日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

男だってスクールで自分磨き!

いい男を目指したい

ついこないだまで、習い事=未婚女性というイメージが強かったが、ちょい悪オヤジ「LEON」の影響からか、最近自分自身を向上させる男性向けの講座に人気が高まっている。ヘアーメイク、ウォーキング、ファッションコーディネートを習得したいのは、もはや女性だけではない。男性だって美白化粧水を使い、ネールサロンやエステに通う時代。好感度をアップし、ビジネスだけでなくプライベートにおいても“いい男”を目指したい。そのために、身だしなみなどの外見だけでなく、正しいビジネスマナーを身につけ、内面も磨く必要がある。そんなニーズから生まれたのが「男のマナー講座」だ。

アメリカではずいぶん前からこういった男性向けの講座は多く存在している。重要な会議、取引先への訪問、社内での飲み会などシチュエーションに合った服、靴、アクセサリー、髪型までを提案してくれる「Dress for Success Seminar(勝負服セミナー)」や、自分自身の強みや弱点を見つめなおし、向上させる「Life Skills Management(人生におけるスキル管理)」などなど。元々仕事やパーソナルな心理面について、カウンセラーに通ってアドバイスをもらうということが珍しくない文化である。日本でも少しずつそういう動きが現れはじめてきたのだろう。

参考リンク:JALアカデミーの「できる男に魅せますセミナー」
スパークラーズ
横浜を散歩するならさんぽす

石鹸にこだわれ!
色と香りを楽しむフレーバーソルト
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
下関でふぐを食べつくす豪華旅行
パワーストーンで願望成就!
脳を活性化する「大人の塗り絵」
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
ドイツ生まれのスタイリッシュ日用品-コジオール(koziol)
ドライビングシューズを履きこなそう!
もんじゃを極めて江戸っ子気取り!?
洗顔&シェービングで男を上げる!
世界が誇る「RECARO」の魅力
秋デート 松茸狩りで お腹一杯
鞄は実用?それともオシャレ??
世界中の舌をうならす伝統の味!醤油
目覚めスッキリ!羽毛布団で快眠ライフ
スパークラーズ

イケメンほど進化する

数多くの男性向けの講座がある中で、今回は南青山にスクールを構えるスパークラーズにお願いして、講座の様子を覗かせてもらうことにした。つい先月、六本木ヒルズにある、アーテリジェントスクールで「男を磨くワークショップ」が開催された。2時間3000円と実にリーゾナブル。カラーセラピー、ビジネスマナー、ウォーキングの3つの講座で構成される。

一体どういう男性が参加するのだろう。会場を見渡して驚いた。イケメンが多いのだ!男を磨くセミナーと聞いて、てっきりイケてない男性が集まるものとばかり思っていた。少なくとも、外見、ファッションセンスについては文句なし。一体、どこを磨きたいのか?まさにスタイルの良い女性に限って、まじめにジム通いをしているという感じ。
20代、30代が中心だが、40代の参加者もいる。会社員だけではなく、医師や青年実業家も多いという。確かにそれらしき人物が見受けられる。
「アピール方法を学びたい」、「プレゼン能力を向上させたい」というのが、セミナー参加理由に多く、参加者は向上心に胸ふくらませている。

スパークラーズ
花粉症対策特集
男一匹、観劇する
中国茶を極める
男性こそ!ヘッドスパを体験!
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
携帯用嘘発見器をどう使う?
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
リノベーションでデザイン住宅をゲット!
髪の悩みを解決する「ケラスターゼ」
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
仮想世界「セカンドライフ」で人生リセット
ミラクルフルーツが起こす「奇跡」!?
NY行くならミートパッキングディストリクト
自律移動ミュージックプレイヤーmiuro
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜

自分に合う色、知ってます?

最初にスタートしたのが、カラーセラピー。初対面は第一印象で決まるとよく言われるが、時間にするとなんとたったの5秒〜12秒だといわれているそうな。印象に残るのはもちろん外見なのだが、中でも着ている服の色に対する印象が残りやすく、60%もの割合なんだという。たしかに、ぜんぜん似合っていない派手なワイシャツを着ていたり、やたら光沢の入ったスーツを着ていた人と会い、その場を離れたあとにそのことが話題にあがったりするものだ。色の印象は大きい。

色は主に、オレンジ系の暖色、ブルー系の寒色、それらどちらでもない、グリーンなどの中間色で分けられる。一般的にどういったシチュエーションに何色を使うといいのかを教えてもらったあと、実際に自分に合う色を診断してもらう。さまざまな色の布を胸にあて、どの色が合うのか自分自身でも鏡で見ながら、客観的に判断してもらうのだ。これまで自分に似合う色はコレだと思い込んでいても、講師と参加者から実はこっちの色の方が似合うといわれたりする。次にワイシャツやネクタイを選ぶときの参考にしなければ。

参考リンク:カラー心理診断
スパークラーズ