日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

パリジャン・パリジェンヌのデート

フランス人男性と
パリ人男性について

アムールの国フランスそして世界でも一番ロマンティックな街と言われているパリ。

ここでフランス人男性について前置きの一言を少し・・・。皆さんは、フランス人男性というとどんなイメージがありますか?”恋愛好き”、”女たらし”、”恋に熱い”・・・とかそんな感じでしょうか?これらの見解はとりあえず合っていますが、実際にフランス人男性と付き合ってみると、それだけではありません。意外かと思いますが、フランスの地方に行くとよく見る、日本人でいうとおじいさんぐらいの考え方の男性が多く、「男性が黒と言ったら白であろうが黒」で、「釣った魚にはエサをやらない」、「料理や家事は男のすることではない」みたいな頭の固いフランス人男性も意外に多いのです。

では、パリ人男性はというと?パリではパリスタイルがあり、パリジャン(パリ人)は、一般的に老若男女を問わず考え方も新しく、特に今は新しいジェネレーションでもあり、年の差も関係ないという考え方も多く、女性に嬉しいレディーファーストの街です。そんなパリジャンが連れて行ってくれるデートコースってどんなところなのでしょうか?
パリ
京都を散歩するならさんぽす

男一匹、観劇する
紅葉の秋、古都・京都でデート!
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう
ニューバランスのフラッグシップモデルに注目!
おせち料理は作る派? 買う派?
ルーブル美術館は楽しい!
セラミックで白くてキレイな歯をGET
この値段でこのボリューム!名古屋モーニング
セキュリティで愛車を魔の手から守る!
デザイナーズチェアを手に入れよう!
バレンタインデーの過ごし方
ハーレーダビッドソンでアメリカン!
宇宙に値段をつける宇宙ビジネス
男だったら肉を食え!
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
視力回復のススメ
ルイ・ヴィトン

やっぱりパリジャンも
ショッピングが好き!

パリジャン、パリジェンヌはお買い物が好き!

一般的にはブランドものづくしにする人は少なく、ヨーロッパで平均的な有給2ヶ月の間に少しでもいい旅行ができるようにと倹約の日々ですが、勝ち組は違います。全てブランドものしか持っていないという人も多く、趣味の一つはお買い物です。

豊かな国アメリカなどとは違い、ヨーロッパでは、まだまだ本当のお金持ちだけがブランドを買うという考えがあり、その一部の人だけが、豪華なブランドづくしで歩いているのです。以前は、サントノーレ通りに地元の人はお買い物だったのですが、最近では、パリジャンに大人気のヒューゴ・ボスや、パリジェンヌも大好きなルイ・ヴィトンの大型店舗が凱旋門の近くのシャンゼリゼ通りに出来たので、こちらへもショッピングするパリジャンが増えました。

パリジャンは、ニューヨーカーのようにスポーツジムに行ったり、公園をジョギングしたりはしませんが、とにかく歩くことが大好き。ショッピングを兼ねて、ルーブル美術館の近辺にある公園やシャンゼリゼ通り、リュクサンブール公園辺りの景色を楽しみながらブラブラ歩くのがパリ風です。
日本が誇る密室文化!ウォシュレット秘話
女性は手づくりでイチコロ!フラワーアレンジメント
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
ボートハウスで愛車と生きる
効果は折り紙つき? 薬売りがつくる健康薬膳
これを使えば断然便利!AVリモコン
ヒストリックカーを身近に!
男の帽子スタイル
消しゴム大好き!
男40にして始める羊毛フェルト人形作り
地球にも人にもやさしい「蚊帳」
ドレスシューズ
幸せを呼ぶ!?イマドキの家計簿
地球のロマン・映画で巡る世界遺産の旅
古代魚を飼いたい!
北九州に行こう!

パリジャンは
レストランもフレンチ

フランス人はとにかくグルメといったら聞こえがいいですが、いいかえると食に本当にウルサイです。家でもフランス料理を食べ、外でもフランス料理を食べるフランス人。パリジャンは他の国の料理も好きですが、それでもやっぱりフレンチが基本的に多いです。

デートのランチやディナーでは、ゆっくり時間をかけてお食事するのがフランス流。豪華なところよりも、とにかくオシャレで粋でおいしいということで食事をするということにも、「食べることに始まり食べることに終わるのか?」とも思わんばかりにものすごい情熱を持っています。おいしくなければだめだという職人気質のフランス人が選ぶレストランは、いろんな季節、そのレストランの地方性により、ローテーションしてレストランに行きます。

そして、いい男の条件はどこも同じ、おいしいレストランに行きつけているというのも高いポイントの一つです。レストランの給仕人やシェフたちと笑顔で挨拶をかわし、少しいいサービスを受けたりしているのがかっこいいのです。

そうそう、待ち合わせは、もちろんクリエイターが好むカフェ。とにかくオシャレなカフェでないとだめなんです。特にここ何年もパリで大活躍の建築家・コスト兄弟がプロデュースするカフェがあちこちにあり人気です。
フレンチ