日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都デートスポット

第73回日本ダービー特集

サラブレットの頂点を決める
日本ダービー

 3歳のサラブレッドが一生に一度出走することができる最高の晴舞台、日本ダービー。正式名称は東京優駿と言い、数あるG?レースの中でも最高峰、サラブレットはみなこのレースを目指して生まれ、育てられてきた。日本ダービーを勝つことが最大の目的と言って過言ではないだろう。日本で最高の栄誉のあるレースなのである。

 4月に行われた皐月賞、11月に行われる菊花賞とともにクラシック三冠レースの一つである日本ダービー。一冠目の皐月賞は中山2000m、日本ダービーは東京2400m、三冠目の菊花賞は京都3000mである。今回注目となる東京の2400mというのはスタンド前がスタート、そこに一年で一番多くの観衆が集まり、大歓声の中いかに落ち着いて走れるかが大きなポイントとなる。

 選ばれし18頭の頂点を決める競馬の祭典は5月28日、日曜日に東京競馬場で行われる。今回は日本ダービー情報をお届けしよう。
東京-芝コース
京都デートスポット

本当の勝ち組は健康自己管理から
なんとも不思議な楽器 テルミンの音色
知る人ぞ知る寿司割烹店
高級ステーキを食す!
自分のルーツを知る〜家系図
髪の悩みを解決する「ケラスターゼ」
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
じわじわ浸透中!南国フルーツ
地方発 ドライブデートスポット
「いまどきラジオのススメ」
使える護身グッズはこれだっ!?
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
おもしろ・マイナースポーツ
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
ネット活用で春こそ大人デート!
うわさのストレスコーチングって何?
ディープインパクト

日本ダービー、過去のデータは?

 日本ダービーは、強い馬が強い競馬で勝つレースだ。その証拠に、過去5年は全て1番人気の馬が優勝している。何と言っても昨年の優勝馬はディープインパクト。無敗のダービー馬となったのは記憶に新しい。スタートで立ち遅れたものの後方からじっくりと進み、3コーナーで外に持ち出されるとそのまま、まさに「飛ぶような走り」で後続を突き放しゴール!5馬身差の圧勝という結果で、単勝1.1倍の人気どおりの決着となった。

 ここ5年は全て、単勝1倍代、つまり圧倒的人気を背負った馬が優勝している。しかし今年はそういう訳にはいかないだろう。抜けて強いという存在の馬がいないので、1番人気がどの馬になるのか想像すらつかない状況だ。去年のようにアイドルホースこそいないものの、馬券の配当やレースを予想する楽しさを考えれば、却って楽しめるレースといえるかもしれない。出走メンバーをじっくり検討する必要が、例年以上にありそうだ。
真剣に!グローバルに!結婚相談所
ニューヨーカーのデートコースって?
パリ・メンズファッションレポート
東京で食す 日本郷土料理めぐり
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!
ビルウォールレザーのシルバー、レザー
野点で味わうジャパネスク
異色のウォッチメーカー -Sinn-
世界標準!大人のテーブルゲーム
洗顔&シェービングで男を上げる!
レーシングカートで超Gを体感せよ!
MBA取得で、目指せ一流ビジネスマン!
マイナスイオンで快適ライフを送ろう!
フランス全国民が祝うパリ祭をレポート!
ららぽーと豊洲体験レポート!
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究

今年のメンバーは大混戦!

 1番人気候補は、皐月賞で1番人気、4着だったアドマイヤムーン、テレビにも取り上げられ話題のフサイチジャンク(馬主は勝ち組の代表とも言える関口オーナー)、皐月賞馬メイショウサムソン辺りだろうか。アドマイヤムーンは今回も武豊騎手が騎乗することが決まり注目だが、2000mより長い距離は未経験、エンドスウィープ産駒だけに距離延長に対応できないとの見方もある。フサイチジャンクは4戦4勝で臨んだ皐月賞で3着。この時は輸送減りか、馬体重は10キロ減。今回は関西から早めに関東入り。万全の状態で臨んでくるだろう。石橋守騎手に初G?制覇をもたらしたメイショウサムソンは、左回りの方がスムーズな走りをするという話も出ているし、唯一三冠の可能性のある馬。今回も当然マークが必要だ。

 その他、コースロスのない高田騎手の好騎乗で皐月賞2着のドリームパスポートは成績安定。四位騎手に乗り替わりどんなレースを見せるのか?青葉賞を勝って挑むアドマイヤメインは、柴田善臣騎手が手綱を取る。今回も逃げ切る可能性は大だ。京都新聞杯勝ち馬トーホウアラン、その時1番人気も5着に敗れた実力馬マルカシェンク、皐月賞6着に続き大井の内田博幸騎手が騎乗のサクラメガワンダー、藤沢厩舎所属、兄アグネスデジタルの良血ジャリスコライト、更にはNHKマイルカップから中2週、変則二冠を目指すロジック、1番人気も6着に終わった2歳王者フサイチリシャールも出走する。
東京-地下馬道