日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
鎌倉小町通りを食べ歩き

週末は三浦海岸で地引網

初心者も簡単に始められる大自然の遊び
釣りでは味わえない最高の一体感

 週末の大人の遊びの定番と言えば釣り。雑誌やテレビでもよく特集を組まれていることからもその人気振りは健在である。しかし、釣竿などの道具が高い、魚が引っかかるまで辛抱強く待たなければならない、などこれから始めようという初心者には優しくない点もちらほら。ましてやせっかくの休みなんだから、もっと手軽に楽しく魚と触れ合いたいのが本音だろう。そんな方にピッタリなのが、地びき網だ。

 地びき網とは海に張り巡らされた網に繋がる大きな綱を海岸から30人ぐらいで一斉に引っ張ることで、たくさんの魚を一度に獲ることのできる漁だ。あらかじめ仕掛けられた網を引っ張るだけなので、釣りのように早朝から場所取りをしたり、餌を付けたりするなどのわずらわしい作業もない。また、集団で楽しめるので、家族で参加するのもよし、社内イベントとして企画するのも良いだろう。みんなで一つの網を協力して引っ張るので、針に魚が引っかかるまでひたすら独りで待たなければいけない釣りでは味合うことのできない連帯感が体験できる。
上宮田漁業協同組合
鎌倉小町通りを食べ歩き

すわ!地震 そのときに!
異色のウォッチメーカー -Sinn-
これぞ道楽!ボートで遊ぶ
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
今はクルーザーがモテる時代!
酢の王様「バルサミコ酢」の華麗なる世界
ハワイに“天国の館”ハレクラニあり!
缶詰、うまさ再確認
地上最後の楽園「タヒチ」を満喫しよう
クルマ・Garage RITMO
温泉で身も心もポカポカデート!
B級グルメ探訪〜地方編
ドカンと一発! 個人で打ち上げ花火
ホルモン焼を食べつくせ!
3Dゲームマシン
トライアスロンをしよう!
上宮田漁業協同組合

都会から抜群のアクセスの三浦海岸
女性も子供も楽しめる海のレジャー

 地びき網というとかなり遠方の海まで足を運ばないとやっていないイメージがあるかもしれない。確かにいくら週末とはいえども、遠くの海までわざわざ出かけるのはかえって体がヘトヘトになり大変。しかし、品川から京浜急行の特急に乗ってわずか1時間30分で行ける三浦海岸でも地びき網は体験できるんだ。都心からこんなに近くなのに、海が見ることができて漁まで楽しめてしまうポイントはちょっと他にはないぞ。

 現地で地びき網を企画している“上宮田漁業協同組合”によれば、シーズンごとに網にかかる魚が違うらしく、春はスズキやアオリイカが、秋にはサバやアジなどがたくさん獲れるんだとか。また同じ季節でも、網にかかる魚は毎回違うので何度でも遊べるのが人気の秘密らしい。「現地の漁師がしっかりとサポートしますので、女性や小さなお子さんでも気軽に参加できます。是非ご家族やご友人を誘って遊びに来て欲しいですね」ということなので、大勢で海のレジャーを満喫するにはもってこいのイベントと言えるだろう。
2007年 今年こそは初日の出が見たい!
南米熱帯雨林の天恵、アマゾンフルーツ
新たな時代の男のキッチン
腐った日本を救え! 国会議員への道
携帯の良番を手に入れる
女性を夢中にする ホースライディング
確定申告の基本
笑い文化の原点に触れてみてはいかが?
時を超え自分と再会…タイムカプセル
核シェルターで安全な未来を
生活に潜む身近な恐怖!!トランス脂肪酸
「プラセンタ」人気のヒミツ
贅沢の極み 〜幻のアラ鍋
「米ぬか」はカラダにもお肌にも栄養満点!!
自然にやさしく強くて軽いダンボール家具
「トイレ」は 自分だけのくつろぎ空間

ゴールを目指して網をひたすら引っ張る
大量に獲れる新鮮な魚にみんな大喜び!

 地びき網に参加する際の服装はTシャツ、ジーパンと動きやすいラフな普段着で準備は万端。綱を力いっぱい引っ張るので軍手もあれば完璧だ。海中に弧を描くように張り巡らされた網に繋がる2本の綱をみんなでゆっくりと手前に引いていく。引っ張り終えると、また前の綱を引っ張りに行くという単純作業の繰り返しだが、簡単だからこそすぐに要領が分かるので面白い。共同作業なので片方の綱だけ勢いよく引き上げるのではなく、バランス良く両方の綱を引っ張るのが手早く進めるコツ。徐々に網が海から海岸に寄せられ、網の上でピチピチと飛び跳ねる魚が見えてくると「あと少しだ、みんなで頑張ろう!」というかけ声も。ゴールに向けてボルテージも最高潮に高まっていく。

 すべての網を海岸にあげることができたら、ようやく魚とのご対面。小魚から中には直径50cmを超える巨大なエイが網にかかっていたりすることも! 獲れた魚はバケツに入れて自由に触ることができるので、普段スーパーではお目にできない活き活きした魚との触れ合いにみんな大興奮だ。
上宮田漁業協同組合