日刊 勝ち組スポーツ・勝ちスポ!
お散歩するならさんぽす

科学的自己分析入門

あなたのタスク・パフォーマンスは?
仕事に必要な基礎能力の測定

 どのような業務の場においても、特殊な技能や専門知識以前に、一定期間にやるべき仕事・作業をいかに処理できるかという「タスク・パフォーマンス(働きぶり)」が非常に重要な要素となってきます。実際、採用時にこの点を重視する企業・団体も数多く、タスク・パフォーマンスのテストは入社試験における定番事項にもなっています。

 日本・精神技術研究所が提供する「内田クレペリン検査」は、過去50年間で約5,000万人の人が受験し、官公庁などでも多数採用されている、実績のあるタスク・パフォーマンスの測定テストです。内容は、簡単な一桁の足し算をひたすら連続して行い、時間あたりの出来高を計測するという単純なもの。しかし、それだけに集中力の持続具合などが、かなり明確に客観的なデータとなって表されてしまうのです。

 仕事に必要な基礎能力を測るテストには、他に成人の一般知能を計測する「NR式知能検査」などがあり、これらを組み合わせてテストするのが一番効果的と言われます。エゴグラムやEQなどの性格テストと併せて、こうした基礎能力の測定も、自己分析には大きな参考となるでしょう。

問い合わせ先:株式会社 日本・精神技術研究所
お散歩するならさんぽす

楽しみながら手軽に自己分析
各種性格診断Webサイト

 それでは最後に、Web上で手軽に無料の各種性格診断ができるサイトをいくつかご紹介しましょう。

 ECU総合研究所が提供する「心のみちしるべ」というサイトでは、自分の知能年齢、変化対応年齢、コミュニケーション年齢、自我年齢といった項目を計測する事のできる「新EQテスト」を体験する事ができます。前述したEQとは多少ことなるものですが、各要素が年齢という形で返って来るので、実年齢との合致具合からわかり易く自分を分析する事が可能です。同サイトでは他にも「人生開発年齢」「仕事年齢」「家庭年齢」といった個性的なテストが提供されているので、家族や友人と一緒に楽しみながら行うのも良いでしょう。

 次は、株式会社キーエンス提供の就職活動ナビにある「自己分析ナビゲーション」です。職場でよく遭遇する状況への対処の中で、自分が最も共感できるものを五択から選択する方式で、それぞれが志向しているタイプを判別してくれます。就職活動中の人のみならず、現役の社会人もかなり楽しむ事ができます。

 一番近くにいながら、実はなかなか見えない自分自身の姿。これを機に、楽しみながら一度じっくりと向き合ってみましょう