日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

勝ち組男性が綺麗なのは絶対です!

女性にもてるだけでなく自分を磨くため

最近の男性は一昔前に比べると大分お洒落になって来ましたよね?道を歩いていると普通にすれ違う男性がモデルさんのようにかっこよくて振り返ってしまうことも増えたような気がします(笑)。高校球児も頭は丸坊主なのに眉毛は綺麗に整っていて女性が顔負けになるほどに上手に描いていますよね。それだけ男性の美意識、化粧に対しての関心が高まってきたということだと思います。なにも女性の目ばかりを気にして、女性にもてたいからという理由だけではメッキと同じ・・・すぐにはがれてしまいます。自分を磨くためにも少し試してみませんか?
そこで果たしてどのくらい世の中の男性が自分の美に、化粧に関心を抱いているのか取材を進めてみました。
浅草を散歩するならさんぽす

色と香りを楽しむフレーバーソルト
映画の世界を旅しよう!
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
大人のホビー「高級ラジコン」
爽快!自分の車でサーキット体験
B級グルメ探訪〜東京編
ハワイアン・スタイルのプリスクール
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
政治家になろう〜県議会議員編〜
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
夏オフィスでの冷え対策
イタリアの高級別荘地 コモ
風を切る疾走感!高級自転車の世界
3Dゲームマシン
恥ずかしくない男性自身を手に入れよう!
今が買い時!「携帯の良番」

男性化粧品に対する抵抗感は??

様々な「男性化粧品」が市場に出回っていますが、男性の皆さんはこうした「化粧品」の利用に何らかの抵抗を感じているのでしょうか?「他の人が使っていても気にならないが、自分が使うには抵抗を感じる」(男性30代)など、「非常に抵抗を感じる」と回答した方が11.9%、「やや感じる」という方が31.8%と、全体の43.7%が積極的に利用するまでには至っていないようです。一方で、「男性用香水など男性化粧品も最近は良い物が出ているし、最近はつけている男性も多くなってきている。男性が身だしなみとして、化粧品を使うのは良いことだと思う」(男性50代)など、「(抵抗を)全く感じない」という方も13.9%おり、男性間でも賛否両論であることがうかがえます。
豪華おせちで新年を演出しよう
フランス発 クリスマス便り
男の料理!カレー編
ハードボイルドに決める大人のガン遊び
ゴージャス!ルイ・ヴィトンの魅力
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
勝つためのヒント! 将棋でデキる男になる
世界にただひとつの器を造ろう!
男、箸にこだわる!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
勝負下着を身に着けよう!
香道、自分の内にあるものを味わう道
ワールドグッドデザイン 京仏壇『壇』
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
鞄は実用?それともオシャレ??
競馬の楽しみ方

輝く男への道

キレイで格好良い男性は、女性に好感が持たれます。しかし、「キレイってどういう事??」「化粧をするって事!?」なんて思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、そうではありません。
では、何をすればいいのでしょう?「キレイ」にするには、まず身だしなみを整えましょう。そもそも、 なぜ髭を剃ったり、髪の毛をセットしたりするのでしょうか?・・・仕事で髭を生やすのがNGだから?髪の毛がボサボサだと格好悪いから?・・・確かに見た目も大切です。しかし、いくら「見た目」がカッコ良くて高そうなアクセサリーをつけていても、肩にフケが積もっている人、鼻毛やモミアゲがだらしない人、爪に垢が溜まっている人、肌が汗やら皮脂で汚ない人は、「アクセサリーが可哀相!」って思ってしまいますよね。せっかくオシャレな服を着ていても台無しです。 会社にお勤めになっている方なら、尚更、指先は見られる機会が多いのです。
例えば、名刺交換。例えば、資料提出。身だしなみが整っていた事が取引先に好印象を与え、契約が成立しやすいという話も聞きます。
おわかりでしょうか?
身だしなみを整え 清潔であることは、人とのコミュニケーションでとても大切な事なのです。男性がそう思うように触れるなら、キレイな肌に触れたいと思う気持ちは女の子も一緒です。