日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
京都を散歩するならさんぽす

生ジュースでフレッシュな毎日を!

夏本番の前においしいサプリ
「生ジュース」で鋭気を養え!

 沖縄では早くも梅雨明け宣言が出て、いよいよ夏も本番と言ったところ。暑さや湿気でどうも体がだるい、食欲がない、なんてすでにバテバテのアナタ。そんなことじゃあ、来たるべき夏のレジャーを満喫できません!ここぞという時に思う存分はじけるべく、今のうちに体をリセット、グッとバランス整えて、万全の準備をしておきましょう。

 さてその為に、今回勝ちスポからイチオシのアイテムが生ジュース。生ジュースと言えば、デパートの地下食品売り場の一角や、駅の片隅にある少しうらぶれた「ジューススタンド」で、家族の買い物に付き合わされて疲れたお父さんやくたびれたサラリーマンが飲むもの、というイメージを持っている方も多いでしょう。しかし侮るなかれ、目下このジューススタンドが、都心のランドマーク的商業施設や駅ビルなどにも急増中なのです。ビタミンなどが豊富に含まれる生ジュースはサプリメント感覚で気軽に楽しめることから、健康志向のOLやサラリーマンからじわじわ火がつき、いまや最も旬なトレンドスポットになっています。それに併せてジューススタンドの外観も、以前のミキサーが幾つか並んだだけのシンプルなものだけではなく、看板や内装が果物や野菜のフレッシュさを感じさせる爽やかでポップな色調に変化し、女性一人でも臆すことなく立ち寄れる素敵なカフェのような雰囲気になっているのです。

 今回はそんな生ジュースのお店を紹介すると同時に、効能ごとの生ジュースのレシピを徹底研究しちゃいます。おいしくて健康にも良い生ジュース、是非一度試して、アナタのお気に入りを見つけてください。
生ジュース
京都を散歩するならさんぽす

おさかなスィーツ登場
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う
インドネシア/スリランカ、教育里親支援
「廃墟」の魅力を解く
一度はやってみたい!贅沢マグロ三昧!!
秋デート 松茸狩りで お腹一杯
目指せエレキの若大将?!
さあ、憧れのマジックを覚えよう。
「江戸しぐさ」を学ぶ
“真の”ナポリピッツァを食べる
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
異色のウォッチメーカー -Sinn-
スローに、ハードに水と戯れる カヤック
「自分の島」を持とう!
「心に、体に」おいしい水
世界遺産アユタヤ
ジューサーバー

進化した駅のジューススタンド
懐かしのミックスジュースで感傷に浸ろう

 思わず引き寄せられてしまうような、元気なオレンジ色の看板を掲げた小さなジューススタンドを見かけたことはありませんか?それがこの「ジューサーバー」です。「安くておいしい、健康に良い」、「現在の癒し茶屋」をコンセプトにしたこのお店は、現在都内の山手線や中央線を中心とする約40の駅に設置されています。

 おすすめはやはり「ミックスジュース」。関西では「喫茶店で注文するジュースの王様はミックスジュース」という程ポピュラーなものなのです。ほんのり甘くてふんわりとクリーム色に泡だった濃厚なジュースは「定番中の番」。関西人にとっては、子供の頃母親にねだって買ってもらった思い出に浸れるノスタルジックな一品でもあります。ところが関東の喫茶店では、オレンジジュースはおいてあっても、ミックスジュースはほとんど見かけません。その理由は分かりませんが、ジューサーバーなら本場関西仕込の正統派ミックスジュースを味わうことができます。甘酸っぱいテイストを堪能してください

 また地域限定の商品にも注目。「京・みぶ菜と豆乳ジュース」、これはJR京都駅の限定メニュー。宇治産の抹茶の香りが漂ってきて、「癒し茶屋」の伊達ではありません。京都駅に訪れた際は必ず味わいたい一杯になりそうです。生暖かい風の通り抜ける、殺伐とした駅にも、新鮮な彩りを与えてくれるジューススタンドは、まさに都会のオアシスと言っても過言ではないでしょう。
大輪の胡蝶蘭5本立
“ネイルタトゥー”体験レポート
クリスマス間近! ホテルでデート
田舎暮らし
百花繚乱のメイドビジネスをスクープ!
情緒を呑み尽くす 京都で大人のデート
徹底解剖!ハタラク中国人のお仕事意識
勝ち組の為の結婚相談所
人のために役立つこと〜パピーウォーカー
もてアイテム・スニーカー
科学的自己分析入門
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
男、箸にこだわる!
ロボットミュージアムin名古屋
ロングステイをエンジョイしよう!
天満天神繁昌亭で上方落語ブームを体感!

ジューススタンドからジュースバーへ
コンセプトは「飲む野菜」

 丸ビル、汐留シティセンター、六本木ヒルズといえば、昨今押しも押されぬトレンドスポットですが、どのビルにもジューススタンド、いや「ジュースバー」が設置されているのをご存知でしたか。丸ビルの「ベジテリア」、汐留の「ベリー・ベジーー・フレーバーズ」、六本木ヒルズの「ジュース・ジャック・カフェ」がそれです。どの店舗も従来の「ジューススタンド」とは一線を画す新しいコンセプト、「ジュースバー」を体現しています。
 
 スタイリッシュにデザインされた店内には、やはり女性が圧倒的に多数。メニューとしても、今まではフレッシュジュースといえば、フルーツを搾ったものが定番でしたが、ヘルシー志向が高い現在では野菜が主流です。カロリーや効能をメニューに詳しく表記し、「飲む野菜」として、気軽に野菜を摂取できるメリットを打ち出し、アピールしています。

 ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含む野菜は一般的に免疫力を高める効果があると言われており、ビタミンCを豊富に含む果物はコラーゲンの生成を助け、張りのある肌を作り、シミの元となるメラニン色素の生成を抑えてくれるのです。定期的に生ジュースを生活の中に取り入れる事が、多忙を極める働く女性たちの健やかさと美しさを保持するための条件になっているのかもしれません。
ベジテリア