日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
横浜を散歩するならさんぽす

男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!

そもそも「家庭菜園」とは?

 広い庭も土地もないから「家庭菜園」なんて考えられない、できるはずもない……と考えている方も多いことでしょう。しかし、「家庭菜園」とは字のごとく家庭でできる簡易な菜園であり、ちょっとしたベランダや庭先、家の中でもできてしまう野菜作りのことなのです。

 また、「家庭菜園」と聞くと、女性がするものといったイメージがあるようですが、とんでもありません!今、「家庭菜園」をする男性が急増中とか。ある男性は、ホームセンターや花屋さんで売っているミニトマトやピーマンといった小さな野菜やハーブの苗などを育てて収穫。それらを料理することを楽しみの一つにし、忙しい毎日の疲れを癒しているそうです。

 「野菜やハーブなど、スーパーで買ってくればよいこと」といわれれば、その通りです。でも、自分で苗を選び、土を肥し、水をやり……コツコツと育ててきた苗に花がつき、実がなる喜びは格別!ハーブ類であれば、香りを楽しむこともできます。また、今の時代、無農薬野菜と表示されていても、ラベルの差し替えがあることから信用できかねることも……。そんなことから、安全な食を目指している方には「家庭菜園」、絶対おススメです。

関連リンク:
アイリス家庭菜園ドットコム
有機野菜や無農薬野菜を買う前に
家庭菜園
横浜を散歩するならさんぽす

この夏は脱プール、大自然でスイム!
オリンピック観戦ついでのイタリア
季節を体感、満喫デート
ケースに凝る!マイ・ケース探訪
気になる「あの一流ビル」のテナント料
アートとしての「磁性流体」
魅惑のタイランド!見どころはココだ!
ネスプレッソ〜エスプレッソマシーン〜
『〜専用』でよりおいしく!
どもりと向き合おう
横浜ベイサイドでの新感覚デートとは
男性更年期、その傾向と対策
「ブドウ糖」で脳内パワーをチャージ!!
グッドなデザイン、集めてみました
今、時代はホスピタリティ
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
きゅうり

気軽に「家庭菜園」を始めよう!

 野菜を作る……そう考えると気重になってしまうかもしれませんが、「家庭菜園」は、誰でも気軽にできるものです。「家庭菜園」の雑誌や本を読んだり、いろいろな園芸グッズを揃えたりして、楽しみながら野菜を育ててみましょう。

 まずは、苗選びからスタート!ホームセンターや花屋などで売っている苗を見て周りますが、この時、1軒だけではなく数軒の店を見て選ぶようにしましょう。苗選びのポイントは、色が緑濃いこと、太い軸、枯れた葉が無いものを選定することです。苗を植えるためのプランターは、トマトやナスなどの果菜類の場合、大きく深めのものを、また、葉物やミニ根菜の場合であれば、浅めの容器で十分です。土は、ホームセンターで売られている菜園用の土(培養土)を購入します。土から、こだわりたい方は、自分で作ってみるのも一つの方法です。「家庭園芸」のグッズは、ジョウロ、グローブ、スコップ、支柱などがあります。ご自身の予算と好みにあわせて購入するようにしましょう。

関連リンク:家庭菜園ショップ
初日の出を見る!
男の料理はカタチから!
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
蚊は怖い存在!蚊対策!
六本木ヒルズ、気になるテナント事情
讃岐うどんの魅力に迫る!!
疲労回復アンプルに挑戦!ニンニク注射
ヴィンテージ・タックル入門 〜ハネクラ〜
男の癒しバスタイム
悦楽のイタリアンスクーター
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
六本木ヒルズグルメランキング・和食
新生活を彩る超クールな冷蔵庫!
シンガポールでゴージャスデート
あなたの為に世界に一つだけの花
消しゴム大好き!

手作りだからこそ、
無農薬野菜にこだわる!

 手作りだからこそ、安全で美味しく、栄養価の高い野菜作り……無農薬のこだわりをもっていただきたいものです。その基本は土!一般的に良い土とは、「作物が良くできる畑の土」です。とはいえ、作物にもいろいろあり、同じナス科でも、ナスとトマトでは、その好む土は違います。一般論でいう良い土とは、求められるミネラルの含有が多く、ほうれん草のような甘みのある野菜を何回でも同じように作ることのできる土だといわれています。

 ホームセンターで野菜用、若しくは園芸用の土を購入してきた場合、その土を乾燥させて、次に酸性化した土壌を弱アルカリ性へと土壌改良を施します。これを怠ると、良い実ができる前に枯れてしまい病気を起こすことがあります。無農薬有機栽培を意識するならば、土壌の改良、農薬は使わないということが必須!ちょっぴり面倒に感じるかもしれませんが、安全で美味しい野菜を食するためには仕方のないことです。

 さて、肥沃な土をゲットする簡単な方法をご存知でしょうか?それは、EM生ゴミ堆肥を利用した土を作ること。家庭ごみから生ごみを減らし、「家庭菜園」に活用すればエコロジーにも繋がります。一石二鳥ですね!

関連リンク:健康と環境を考えるEM専門店
唐辛子