日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜デートスポット

男だってスクールで自分磨き!

スパークラーズ

ビジネスマナーは仕事に影響する

次がマナー講座。「みなさん、いつも自分から挨拶をしていますか?」そう聞かれて思わず目線をそらしてしまった。わかりきったことだといえ、これが意外とできないもの。朝オフィスに入って、「おはよう」と気持ちのいい挨拶ができる人は少ない。してもらってうれしくない人はいないし、挨拶ひとつで、一日がんばろうという気持ちになることは確かだ。さらにお辞儀も颯爽とできれば、仕事のデキるかっこいい男に映ること間違いない。誰でも簡単にできそうなものだが、参加者の誰一人まともな挨拶とお辞儀ができた人はいなかった。指摘されて改めてその大切さを気づかされる。

「同時に名刺交換するとき戸惑うことはありませんか?」次はそんな質問を投げかけられ、実際にやってみるようにすすめられる。片手で名刺を渡すことは失礼であるとは聞いたことがあったが、正しいやり方はわからないままやり過ごしていた。自分では大丈夫だろうと思っていた普段と変わりない挨拶をし、まごつきながら名刺交換する。これでは大事な取引先の第一印象は良くないに決まっている。

参考リンク:アーテリジェントスクール
横浜デートスポット

正しく歩くことはむつかしい

最後にウォーキング講座。「自分の靴を脱いで、目線に持ってきて、靴底を見てください」なにを言い出すのやら。なるほど、左右の靴底の減りが違う。かなりバランスが悪い。歩くよりさきに、まずは正しい姿勢で立てと言われても、これが実にむつかしい。右利きの人はたいてい右肩が上がっているからだ。しかし、スパークラーズ代表であり、ウォーキングの講師でもある、小村ユミさんの立ち姿勢、歩き方は実に美しい。25年指導してきているという実績が物語る。脚もすらっとして形がいい。あの歩き方で道を歩いていたら、間違いなく目で追わずにいられない。男だって同じだ。ステージモデルのようとまでは言わないが、さりげなく自然に颯爽とかっこよく歩いていれば、一目置かれること間違いないだろう。正しい姿勢で歩くことは、デキる人に見られるだけでなく、肩こりやお腹の贅肉がなくなるという実質的なメリットもある。

この講座を通して学んだこと。それは実にベーシックだが、分かっている、知っていると思っていたことをもう一度見直すことが大切だということ。実際にはぜんぜんできてやしないからだ。

最後に、女性向けのセミナーとの大きな違いを発見。男性向けのセミナーは実に静か。女性に比べて、質問が少ない。せっかくなんだからどんどん質問しなきゃ、損だって!

参考リンク:Walking-Style.com
スパークラーズ