのである。

しかし、このホテルのサービスは凄い。徹底されている。文句のつけようがないほど徹底した教育がなされている。快適だ!このまま一生ここにいても良いですか?なんて、真面目に言ってしまいそうなほど快適である。日本のホテルの中で最上級なのは間違いないだろう。
ザ・ブセナテラス