日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉を散歩するならさんぽす

ヒストリックカーを身近に!

ヒストリックカーとは\\?

 ヒストリックカーとは何か、皆さんは知っていますか?

 ヒストリックカーという一言には、さまざまな意味が込められています。ただ単に、製作されてから長い年月を経ているというものから、レースでの優勝、入賞、参戦等の経歴がある自動車そのもの、同様の経歴がある車種、その車が自動車の歴史上一時代を築くような画期的な存在であるものまで、その解釈の数だけヒストリックカーの存在価値があるといえるでしょう。また、それにより自動車との向き合い方が大きく変わります。ナンバーがついていても走ることはなく鑑賞?するにとどまっている車もあれば、現役として公道を走る車もたくさんあるのです。また、エンジンなどの部品にしても、オリジナルにこだわる人もいれば走るために改良を施す人もいます。

 これらに共通した考えは、古い自動車も、大切に保存しきちんと整備をしてあげようという心意気でしょうか。

 男性の心を掴んで離さない「ヒストリックカー」とは?その核心に迫ります!
ヒストリックカー
鎌倉を散歩するならさんぽす

地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
今からチェックするクールビズ
ヒートアイランド現象を食い止めろ!
あの老舗の“あんぱん”が食べたい!
携帯用嘘発見器をどう使う?
ホームシアターをより快適空間に
競馬の楽しみ方
インドの秘境 アジャンター・エローラへ
愛車のお手入れ
“いざ”その時のために…「喪主」
お正月の風物詩:凧揚げ
触れたらハマる「ダーツ」の魅力!
今年の夏こそ本気でサーフィン
満天の星空を我が家に!
マリー・アントワネットってどんな人?
ツール・ド・フランス2007年速報!
堺市ヒストリックカーコレクション

ヒストリックカーの魅力

 皆さんの中にはミュージアムでこれ以上ない最高のコンディションで展示された車を見るのが好きな方も多いことでしょう。堺市ヒストリックカーコレクションは、1920年代後半から80年代前半のドイツの名車BMWを中心に構成。世界でも屈指のコレクションです。 温かみのある曲線と美しさ、優れた技術など、様々なことを感じとることができます。

 しかし車は走ってこそ!という方はもっと多いようです。ヒストリックカーはヨーロッパでは特に人気があり、愛好家の間ではヒストリックカーイベントに参加すること自体がステータスになっているのです。オーナーの皆さんの愛情を一身に浴びて思いっきりサーキットを走る姿は見るだけでも楽しいですよね。オイルの焼ける匂い、豪快な排気音、ブレーキ音!どれも往年の名車、旧車好きならたまりません。車たちはどれも実用的でありながら時代感も失わずセンスの良さがキラリと光ります。
クジラを食い尽くせ! 絶品尾の身に驚嘆
特選!超高級ふぐ料理の銘店
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
“ネイルタトゥー”体験レポート
「廃墟」の魅力を解く
テーマレストランで楽しいデート
心をデトックス!? 感情モニタリング
現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
水筒でカフェを持ち歩こう
古民家テイストで暮らそう
ゲームじゃなく鉄道を運転したい!
温泉で身も心もポカポカデート!
クラシックコンサートへ行こう!
生活に潤いをくれるコンフィチュール
マンネリ解消!クルージングデート
男はワイルドに!〜ハンティング〜

ヒストリックカーを所有する

 男のこだわりとして、ステイタスを求めて、デザインや走行性、そしてライフスタイルに合わせて……。ホストリックカーを購入したいという方も多いのではないでしょうか?車好きなら誰でも一度は手にしたい車メルセデス・ベンツはヨーロピアン・ヒストリックカーの代表格ですし、同じドイツのポルシェ、BMW、イタリアのフェラーリやアルファロメオなども人気です。

 しかし、実際にヒストリックカーを所有し、維持してゆくためには、メンテナンスに関する不安を抱きがちです。それも古く希少価値の高いモデルほど、その不安が付きまといます。繊細な車と上手に付き合うには各車種のメカニズムやウィークポイントを熟知する必要があるでしょう。せっかく購入した愛車だけど何かあったら怖いと言ってただ所有しているだけでは、その楽しさも半減するというもの。そんなときに助けてくれるのが、気の合う仲間。情報交換を活発に行うことでコミュニケーションをとり、パーツ供給に関する情報などを得るだけでなくヒストリックカーを持つ楽しさも深まることでしょう。
ヒストリックカー