日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

推理で謎を解決!名探偵になりきろう

ハラハラドキドキしたくなったときこそ
ミステリー小説や映画にどっぷり浸かる

 映画「ダヴィンチ・コード」や、ちょっと前の「シックス・センス」、日本の作品なら宮部みゆきの「理由」などがミステリーとしては有名だ。小説を読む人ならば、ミステリー物が好きという人も多いのではないだろうか。日常でありながら非日常的な謎が次々と起こり、ハラハラしながらストーリーを読み進める瞬間は、まさに緊張の一瞬だ。

 一方で、ストーリーの中で登場してくる謎に、「なんで!?」「一体どうして!?」と疑問を抱き、色々と思考をめぐらせるのが楽しいのだ。人は普段の仕事でも、経営戦略を練ったり、新しい発想を生み出したりと、何かと脳を使っている。しかし、ミステリーに触れているときとは、それとは違った部分の脳が働くのだ。

ミステリチャンネル」では、ミステリー好きな人にはたまらない、専門のチャンネルだ。ケーブルテレビなどで視聴が可能なので、体験することをおすすめする。
ミステリチャンネル
上野を散歩するならさんぽす

ばんそうこうのエトセトラ!驚きの真実。
世界の牡蠣を食す!オイスターバー
男性美容講座・増毛-薄毛の悩み-
超ハッピーなラスベガスを遊びつくす!
21世紀親子の室内遊び! キッズカフェ増加中
個人情報、個人の安全を見直せ!
ヘッドフォンに夢中
トライクってかっこよくて楽しいみたいだ
デートにモノレールを使ってみる
ツール・ド・フランス2007年速報!
豪華おせちで新年を演出しよう
大人の趣味 手打ちそばに挑戦
日本人なら畳の家!
自分のルーツを知る〜家系図
魅力たっぷり!「小京都」の歩き方
ミニベロの誘惑!
GOTMAIL

密室から脱出せよ
暗号解読で推理力を鍛える!

 ミステリーを読んだり、鑑賞したときの緊張感はある意味楽しいといえる。ある程度作品の数を見ると、自分の推理力を試したくなってくるものだ。しかし、そうした非日常的な話とはあくまでフィクションであり、そこで培った経験を日常生活に活かすことは難しい。

 そこで、純粋に推理を楽しむことのできるものを紹介しよう。とはいえ、テレビゲームの推理物ではなく、もっと手軽にできるもの。それが「脱出ゲーム」だ。「GOTMAIL」では、PC上でクリックするだけで楽しめるゲームを提供している。簡単なストーリーの元、クリックで場面を移動し、アイテムを見つけ出し、謎を解いていくのだ。アイテムがそろっても、どこで使えばいいのかがわからない! といった、もどかしい気持ちや、全部アイテムはそろっているのに、謎が解けない! などなど。ミステリならではの謎解きを手軽に思う存分楽しめる。こうしたゲームは他にも沢山あるので、興味がある人は手当たりしだいにやって、推理力に磨きをかけてしまおう!
うわさの“つくし飴”その正体は?
2010年五輪の目玉、スキークロスに先乗り!
日本の旨い物〜高級珍味
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
日比谷花壇でアレンジの利いたプレゼントを!
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
都内でブドウ狩りを楽しむ
マカロンはお好き?
最後のこだわり?オリジナルなお墓 
幻の沖縄豚「アグー」
休みができたらプライベートリゾートへ
クルマ・ジャガー所沢 ハンユウ株式会社
第73回日本ダービー特集
エンジン付ゴムボートで気軽に水遊び
日本の伝統〜山車
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!

高額賞金ゲットも夢じゃない
宝探しにチャレンジ!

 自宅で推理力を磨きに磨いたら、もう一歩前進しよう。今度は、謎解きをして実際に自分の足で歩き、真実を見つけるのだ。最近は、ネット上で暗号などを順次公開していき、その暗号を解くと、現実に存在する地名が浮かび上がるようなゲームがある。その地を実際に訪れ、自分が解読したものが正解であれば、賞金をもらえるといった仕組みだ。本物の宝探しだ。大きいものでは、賞金100万円というのだから、やらない手はない。

たとえば、「赤い鳥」では、高額賞金の宝探しを複数開催している。提示された謎を解いて、全国各地に隠された宝を探しだし高額賞金をゲットしよう。

 そのほかにも、宿泊ツアーの形で提供されるものもある。これは宝探しではなく、「犯人」探しを楽しむもの。自分が探偵になりきるどころか、もしかしたら犯人として疑われる可能性もある。そんなスリルを味わうことができるツアーについては、また後ほど詳細を紹介していこう。
赤い鳥