日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

パリジャン・パリジェンヌのデート

フランス人男性と
パリ人男性について

アムールの国フランスそして世界でも一番ロマンティックな街と言われているパリ。

ここでフランス人男性について前置きの一言を少し・・・。皆さんは、フランス人男性というとどんなイメージがありますか?”恋愛好き”、”女たらし”、”恋に熱い”・・・とかそんな感じでしょうか?これらの見解はとりあえず合っていますが、実際にフランス人男性と付き合ってみると、それだけではありません。意外かと思いますが、フランスの地方に行くとよく見る、日本人でいうとおじいさんぐらいの考え方の男性が多く、「男性が黒と言ったら白であろうが黒」で、「釣った魚にはエサをやらない」、「料理や家事は男のすることではない」みたいな頭の固いフランス人男性も意外に多いのです。

では、パリ人男性はというと?パリではパリスタイルがあり、パリジャン(パリ人)は、一般的に老若男女を問わず考え方も新しく、特に今は新しいジェネレーションでもあり、年の差も関係ないという考え方も多く、女性に嬉しいレディーファーストの街です。そんなパリジャンが連れて行ってくれるデートコースってどんなところなのでしょうか?
パリ
お散歩するならさんぽす

トレイルランニング - 山を走ろう
究極の癒しだ!イヤーエステ初体験
一澤信三郎帆布に注目!
彼女連れの時のとっておき!
指先で風を操る快感 〜スポーツカイト〜
MOOG(モーグ)の音色に酔いしれる
オーロラを見にいく
おもしろ・マイナースポーツ
ドイツが誇るスーツケースRIMOWA
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
かっぱ橋道具街周辺そぞろ歩き♪
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
戦場のオアシス「ミリメシ」とは何ぞや?
おいしい水を探しに行こう
防音マンションで音楽と共に暮らそう。
スパで大人のリラクゼーションを満喫する
ルイ・ヴィトン

やっぱりパリジャンも
ショッピングが好き!

パリジャン、パリジェンヌはお買い物が好き!

一般的にはブランドものづくしにする人は少なく、ヨーロッパで平均的な有給2ヶ月の間に少しでもいい旅行ができるようにと倹約の日々ですが、勝ち組は違います。全てブランドものしか持っていないという人も多く、趣味の一つはお買い物です。

豊かな国アメリカなどとは違い、ヨーロッパでは、まだまだ本当のお金持ちだけがブランドを買うという考えがあり、その一部の人だけが、豪華なブランドづくしで歩いているのです。以前は、サントノーレ通りに地元の人はお買い物だったのですが、最近では、パリジャンに大人気のヒューゴ・ボスや、パリジェンヌも大好きなルイ・ヴィトンの大型店舗が凱旋門の近くのシャンゼリゼ通りに出来たので、こちらへもショッピングするパリジャンが増えました。

パリジャンは、ニューヨーカーのようにスポーツジムに行ったり、公園をジョギングしたりはしませんが、とにかく歩くことが大好き。ショッピングを兼ねて、ルーブル美術館の近辺にある公園やシャンゼリゼ通り、リュクサンブール公園辺りの景色を楽しみながらブラブラ歩くのがパリ風です。
大きいパネライにかわいいAIBO
時には贅沢を!フォアグラの楽しみ方
豆乳せっけん&ゆき肌豆腐
ドライビングシューズを履きこなそう!
本物ゆえに味わいがある、甘味を食す!
泳ぐ芸術品「錦鯉」を育てよう!
危険いっぱいの魅惑の世界へ 冬山登山 
「和傘」その美しさに魅せられる世界
噂の「塩スイーツ」を食べてみた!!
「髪の毛は一生かけて守るもの」
五・七・五は魂のリズム!
懐かしき魅惑のおやつ 手焼きせんべい
ジーンズ文化 イン ジャパン
推理で謎を解決!名探偵になりきろう
男性美容・デキる男のリフレッシュ!午睡を満喫
憧れの高級車が数万円から!?

パリジャンは
レストランもフレンチ

フランス人はとにかくグルメといったら聞こえがいいですが、いいかえると食に本当にウルサイです。家でもフランス料理を食べ、外でもフランス料理を食べるフランス人。パリジャンは他の国の料理も好きですが、それでもやっぱりフレンチが基本的に多いです。

デートのランチやディナーでは、ゆっくり時間をかけてお食事するのがフランス流。豪華なところよりも、とにかくオシャレで粋でおいしいということで食事をするということにも、「食べることに始まり食べることに終わるのか?」とも思わんばかりにものすごい情熱を持っています。おいしくなければだめだという職人気質のフランス人が選ぶレストランは、いろんな季節、そのレストランの地方性により、ローテーションしてレストランに行きます。

そして、いい男の条件はどこも同じ、おいしいレストランに行きつけているというのも高いポイントの一つです。レストランの給仕人やシェフたちと笑顔で挨拶をかわし、少しいいサービスを受けたりしているのがかっこいいのです。

そうそう、待ち合わせは、もちろんクリエイターが好むカフェ。とにかくオシャレなカフェでないとだめなんです。特にここ何年もパリで大活躍の建築家・コスト兄弟がプロデュースするカフェがあちこちにあり人気です。
フレンチ