日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野デートスポット

週末は三浦海岸で地引網

初心者も簡単に始められる大自然の遊び
釣りでは味わえない最高の一体感

 週末の大人の遊びの定番と言えば釣り。雑誌やテレビでもよく特集を組まれていることからもその人気振りは健在である。しかし、釣竿などの道具が高い、魚が引っかかるまで辛抱強く待たなければならない、などこれから始めようという初心者には優しくない点もちらほら。ましてやせっかくの休みなんだから、もっと手軽に楽しく魚と触れ合いたいのが本音だろう。そんな方にピッタリなのが、地びき網だ。

 地びき網とは海に張り巡らされた網に繋がる大きな綱を海岸から30人ぐらいで一斉に引っ張ることで、たくさんの魚を一度に獲ることのできる漁だ。あらかじめ仕掛けられた網を引っ張るだけなので、釣りのように早朝から場所取りをしたり、餌を付けたりするなどのわずらわしい作業もない。また、集団で楽しめるので、家族で参加するのもよし、社内イベントとして企画するのも良いだろう。みんなで一つの網を協力して引っ張るので、針に魚が引っかかるまでひたすら独りで待たなければいけない釣りでは味合うことのできない連帯感が体験できる。
上宮田漁業協同組合
上野デートスポット

徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
手抜き家事のススメ、掃除ロボット参上!
カメラを自作する?ピンホールカメラで遊ぼう
いつもと違うBARへ!
21世紀、家庭用ロボットの普及!
ハリウッド映画製作の裏側
究極のスタミナ食!おいしいキムチ研究
1度はやりたい!ドクターフィッシュ
「けん玉」ってこんなにスゴいの!?
大人の趣味 手打ちそばに挑戦
知る人ぞ知る寿司割烹店
競馬ファンの究極“馬主”を目指そう
この夏「ヘッドスカーフ」が流行中!
話題のホビングリッシュに挑戦(子ども編)
日本の夏参加宣言!祭りを体で感じよう
競馬の楽しみ方
上宮田漁業協同組合

都会から抜群のアクセスの三浦海岸
女性も子供も楽しめる海のレジャー

 地びき網というとかなり遠方の海まで足を運ばないとやっていないイメージがあるかもしれない。確かにいくら週末とはいえども、遠くの海までわざわざ出かけるのはかえって体がヘトヘトになり大変。しかし、品川から京浜急行の特急に乗ってわずか1時間30分で行ける三浦海岸でも地びき網は体験できるんだ。都心からこんなに近くなのに、海が見ることができて漁まで楽しめてしまうポイントはちょっと他にはないぞ。

 現地で地びき網を企画している“上宮田漁業協同組合”によれば、シーズンごとに網にかかる魚が違うらしく、春はスズキやアオリイカが、秋にはサバやアジなどがたくさん獲れるんだとか。また同じ季節でも、網にかかる魚は毎回違うので何度でも遊べるのが人気の秘密らしい。「現地の漁師がしっかりとサポートしますので、女性や小さなお子さんでも気軽に参加できます。是非ご家族やご友人を誘って遊びに来て欲しいですね」ということなので、大勢で海のレジャーを満喫するにはもってこいのイベントと言えるだろう。
究極のフィッシング「マグロ釣り」!
落ちにくいメイク〜Eye Make
ITがスポーツを科学する!
アンティーク着物、あなたはどう着る?
大自然と友情を深めよう(バックカントリー)
中国茶を極める
リニアモーターカーに乗ってみた
紅葉の秋、古都・京都でデート!
心に刻む日本の風景を貼り絵で
タイムスリップ感覚で下町デート
あの人を呼びたい!講演依頼のHOW TO術
上澄みが絶品? 紹興酒を甕(かめ)で買う
アマ野球チームを作ろう!
知られざる「観葉植物」のチカラ!
抗生物質が効かない!?
勝ちスポ的資産運用術入門

ゴールを目指して網をひたすら引っ張る
大量に獲れる新鮮な魚にみんな大喜び!

 地びき網に参加する際の服装はTシャツ、ジーパンと動きやすいラフな普段着で準備は万端。綱を力いっぱい引っ張るので軍手もあれば完璧だ。海中に弧を描くように張り巡らされた網に繋がる2本の綱をみんなでゆっくりと手前に引いていく。引っ張り終えると、また前の綱を引っ張りに行くという単純作業の繰り返しだが、簡単だからこそすぐに要領が分かるので面白い。共同作業なので片方の綱だけ勢いよく引き上げるのではなく、バランス良く両方の綱を引っ張るのが手早く進めるコツ。徐々に網が海から海岸に寄せられ、網の上でピチピチと飛び跳ねる魚が見えてくると「あと少しだ、みんなで頑張ろう!」というかけ声も。ゴールに向けてボルテージも最高潮に高まっていく。

 すべての網を海岸にあげることができたら、ようやく魚とのご対面。小魚から中には直径50cmを超える巨大なエイが網にかかっていたりすることも! 獲れた魚はバケツに入れて自由に触ることができるので、普段スーパーではお目にできない活き活きした魚との触れ合いにみんな大興奮だ。
上宮田漁業協同組合