日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
上野を散歩するならさんぽす

究極の癒しだ!イヤーエステ初体験

耳からウロコのビックリ新感覚
イヤーエステを初体験

イヤーエステに行った。耳のエステだ。行く前、どうせ耳かきでしょう、とあまり期待はなかった。焼きトンが好物の男がエステ? と鼻で笑った。

大間違いだった。イヤーエステは触覚に対する哲学的転回である。いやホントに。

イヤーエステを行っている総合ビューティサロン『レスプランディール』は、地下1階・地上3.5階、エステの中でも都内屈指の大型店である。地下に女性用のエステ、1階にヘア・ネイル・メイク、2階にメンズ専用の理容・エステ、3階+ロフトがVIPルームであり、ここではカップルでトータルケアを体験できる。まさにトータルビューティーだ。

こういった、女性の城のような建物に入るのは初めてで、スーパーで売り場を迷い、女性の下着コーナーに紛れ込んだような気恥ずかしさを覚えた。自分は40歳になるが、ますます世界はワンダフルである。

VIPルームに案内された。エレベーターを降り、白く統一された清潔な室内に戸惑った。高級だ。コロニアム風だ。広いベランダに緑が溢れている。中央にベッドが2つ用意されていた。
イヤーエステ・レスプランディール
上野を散歩するならさんぽす

現代風!? 葬儀・墓参アラカルト
唯一無二のウェディング「最高の結婚式」
愛車のお手入れ
JACOB JENSEN(ヤコブ・イェンセン)
格付けって何?あなたの会社が評価される
男だからこそ、家庭菜園を楽しもう!
生きたイカでつまみ作りに挑戦
おしゃれな照明効果でモテモテに!?
デザイナーズチェアを手に入れよう!
田舎暮らし
六本木ヒルズグルメランキング・フレンチ
デートにモノレールを使ってみる
オーガニックで行こう!
知っているようで知らない確定申告
一杯1500円のうどんを食べてみた
悪化する治安から身を守れ!防犯対策
イヤーエステ・レスプランディール

究極の癒しの誕生
耳かきとは別次元のイヤーエステ

VIPルームは、結婚記念日などの時に夫婦やカップルで予約する人が多い。7時間以上のワンデイコースは10万円〜税別と高額。イヤーエステの予約は1ヶ月先までいっぱいだそうだ。エステは一般的にハーブテントからスタートする。

「ハーブテントは、テントの中で11種類の有機ハーブを下から蒸し、ミスト状にした中に座っていただきます。血行が大変に良くなります。その後、フェイシャルとボディのトリートメント、爪のお手入れやネイルアート、ヘアメイク、パーマですね。当日、エステを重点的にされたいですとか、ヘアのメニューを中心にされたい等のご要望をカウンセリングの際にお伺いいたします。」(広報担当 日下部 洋子)

どんなエステを選ぶのかは人それぞれだが、人気はイヤーエステ(レディース/メンズエステでも提供。70分・税別8,400円〜)。レスプランディール代表の高橋光先生が生み出した、オリジナルのエステだ。

理容師から美容師、エステシャンと美の世界を歩いてきた高橋先生は、男性の理容の中にまだ手付かずの分野を発見していた。

「理容は癒しの貯蔵庫なんですね。中でも耳かきです。耳は最高の癒しだと思います。私は誰よりも癒してあげたいという気持ちが強いんです。究極の気持ち良いサービスをしてあげたいんです」

そうして生まれたイヤーエステである。ただの耳かきであるわけがない。まずはゲルマニウム配合の専用ジェルで耳とその周りのマッサージ、次に耳かきや産毛剃り、ツボ刺激など片耳20分間、約13工程のエステを行う。最後に火照った耳の神経を鎮めるために少し強めのマッサージを行い、フィニッシュ。70分間、ただひたすら耳のために尽くしてくれる。
蜂蜜酒にバラの酒 これからの酒は“甘い”
サバイバル・シミュレーションのススメ
文豪の愛した食事
ロボットで遊ぼう 〜ホビーロボット〜
サッカーチームを持とう
木のお風呂道具で、湯〜たり度アップ!
ワンランク上のボウリングをしよう
香水でセクシーな男を演出
シュヴァルの理想宮って知ってますか?
腐った日本を救え! 国会議員への道
暮らしを彩る魅惑の輝き バカラグラス
伊豆・河津温泉「抹茶風呂の宿つりばし荘」
ノスタルジックな味わい〜ハンガリー料理
徹底分析〜「温泉たまご」とは何だ!
五・七・五は魂のリズム!
雨が楽しい!そんな「傘」が欲しい!

耳が生まれ変わる
フッカフカの耳に感動

言われるままにベッドに横になる。見上げると天井で大きなファンが回っていた。とても静かだ。まずは耳のマッサージから。高橋先生自らにやっていただく。

「耳を揉んであげることによって、脳も活性化するんですよ」

暖かいジェルを耳を塗り、くにょくにょと耳を揉むようにマッサージ。くにょくにょくにゃくにゃ。……ちょ、ちょっとすいません、ちょっとすいません、ブワハハハハッ! くすぐったい、くすぐったい!

高橋先生に呆れられた。

「10人に1人いるかいないかですけども、くすぐったがる方がいらっしゃいますね。特に私、女性ですのでね、柔らかい手で撫でられると、最初はドッキリしていると思いますね。柔らかいものを嫌がるというのは、何か辛い思い出があるのかしら」

そんな思い出はないです。

耳から首筋、肩へとマッサージが続く。

「気持ちが緊張していますとね、耳の穴も緊張しているんですね。収縮していますね。閉鎖的な方というのは、耳の穴を見た瞬間にわかります」

マッサージが終わった後、耳を触ってみてくださいといわれた。触ってみた。なんだ、これは。耳がマシュマロみたいにフカフカになっている。

「生まれたてみたいでしょう。耳を大切に丁寧に扱うとこうなるんですね」
イヤーエステ・レスプランディール