日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
浅草を散歩するならさんぽす

楽しい自動車メーカー「光岡自動車」

今や見慣れた自動車だが
そこには進化の歴史がある

2006年の現代を生きる我々の生活にとって、エンジンで駆動する自動車は水や空気のように普通な存在だ。しかし、それはこの100年程度で急速に発展したもの。そう考えさせられるのは、ヨーロッパを旅行したときだ。ヨーロッパの道路には「ロータリー」というものがある。もちろん、これは日本の駅前のロータリーとは違う。トラフィック(交通)をコントロールするシステムの1つだ。ロータリーはたとえばパリの凱旋門の周囲にあるし、同じくフランス領のニューカレドニアにもあれば、イギリスにもある。ロータリーはドーナツのような円を描く道路に対して、複数の直線道路がつながっている。連携した直線道路からドーナツに進入した自動車は、ドーナツのなかで円を描いて走り、自分が進みたいところでドーナツから分岐した道路に出る。現代ではこのようなトラフィックコントロールは交差点の「信号」が果たしている。

しかし、信号は電気で動いている。電気が発明されたのも、また、エンジンつき自動車と同じく100年ほど前なのである。電気もなかった昔、このようなシステムで進路の異なる移動体の交通を制御していたのだ。ヨーロッパでは自動車の前に馬や馬車による交通の歴史があり、それは自動車の歴史よりも長い。しかも、自動車が大衆化したのは第2次世界大戦の後のことであり、これに貢献したのは、忌むべき戦争による技術の急速な進化である。そして、戦後の急速な進化のなかで多彩な自動車が生み出された。

関連リンク:パリ観光局
凱旋門
浅草を散歩するならさんぽす

豆乳・おからクッキーで満腹ダイエット
チョコレートは酒に合う
五・七・五は魂のリズム!
アジの干物作りにトライ!
キミは、ふんどしを締められるか!
食うか食われるか クマと戦う
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
ITがスポーツを科学する!
古今東西・ソファーいろいろ
知る人ぞ知る寿司割烹店
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
世界が誇る「RECARO」の魅力
百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!
“ネイルタトゥー”体験レポート
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
自宅で極上のバスタイムを演出しよう
光岡自動車

歴史を作ってきた多くのメーカーたち
光岡自動車とは?

現代の自動車のなかでも異彩を放つのがフランスの自動車メーカー「シトロエン」の一部の車種に搭載される「ハイドロニューマチック」サスペンションだ。これは特殊なオイルと窒素ガスによる緩衝システムであり、現在の主流である金属サスペンションとはまったく異質なものだ。このハイドロニューマテチックは1955年のDSで初めて搭載された技術。日本国内ではハイドロは故障が多いと言われるが、それは国内にハイドロに慣れた整備士が少ないことも影響しているのではないだろうか? 筆者は1999年ごろにミラノを訪れた折に、街中を元気に走るシトロエンDSを目撃している(今のヨーロッパはフランス車が多い)。何にしても、金属サスが主流ななか、たった一社だけで数十年もハイドロを搭載した自動車を作り続けるシトロエンの根性も凄い(現在ではハイドロ搭載は一部車種だけだが)。

このように、かつては自動車の技術は実験的であり、常に試行錯誤で進化してきた。現在ではその競争の結果、生き残った自動車メーカーが大企業として君臨しており、大量生産が主流だ。しかし、かつては多くの人々が勝手に自動車を作り、それが自動車メーカーになっていったのだ。また、自動車がビッグビジネスとしてメジャーになってからも、バックヤード(裏庭?)ビルダーと呼ばれる自分で自動車を作り上げる人々が存在した。たとえば、イギリスのロータスなどはバックヤードビルダーあがりのメーカーだ。考え方によっては日本のホンダ(本田宗一郎)もバックヤードビルダーあがりと言えるかも知れない。そして、そうした大企業ではないチャレンジャブルな自動車メーカーが日本にも存在する。それが「光岡自動車」だ。
大冒険を満喫できる究極の乗馬とは?
価値観の違い!100万円の使い道。
入学シーズン! 子どもの勉強机を自作する
この冬の「鍋料理」は熱々フォンデュを
日本の伝統〜山車
一澤信三郎帆布に注目!
日本上陸!外資系ラグジュアリーホテル
アマ野球チームを作ろう!
「和傘」その美しさに魅せられる世界
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう
幻想的な美しさ、進化する砂のアート
パーソナルコーディネートで変身!
あの勝ち組社長のブックマークに習おう
モバイルオーディオの楽しみ
目覚まし時計が、光る!香る!飛ぶ!
ロングステイをエンジョイしよう!

まるで超高級スポーツカー
のような手作り製造が魅力

光岡自動車自身は自らを「コーチビルダー」と称している。これはイギリスでいろいろなパーツを組み合わせたり、ベースとなる自動車をカスタマイズしたりして、オリジナルなクルマに仕上げる人々のことだ。イタリアでは同じような人々を「カロッツェリア」と呼んでいる。ミツオカの自動車は他の自動車メーカーの自動車をベースに使い、カスタマイズしていることが多いので、コーチビルダーと呼ぶのがふさわしいのだろうか。これは小手先の仕事ではなく、できあがった自動車はまるで違ったクルマに見えるほど、外装から内装まですべてが異なっている。そして、ミツオカでは製造作業をすべてハンドメイドで行っているという。そう聞くだけで、あたかも超高級スポーツカーのようでワクワクしてしまう。

初期の光岡自動車は、まず1982年に50ccエンジンを搭載した自動車「BUBUシャトル」を発売して話題を呼んだ。次にベース車両にカスタマイズボディをのせる手法で「BUBUクラシックSSK」を発売する。これはその名の通り「ベンツSSK」(ヒットラーやルパン3世が乗ってます)のレプリカに見える。さらに1989年にポルシェ356のレプリカ「BUBU356スピードスター」を発売するなどし、知名度を上げていく。そして、1994年に「ゼロワン」(ロータススーパーセブンそっくり)で運輸省の型式認定を受けたことで、光岡自動車は10番目の国産自動車メーカーとなった。

関連リンク:ある漢の世界
ZERO1