日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

憧れのツリーハウスを建ててみよう

tree House Creations Co.,Ltd.

ツリーハウスは実働1ヶ月弱
施工の流れを具体的に見積もろう

 候補地も決め、メインとなる木も決まった。そうしたら、いよいよ施工に入ろう。自分ですべて作ろうとするならば、メインとなる木にあわせた素材の材木選びから始まり、大工道具をそろえたり、必要となるボルトなどのアイテムから窓ガラスや屋根の素材など、色々な準備が必要となる。つまり、自分ですべてを作ろうとすれば、完成までかなりの時間を必要とする可能性が高いのだ。しかし、その道のプロにお願いすれば、1ヶ月弱で出来上がってしまう。仕事が忙しく、なかなか日曜大工はしていられない、という人はプロにお願いしてもいいかもしれない。

 具体的なツリーハウス作成の流れなども紹介しているのが「tree House Creations Co.,Ltd.」。施工例や金額なども参考になるので、一見の価値アリだ。また、最初から完全に「家」にせずに、デッキとして楽しんでみてもいい。木の上から自然を目の前に、ゆっくりとコーヒーを飲むなんていうのも、なかなか贅沢な遊びだ。
上野を散歩するならさんぽす

ツリーハウスではあえての遊び
都会ではしないことをして欲しい

 さて、ツリーハウスを作ったら、そこでの時間を有意義に過ごしたい。ここで、もう一度ツリーハウスの目的を明確にしておきたい。

自然との共生というのが第一にある。木とともに在ることで、自然と穏やかな時間を過ごせる。また、いつもと違った視点から見下ろすことで、新しい発見があるかもしれない。そうした、脱日常的な空間を作り出す贅沢な場所だ。

 せっかく、木の上の自然の中に作った家。インテリアも自然のイメージを壊さないものを選ぶと良いかもしれない。もちろん、テレビなどの現代の機器はあまり持ち込まない方が、より良い雰囲気を作り出せる。

 まずは恋人や親しい友人を招いて、テーブルを囲んでみよう。まるでヒーローが秘密基地で仲間と語りあっているような、ワクワクした気分になれる。その後は家の近くの森の中を散策したり、あるいは、バーベキューを楽しむのもいいだろう。そして疲れたら木の上で休む。あえて、普段しないようなことをわざわざするのが、ツリーハウスでの楽しみ方だ。
イオルフォレスト